2016年のIPO銘柄の初値騰落率や公募価格、上場日一覧

最終更新日: 2016年6月10日

2016年のIPO銘柄の上場日、騰落率などをまとめています。

いよいよ2016年もIPOの承認が出始め、IPO投資家にとってはスタートという感じですね。

相場全体は年始から原油安、中国の不安、北朝鮮の水爆実験と下げ要素満載ではじまった2016年ですが、年末に向けてどのような相場になっていくのでしょうか。

IPO銘柄の上場日、業績、幹事団、仮条件、公募価格、初値予想などを掲載していきますので、参考にしていただければと思います。

2016年のIPO銘柄の初値騰落率や公募価格、上場日一覧

銘柄 上場日 注目度 公募価格 初値 騰落率
セラク 7/1
コメダホールディングス 6/29
ソラスト 6/29
VEGA 6/28 B
キャリア 6/27 B
バチャレクス 6/23 B
ジェイリース 6/22 B
AWSHD 6/21 B 2,490
ストライク 6/21 B
やまみ 6/17 B 1,690
農総研 6/16 B 1,050
アトラエ 6/15 B 5,400
ホープ 6/15 B 1,400
Jミート 4/21 B 1,010 1,040 2.97
グロバルウェ 4/19 B 2,960 14,000 372.97
エディア 4/15 B 1,630 3,165 94.17
丸八HD 4/8 B 680 757 11.32
HyAS&C 4/5 B 950 2,750 189.47
PRタイムズ 3/31 B 1,340 2,130 58.96
エボラブルA 3/31 B 1,800 2,670 48.33
ウイルプラス 3/24 B 1,880 1,729 -8.03
ベネフィJ 3/24 B 1,980 3,310 67.17
チエル 3/22 B 810 2,151 165.56
アグレ都市d 3/18 C 1,730 3,505 102.6
グローバルG 3/18 A 2,000 3,200 60
フェニクスB 3/18 B 2,400 2,350 -2.08
イワキポンプ 3/18 B 2,000 2,050 2.5
ヒロセ通商 3/18 B 830 830 ±00.00
アイドマMC 3/18 B 1,440 1,230 -14.58
アカツキ 3/17 A 1,930 1,775 -8.03
昭栄薬品 3/16 C 1,350 2,001 48.22
富士ソSB 3/15 C 890 1010 13.48
UMCエレ 3/15 B 3,000 2480 -17.33
富山第一銀 3/15 B 470 500 6.38
りたりこ 3/14 A 1,000 1880 88
フィット 3/11 B 1,890 1741 -7.88
ブラス 3/9 B 4,370 4650 6.41
ヨシムラHD 3/4 C 880 1320 50
中本パックス 3/3 B 1,470 1480 0.68
バリュゴルフ 3/2 B 1,280 3215 151.17
はてな 2/24 A 800 3025 278.12

当サイトのおすすめネット証券

SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。
手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

当サイトでももちろんイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。
koushiki2

マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。
koushiki2

カブドットコム証券は投資成績重視の証券会社。自動売買を駆使したきめ細かいリスク管理が可能になるので、結果的に最終的な投資成績を向上させます。

手数料は現物で最低90円からと安くなり、高機能ツールも提供しています。

人気の優待タダ取りに必須の短期一般信用銘柄が豊富で、優待投資派の人にもおすすめの証券会社です。
koushiki2

楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。
koushiki2



注目の新サービス

WealthNavi(ウェルスナビ)

最近話題の「ロボアドバイザー」は、AIが投資判断をして運用をしてくれるサービスです。

中でもウェルスナビが人気で、ロボアドバイザーで預かり資産とユーザー数No1になっています。

ETFで国際分散投資を実施し、再投資リバランスを自動で行うだけでなく、税金も最適化して運用してくれます。

預かり資産にかかる手数料は0.5%から1%となっていて、「長期割」という運用継続期間に応じた割引もあります。

手間を省いて資産運用をしたい人におすすめのサービスで、まずは少額からでも運用結果を見てみましょう。

ウェルスナビで運用プラン診断してみる(無料)



サブコンテンツ

このページの先頭へ