「SBI証券」の記事一覧

SBI証券の外貨入出金サービス、外貨即時入金の特徴とメリット

一般信用売り 確認方法

ネット証券の中でもSBI証券は外貨取引に適したサービスを展開している証券会社です。 外貨入出金サービスを利用するには住信SBIネット銀行口座が必要ですが、ネットバンキングならではの安い手数料で外貨取引ができます。 SBI・・・

転勤などで国内非居住者になった場合のSBI証券での手続き方法

SBI証券を始めとした日本国内の証券会社は、日本の証券業法などの法令を準拠しています。そのため、もし国内の証券会社を保有しているかたが転勤などの理由で国内非居住者になった場合、なんらかの手続きが必要になる場合があります。・・・

SBI証券の大口優遇の内容と適用条件

楽天証券 ポイント

SBI証券で高額取引を行うかたは、大口優遇金利や手数料を利用できます。 SBI証券の大口優遇サービスは信用取引に限るため、信用取引口座を開設しているかたが対象です。 ここではSBI証券の大口優遇サービスの内容や、他社との・・・

SBI証券の贈与の手続き方法、注意点

異名義の口座への移管は通常できませんが、贈与を行う場合に限り可能です。 SBI証券でも通常の移管入出庫だけでなく贈与のための移管を受け付けています。 贈与を行いたい場合は通常の移管手続きとは異なる方法で移管を行うため、ま・・・

SBI証券で発生した逆日歩を確認する方法

証券会社で制度信用取引を行った場合、株不足により逆日歩が発生するケースがあります。 信用売りの場合は逆日歩を支払う必要があるため、別途コストがかかります。 逆日歩は株が足りている時には発生しません。いつ発生するか分からな・・・

SBI証券で電話注文をする方法、手数料、メリット

証券を電話注文で買うのは手数料が高いことを理由に、敬遠するかたが多いですが、SBI証券の電話注文は他の証券会社に比べて手数料が安く、複数のコースから選べます。 この記事では、SBI証券で日本株を電話注文する3通りのコース・・・

SBI証券で現引き、現渡し取引をする方法、活用方法

一般信用売り 確認方法

SBI証券で信用取引を行っているかたは、いずれ必ず返済する必要があります。返済の方法には反対売買と現引き、現渡し取引がありますが、手数料を節約したいかたにおすすめの方法が、現引き、現渡し取引です。 この記事では、SBI証・・・

SBI証券が使いにくいと言われる理由と使いにくいと感じる人へのおすすめ

ネット証券で最大手のSBI証券は、手数料の安さなどの利用により、市場シェア率40%近くをほこる反面、「使いにくい」というユーザーからの評価もあります。 この記事では、SBI証券が使いにくいと言われる理由やポイントと、SB・・・

SBI証券で売却した株を現金化するまでに必要な日数

SBI証券で国内株式、海外株式、投資信託を売却後現金化するまでには、一定の手続きが必要です。 出金まで時間もかかるため、早めに現金化したい場合は下準備も大切です。 ここでは投資商品ごとに売却後に現金化するまでの方法や日数・・・

SBI証券で残高証明は発行してもらえる?手続きの流れ、発行にかかる期間、手数料

DMM FX 特徴

SBI証券で特定の残高証明を発行したい場合、カスタマーサービスセンターで対応が可能です。 ここではSBI証券で発行できる証明書や発行にかかる期間、手数料を紹介します。 SBI証券で残高証明は発行してもらえる?手続きの流れ・・・

1 / 1312345...10...最後 »
サブコンテンツ

このページの先頭へ