MACDでトレンドと売買タイミング両方を押さえる

MACDは「Moving Average Convergence/Divergence」といい、訳すと移動平均収束・拡散という意味です。

何やら難しそうですが、移動平均から派生させたテクニカル指標という風に理解して使い方を覚えましょう。MACDも一般的に使用されるメジャーなテクニカル指標の一つです。

それでは早速MACDがどんな指標か見ていきましょう。


MACDとは

MACDは短期指数平滑平均株価と長期(中期)指数平滑平均株価の差をラインとして描画したものです。

指数平滑平均株価の詳細な計算式は省きますが、単純移動平均株価よりも直近の株価の影響を重くしているので、株価に対して先行性があり直近の未来の株価を予想するのに有効であるといわれています。

指数平滑平均株価の詳細な計算式はこちらをご覧ください。


MACDを構成する線

MACDはMACDの移動平均であるMACDシグナル、MACDとシグナルの差であるOSCIという指標の3つの指標を使用します。

MACDとMACDシグナルはラインを引き、OSCIはバーチャートを使用することが多いです。

実際にチャートに描画した画面イメージは以下になります。

MACDの画面イメージ
WS000258

各線の意味は以下の通りです。

MACDを構成する線

名称 概要・活用方法 算出方法
MACD 短期指数平滑平均と長期指数平滑平均株価の差で求めます。

直近の株価の動きを敏感にとらえ、トレンドと他の指標との関係で売買シグナルをみる指標

0以上の時は買いサイン0未満の時は売りサインとなります。

短期指数平滑平均株価-長期指数平滑平均株価
シグナル MACDの移動平均でMACDとの関係で売買タイミングをとらえるための指標

MACDがシグナルを上に抜けると買いサインMACDがシグナルを下に抜けると売りのサインとなります。

MACDの単純移動平均
OSCI MACDとシグナルの差をバーチャートで表示したものです。

MACDとシグナルの差は波のように上下動をする特徴がありますので、OSCIが天井圏の時が売りタイミング、底値の時には買いタイミングとなります。

MACD-シグナル


MACDの使い方

MACDをどう使うかというと、MACD単独かMACDとシグナルの関係を見ます。

MACDがシグナルを上に抜けると買いサインで、逆にMACDがシグナルを下に抜けると売りのサインといわれています。

またMACD単独では0を上に抜けると買いサイン0を下に抜けると売りサインといわれています。

MACDとシグナルの差であるOSCIでも売買タイミングをとらえることができ、OSCIが天井圏の時が売りタイミング、底値の時には買いタイミングといわれています。

OSCIは波のように上下動しますのでうまく波をとらえて売買タイミングを探りましょう。



当サイトのおすすめネット証券

SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。
手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

当サイトでももちろんイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。
koushiki2

マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。
koushiki2

カブドットコム証券は投資成績重視の証券会社。自動売買を駆使したきめ細かいリスク管理が可能になるので、結果的に最終的な投資成績を向上させます。

手数料は現物で最低90円からと安くなり、高機能ツールも提供しています。

人気の優待タダ取りに必須の短期一般信用銘柄が豊富で、優待投資派の人にもおすすめの証券会社です。
koushiki2

楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。
koushiki2



注目の新サービス

WealthNavi(ウェルスナビ)

最近話題の「ロボアドバイザー」は、AIが投資判断をして運用をしてくれるサービスです。

中でもウェルスナビが人気で、ロボアドバイザーで預かり資産とユーザー数No1になっています。

ETFで国際分散投資を実施し、再投資リバランスを自動で行うだけでなく、税金も最適化して運用してくれます。

預かり資産にかかる手数料は0.5%から1%となっていて、「長期割」という運用継続期間に応じた割引もあります。

手間を省いて資産運用をしたい人におすすめのサービスで、まずは少額からでも運用結果を見てみましょう。

ウェルスナビで運用プラン診断してみる(無料)



サブコンテンツ

このページの先頭へ