移動平均乖離率でトレンドとの差を確認

最終更新日: 2013年11月18日


移動平均乖離率とは

移動平均乖離率とは株価が移動平均株価からどれくらい離れているかを示すテクニカル指標です。

乖離率が大きいとトレンドである移動平均に戻るような値動きをすることに期待して投資をすることになります。

また乖離がある一定を超えるとトレンドが転換したことも確認することができます。

移動平均という身近な指標をさらに活用するためのテクニカル指標であるといえますね。

それではもう少し詳しく見ていきましょう。


移動平均乖離率を構成する線

実際にチャートに描画した画面イメージは以下になります。

移動平均乖離率の画面イメージ
WS000263

移動平均線の短期、中期、長期との乖離率をそれぞれ算出してラインを引いています。

各線の意味をまとめると以下の通りです。

移動平均乖離率を構成する線

名称 概要・活用方法 算出方法
移動平均乖離率(5日線) 短期移動平均株価との乖離率を表す移動平均乖離率

10%以上で売りサイン-10%で買いサインの目安となる。

(前日の終値-5日移動平均株価)÷5日移動平均株価×100
移動平均乖離率(25日線) 中期移動平均株価との乖離率を表す移動平均乖離率

10%以上で売りサイン-10%で買いサインの目安となる。

(前日の終値-25日移動平均株価)÷25日移動平均株価×100
移動平均乖離率(75日線) 長期移動平均株価との乖離率を表す移動平均乖離率

10%以上で売りサイン-10%で買いサインの目安となる。

(前日の終値-75日移動平均株価)÷75日移動平均株価×100

一般的には25日移動平均との乖離率を見ますが、トレンドの転換があった場合はいち早くそれを織り込む短期線との乖離率を見るのもおすすめです。

重要なのは転換点を見分けることで、その点ではどれも同じ効果がありますので好みで選んでもOKです。

それでは具体的な使い方について見ていきましょう。


移動平均乖離率の使い方

移動平均乖離率は移動平均をトレンドととらえ、大きくかい離した時は移動平均株価に戻るように株価が動くことを想定しています。

移動平均との乖離が大きくなると買われすぎ、売られすぎと判断して投資をすることになります。

一般的には乖離率が10%以上で売りサイン-10%で買いサインの目安となるといわれています。

シンプルなテクニカル指標で移動平均株価の分析のサポート的に使うのがよいと思います。

移動平均乖離率のみを見て売買するのではなく、他の指標と組み合わせて取引するとよいと思います。移動平均乖離率自身はオシレーター系の指標なのでトレンド系のボリンジャーバンドやMACDなどと組み合わせると予想の精度があがります。



当サイトのおすすめネット証券

SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。
手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

当サイトでももちろんイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。
koushiki2

マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。
koushiki2

楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。
koushiki2


注目の新サービス

J.Score(スコアレンディング)

AIがスコアを自動診断してくれて、適切な金利目処値や限度額予定をすぐに教えてくれる新しい個人向けの融資サービス。

即日審査即日融資も可能なので、急ぎの人でも安心です。

AIスコア診断をしてみる(無料)




当サイトのおすすめFX会社

DMM FXは、全20通貨ペアで業界最狭のスプレッドが魅力のFX会社で、取引コスト重視派の人には間違いなくおすすめです。
高水準のスワップポイント、使いやすいツール、充実したサポートも魅力で、サービスの総合力が高く、FXを始めるならまずDMM FXです。
限定で口座開設と取引で4,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーン実施中です。 koushiki2

サブコンテンツ

このページの先頭へ