各ネット証券の特徴、手数料とサービスの内容

ネット証券は売買する商品が「株」や「投資信託」など、基本的にはどこで取引しても同じものになるので、ネット証券選びにおいて手数料がどれだけ安いかがまず重要になります。

しかし、その中でもどのような取扱い商品・サービスがあるか、サービスの使い勝手は良いかなどで各ネット証券には様々な特徴があります。

各ネット証券の手数料やサービスの特徴をまとめていますので、特定の証券会社の特定のサービスの内容を知りたい人はぜひ参考にしていただければと思います。

SBI証券のサービスの特徴


楽天証券のサービスの特徴


マネックス証券のサービスの特徴


カブドットコム証券のサービスの特徴


松井証券のサービスの特徴


GMOクリック証券のサービスの特徴


その他の証券会社のサービスの特徴



ネット証券選びにおいて手数料は最も重要ではありますが、手数料だけで選んでしまうと、後々取引したい商品がなかったり、サービスの使い勝手が悪かったりと後悔することになります。

ネット証券は同じように見えても提供しているサービスには大きな違いがあり、各社特徴があります。各社の特徴を理解した上で自分にあったネット証券を選ぶことで、真の投資パートナーを見つけることができます。

すべてのネット証券で株を取引することはできますが、投資信託や債券などの基本的な商品でさえも取引できない証券会社があります。

株取引をしていると、「債券で少しリスクを落として運用したい」だったり「投信で株では投資できない投資対象に投資してみたい」など様々な要望が出てくることになります。

その時にまた証券会社を探して口座開設をして取引するでも問題はないのですが、手間になりますので、一度口座開設をする時に自分にあった証券会社を選んでおくことが重要です。

商品やサービスのラインナップのほかにも細かなサービスの癖はどうしてもありますので、各証券会社の各サービス単位でなるべく詳細に紹介していますので、ぜひ参考にしていただいて自分にぴったりの証券会社を見つけていただければと思います。


当サイトのおすすめネット証券

SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。
手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

当サイトでももちろんイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。
koushiki2

カブドットコム証券は投資成績重視の証券会社。手数料は他のネット証券より割高ですが、自動売買を駆使したきめ細かいリスク管理が可能になるので、結果的に投資成績を向上させます。

リスク管理機能に手数料以上の価値を見いだすかは人それぞれですが、高機能ツールも提供しており、口座開設は無料なので、まずは口座開設しておくのが良いと思います。
koushiki2

松井証券は大正7年創業のネット証券の草分け的存在です。
株取引に特化した証券会社で、投資信託の取り扱いはありませんが、1日信用取引やプレミアム空売りなどの株取引をする人への魅力的なサービスの提供に力を入れています。

デイトレーダー向けの手数料の割引が多くあり、デイトレードをしたい方に特におすすめの証券会社です。
koushiki2


サブコンテンツ

このページの先頭へ