【割安かの判断2】EPSで1株あたりの利益額をチェック

割安かどうかの判断をする上で1株あたりの利益額もチェックします。

この指標はEPS(Earnings Per Share)と呼ばれ、株式投資の投資判断をする上で非常に重要な指標となります。

1株あたりの利益がどれくらいかがわかると1株を買った時に得られるであろう1年間のリターンがわかるので、投資額に対するリターンが明確になるので投資判断がしやすくなりますね。

EPSの計算式は以下の通りです。

■EPSの計算式
EPS=当期純利益÷発行済み株式数

財務諸表を見ていると利益額などに目が行きがちですが、100億円の利益を上げている企業があっても株式数が1億株だと1株あたりの利益は100円になりますね。一方で1億円の利益でも株数が100株であれば1株当たりの利益は1万円になります。

投資家としては当然1株あたりの利益を見ないと投資判断を誤りますのでEPSは必ず見るようにしましょう。

1株あたりの利益は、1株に投資した場合に1年間でえられるであろう利益となりますのでシンプルで信頼性の高い指標の一つであるといえます。

なお、EPSは当期純利益を計算に使っているため、特別利益や特別損失などの影響を受けやすいという特徴もあります。そのため大きく前年とぶれる可能性もあるので、必ず何年分かのデータと比較してチェックする必要があります。

また計算に使用される当期純利益は多くはその年の予想利益で、時に前年度の当期純利益が利用されます。どちらの場合でも今期の純利益額とは異なりますので、その点についても注意が必要です。

EPSをもとにして企業の株価が割安かどうかを判断する有名な指標のPERも算出されています。

PERの投資の活かし方については次回の記事で紹介したいと思います。



当サイトのおすすめネット証券

SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。
手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

当サイトでももちろんイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。
koushiki2

マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。
koushiki2

楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。
koushiki2


注目の新サービス

J.Score(スコアレンディング)

AIがスコアを自動診断してくれて、適切な金利目処値や限度額予定をすぐに教えてくれる新しい個人向けの融資サービス。

即日審査即日融資も可能なので、急ぎの人でも安心です。

AIスコア診断をしてみる(無料)




当サイトのおすすめFX会社

DMM FXは、全20通貨ペアで業界最狭のスプレッドが魅力のFX会社で、取引コスト重視派の人には間違いなくおすすめです。
高水準のスワップポイント、使いやすいツール、充実したサポートも魅力で、サービスの総合力が高く、FXを始めるならまずDMM FXです。
限定で口座開設と取引で4,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーン実施中です。 koushiki2

サブコンテンツ

このページの先頭へ