ミズホメディー(4595)のIPO情報、公募価格、初値予想、仮条件

最終更新日: 2016年6月10日

2015年12月17日に上場するミズホメディーのIPO情報をまとめて紹介しています。

ミズホメディーは感染症迅速診断システムや体外診断用の医薬品の製造開発・販売を行っている企業です。

設立が1977年となっており、創業40年近い老舗企業で医薬品販売という業種的にもIPOでの人気化はしづらいですが、IPO規模が小さいので初値は上がる可能性は結構高いのではないかと思われ、注目している人は内容をチェックしておきましょう。

仮条件や公募価格、初値予想なども随時掲載していきますので、ぜひ参考にしていただければと思います。それでは見ていきましょう。

ミズホメディーのIPO基本情報

ミズホメディーのIPOの基本情報は以下の通りです。

■ミズホメディーのIPO基本情報

項目 内容
企業名 ミズホメディー
銘柄コード 4595
市場 ジャスダック
主幹事 三菱UFJMS証券
幹事証券会社 岡三証券
大和証券
西日本TT証券
マネックス証券など
上場日 12/17
ブックビル期間 11/30-12/4
申込株数単位 100株
仮条件決定日 11/26
仮条件 980円-1,100円
公募価格 1,100円
初値 2,822円
騰落率 +156.5%

ミズホメディーは三菱UFJMS証券が主幹事の銘柄で、幹事団には岡三証券、大和証券、マネックス証券などが入っています。

三菱UFJMS証券が主幹事ということで同じグループ企業のカブドットコム証券でも委託販売でIPOの抽選を行います。

ネット証券系で狙っている投資家はマネックス証券カブドットコム証券、大和証券などで狙っていきましょう。

カブドットコム証券マネックス証券は1顧客あたり1抽選権となっており、完全に公平な抽選が行われます。

資金が少ない投資家にとっても平等にチャンスがある証券会社ですので、資金量にあまり自信がない投資家はマネックス証券カブドットコム証券から申し込みをするようにしましょう。

  • カブドットコム証券の口座開設(無料)
  • マネックス証券の口座開設(無料)

  • <12/17追記>
    ミズホメディーの初値は2,822円となりました。騰落率は+156.5%となり、予想を超えた当たり銘柄となりましたね。IPOの規模が小さい銘柄は爆発力があるので積極的に狙っていきたいです。

    当選された方おめでとうございます。


    ミズホメディーの直近業績

    ■ミズホメディーの直近業績(単位:百万円)

    2015.12(予想) 2014.12(実績) 2013.12(実績)
    売上高 4,105 3,986 3,248
    営業利益 320 465 199
    経常利益 310 459 194
    純利益 204 317 139

    ミズホメディーの業績は堅調に推移しており、2015年12月予想の業績は増収減益となっていますが、営業キャッシュフローが潤沢でジャスダック上場のIPO銘柄としては安定感があると言ってよいでしょう。

    2015年12月期の予想業績ベースでEPSは87円、予想PERは約12.5倍です。

    類似企業の医薬品販売企業のPERは10倍から25倍となっていますので、株価水準としては適切で相場状況によっては公募価格から数十%くらいの値上がりはありそうです。


    ミズホメディーの注目度と初値予想、騰落率、収益

    ■ミズホメディーの注目度と初値予想

    項目 内容
    注目度 C
    想定仮条件 980円
    予想初値 1,300円-1,400円
    想定IPO収益 20,000円-30,000円

    ミズホメディーは体外受診用の医薬品の製造開発販売企業です。

    創業年数も長く事業内容的にも急成長するものではありません。ジャスダック上場ということもありネットでの注目度も高くなく当サイト評価はC(見送り)としました。

    マネックス証券とカブコムで配分があるので、IPOの抽選には参加しつつ当選できても市場の状況を見て参加を判断するというスタンスです。

    想定の公募価格のPERは高くないので、初値は2割から3割上昇の1,300円から1,400円と予想しました。

    1単元は100株ですので、予想初値であればもしIPOが当選すると公募価格(1,100円)から見ると20,000円から30,000円くらいの収益が期待されます。相場によっては公募割れの可能性もありますので見極めは慎重に行う必要がありますね。


    IPOチャレンジポイントの当選ラインと使うべきか

    ミズホメディーはSBI証券が幹事に入っていないのでIPOチャレンジポイントを使うことも貯めることもできません。

    カブコム、マネックス証券、大和で抽選に参加して、純粋にミズホメディーへのIPO投資で収益が見込めるかどうかでIPOへの参加を考えると良いですね。

  • 2015年のIPO一覧

  • 当サイトのおすすめネット証券

    SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。
    手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

    当サイトでももちろんイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。
    koushiki2

    マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

    株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

    また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。
    koushiki2

    カブドットコム証券は投資成績重視の証券会社。自動売買を駆使したきめ細かいリスク管理が可能になるので、結果的に最終的な投資成績を向上させます。

    手数料は現物で最低90円からと安くなり、高機能ツールも提供しています。

    人気の優待タダ取りに必須の短期一般信用銘柄が豊富で、優待投資派の人にもおすすめの証券会社です。
    koushiki2

    楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

    口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

    高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。
    koushiki2



    注目の新サービス

    WealthNavi(ウェルスナビ)

    最近話題の「ロボアドバイザー」は、AIが投資判断をして運用をしてくれるサービスです。

    中でもウェルスナビが人気で、ロボアドバイザーで預かり資産とユーザー数No1になっています。

    ETFで国際分散投資を実施し、再投資リバランスを自動で行うだけでなく、税金も最適化して運用してくれます。

    預かり資産にかかる手数料は0.5%から1%となっていて、「長期割」という運用継続期間に応じた割引もあります。

    手間を省いて資産運用をしたい人におすすめのサービスで、まずは少額からでも運用結果を見てみましょう。

    ウェルスナビで運用プラン診断してみる(無料)



    サブコンテンツ

    このページの先頭へ