【割安かの判断1】まずは時価総額で企業全体の今の価格をチェック

ここまで企業の価値を測る指標として成長性、安全性、収益性、効率性を見てきました。

ただこれらの数値を分析しただけでは株式投資で勝利することはできません。

なぜでしょうか?

それは今の株価が高すぎるかもしれないからです。

成長しそうで、収益的にも高い企業があったとして、その株を買えるでしょうか?その企業に100億円の価値があるとわかったらその株を買えるでしょうか?いずれも買えないと思います。

評価した結果、適正な価格を自分なりに算出してその時の株価が適正価格よりも安いとなった時に初めて投資の機会が生まれます。

なので評価した結果と現在の価格を比較して割安かどうかの判断をしないといけません。

今まで私たちが見てきた評価は会社全体の評価を見てきましたね。一方で株価は一株あたりの価格が出ているため、比較をするためにまずは今の株価だと会社全体がいくらと評価されているかを見る必要があります。これが時価総額です。

時価総額の算出は以下の通りです。

■時価総額の計算式
時価総額=株価×発行済み株式数

企業の価値は株式数の総和ですので、発行済みの株式の数分1株の値段である株価をかけてあげれば現時点の企業の値段が出ます。

時価総額だけをみて投資判断をすることは難しいですが、割安性を測る指標の計算のもととしてよく使用されますので、直接的に比較をするかは別の話として概念として覚えておきましょう。


まとめ

割安かどうかの判断をするための時価総額について説明しました。これから最終的に投資判断をするまでの割安かどうかの判断するための手法、指標について紹介していきます。

ここからがファンダメンタルズ分析の難しいところですが、きちんと分析をすることで仮に一度失敗したとしても必ず投資の精度はあがっていくものですので頑張りましょう。



当サイトのおすすめネット証券

SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。
手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

当サイトでももちろんイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。
koushiki2

マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。
koushiki2

楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。
koushiki2


注目の新サービス

J.Score(スコアレンディング)

AIがスコアを自動診断してくれて、適切な金利目処値や限度額予定をすぐに教えてくれる新しい個人向けの融資サービス。

即日審査即日融資も可能なので、急ぎの人でも安心です。

AIスコア診断をしてみる(無料)




当サイトのおすすめFX会社

DMM FXは、全20通貨ペアで業界最狭のスプレッドが魅力のFX会社で、取引コスト重視派の人には間違いなくおすすめです。
高水準のスワップポイント、使いやすいツール、充実したサポートも魅力で、サービスの総合力が高く、FXを始めるならまずDMM FXです。
限定で口座開設と取引で4,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーン実施中です。 koushiki2

サブコンテンツ

このページの先頭へ