2015年のIPO銘柄の初値騰落率や公募価格、上場日一覧

最終更新日: 2015年12月28日

2015年のIPO銘柄の上場日、騰落率などをまとめています。

2015年は株価が回復しつつも、テロや中国を発端とした金融不安などもあって株価が増減している年です。IPO銘柄数は多いですが、相場状況はチェックしてリスクを減らす必要があります。

2015年のIPO銘柄の初値騰落率や公募価格、上場日一覧

銘柄 上場日 注目度 公募価格 初値 騰落率
一蔵 12/25 B 1,210 1,236 +2.1%
グラフィコ 12/25
ソーシャルワイヤー 12/24 B 1,600 2,511 +56.9%
ケイアイスター不動産 12/24 B 1,200 1,282 +6.8%
ソネット・メディア・ネットワークス 12/22 A 2,300 5,500 +139.1%
プロパティエージェント 12/22 B 1,400 3,010 +115.0%
マイネット 12/21 B 1,680 2,005 +19.3%
ビジョン 12/21 A 2,000 2,213 +10.6%
フリュー 12/18 B 3,200 3,220 +0.6%
アークン 12/18 B 1,360 4,925 +262.1%
アートグリーン 12/18 C 420 614 +46.1%
オープンドア 12/17 A 3,820 4,710 +23.3%
ミズホメディー 12/17 C 1,100 2,822 +156.5%
ツバキ・ナカシマ 12/16 A 1,550 1,620 +4.52%
ダブルスタンダード 12/15 A 2,190 5,010 +128.7%
ランドコンピュータ 12/11 C 1,760 3,580円 +103.4%
ラクス 12/9 B 1,080 3,550 +228.7%
鎌倉新書 12/4 C 1,000 2,806 +180.6%
インベスターズクラウド 12/3 B 1,870 3,615 +93.3% 
いちごホテルリート投資法人 11/30 C 106,000 104,100 -1.8% 
ネオジャパン 11/27 B 2,900 14,550 +401.7% 
ベルシステム24ホールディングス 11/20 A 1,555 1,478 -5.0% 
ロゼッタ 11/19 B 695 3,705 +433.1% 
あんしん保証 11/19 B 1,460 5,730 +292.5% 
日本郵政 11/4 S 1,400 1,631 +16.5% 
かんぽ生命保険 11/4 S 2,200 2,929 +33.1% 
ゆうちょ銀行 11/4 S 1,450 1,680 +15.9% 
バルニバービ 10/28 B 2,500 5,750 +130.0% 
パートナーエージェント 10/27 B 1,260 4,000 +217.5% 
GMOメディア 10/23 B 2,740 5,510 +101.1% 
グリーンペプタイド 10/22 B 450 414 -8.0% 
AppBank 10/15 A 1,200 1,750 +45.8% 
ブランジスタ 9/17 B 450 647 +43.8% 
ネットマーケティング 9/16
アイビーシー 9/15 B 2,920 10,250 +251.0% 
ピクスタ 9/14 B 1,870 2,521 +34.8% 
JESCOホールディングス 9/8 C 540 569 +5.4% 
ベステラ 9/2 B 2,500 3,125 +25.0% 
STUDIOUS 9/2 B 2,870 3,440 +19.9% 
アクアライン 8/31 C 1,250 1,521 +21.7% 
メタップス 8/28 A 3,300 3,040 -7.9% 
ラクト・ジャパン 8/28 B 1,400 1,400 0.0% 
土木管理総合試験所 8/26 C 1,250 1,220 -2.4% 
パルマ 8/11 C 1,350 2,302 +70.5% 
リッチメディア 8/10 2,430
エスケーホーム 8/5 C 800 910 +13.8% 
PCIホールディングス 8/4 B 2,530 6,820 +169.6% 
イトクロ 7/30 A 1,930 2,010 +4.1% 
デクセリアルズ 7/29 A 1,600 1,550 -3.1% 
ジャパン・シニアリビング投資法人 7/29 B 190,000 170,000 -10.5% 
アイリッジ 7/16 B 1,200 6,350 +429.2% 
平山 7/10 B 2,130 2,758 +29.5% 
クレステック 7/8 B 960 1,751 +82.4% 
富士山マガジンサービス 7/7 B 2,650 6,000 +126.4% 
サムティ・レジデンシャル投資法人 6/30 B 102,000 99,000 -2.9% 
ナガオカ 6/29 C 1,600 2,250 +40.6% 
ファンデリー 6/25 B 765 1,546 +102.1% 
メニコン 6/25 A 1,700 2,950 +73.5% 
冨士ダイス 6/25 B 530 800 +50.9% 
中村超硬 6/24 B 1,700 1,901 +11.8% 
エコノス 6/24 C 600 1,320 +120.0% 
デジタル・インフォメーション・テクノロジー 6/18 C 1,300 4,500 +246.2% 
マーケットエンタープライズ 6/17 B 1,500 4,005 +167.0% 
ヘリオス 6/16 A 1,200 1,470 +22.5% 
スマートバリュー 6/16 C 1,580 7,030 +344.9% 
テラスカイ 4/30 B 1,700 7,650 +350.0% 
デザインワン・ジャパン 4/30 B 2,750 4,150 +50.9% 
リンクバル 4/28 B 2,400 3,070 +27.9% 
Gunosy 4/28 A 1,520 1,520 0.0% 
ジグソー 4/28 A 2,390 8,040 +236.4% 
三機サービス 4/24 C 1,540 2,112 +37.1% 
レントラックス 4/24 B 1,750 2,680 +53.1% 
日本スキー場開発 4/22 B 3,570 3,925 +9.9% 
シーアールイー 4/21 B 3,620 3,355 -7.3% 
Hamee 4/20 B 2,530 4,230 +67.2% 
海帆 4/17 C 1,020 1,800 +76.5% 
サンバイオ 4/8 A 2,000 1,710 -14.5% 
sMedio 3/27 A 2,520 4,000 +58.7% 
モバイルファクトリー 3/26 B 1,410 2,812 +99.4% 
プラッツ 3/26 C 3260 5550 +70.2% 
日本動物高度医療センター 3/26 A 1,130 1,630 +44.2% 
Aiming 3/25 A 920 1,032 +12.2% 
ハウスドゥ 3/25 B 3,600 5,300 +47.2% 
シンデン・ハイテックス 3/25 C 2,740 3,075 +12.2% 
RSTechnologies 3/24 B 2,750 2,100 -23.6% 
イード 3/24 A 1400 2050 +46.4% 
ファーストコーポレーション 3/24 C 1,600 2,000 +25.0% 
ショーケース・ティービー 3/19 B 1,800 5,290 +193.9% 
ヒューマンウェブ 3/19 B 1,800 2,010 +11.7% 
エスエルディー 3/19 B 1,650 1,903 +15.3% 
ヘルスケア&メディカル投資法人 3/19 B 110,000 170,000 +54.5% 
コラボス 3/17 C 3,620 8,600 +137.6% 
エムケイシステム 3/17 C 3,500 15,120 +332.0% 
シリコンスタジオ 2/23 A 4,900 9,900 +102.0% 
ホクリヨウ 2/20 C 460 501 +8.9% 
ALBERT 2/19 A 2,800 6,040 +115.7% 
ファーストブラザーズ 2/18 A 2,040 2,090 +2.5% 
ファーストロジック 2/18 A 1,770 2,700 +52.5% 
KeePer技研 2/12 A 2,120 3,160 +49.1% 
ケネディクス商業リート投資法人 2/10 B 230,000 260,500 +13.3% 


2015年のIPO銘柄の情報


当サイトのおすすめネット証券

SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。
手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

当サイトでももちろんイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。
koushiki2

マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。
koushiki2

カブドットコム証券は投資成績重視の証券会社。自動売買を駆使したきめ細かいリスク管理が可能になるので、結果的に最終的な投資成績を向上させます。

手数料は現物で最低90円からと安くなり、高機能ツールも提供しています。

人気の優待タダ取りに必須の短期一般信用銘柄が豊富で、優待投資派の人にもおすすめの証券会社です。
koushiki2

楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。
koushiki2



注目の新サービス

WealthNavi(ウェルスナビ)

最近話題の「ロボアドバイザー」は、AIが投資判断をして運用をしてくれるサービスです。

中でもウェルスナビが人気で、ロボアドバイザーで預かり資産とユーザー数No1になっています。

ETFで国際分散投資を実施し、再投資リバランスを自動で行うだけでなく、税金も最適化して運用してくれます。

預かり資産にかかる手数料は0.5%から1%となっていて、「長期割」という運用継続期間に応じた割引もあります。

手間を省いて資産運用をしたい人におすすめのサービスで、まずは少額からでも運用結果を見てみましょう。

ウェルスナビで運用プラン診断してみる(無料)



サブコンテンツ

このページの先頭へ