ネット証券組み合わせランキング

最終更新日: 2013年12月2日
お互いの弱点を補うSBI証券カブドットコム証券が最も相性のよい組み合わせに

組み合わせて利用すると更にお得に良いサービスを受けることができるネット証券。
中でも総合力の高いSBI証券の弱点である特殊注文や一般信用の売りを提供しているカブドットコム証券との組み合わせが最もよい組み合わせといえます。
SBI証券カブドットコム証券はIPOの取り扱いも多いので、両社から申し込めば当選確率は倍増し、短所を補うだけでなく長所も伸ばしあいます。
2位以降も手数料が安いネット証券とサービス・サポートが充実しているネット証券の組み合わせが相性がよく、上位となっています。

icon-medal-1-64 当サイトイチオシ! SBI証券カブドットコム証券


SBI証券
組み合わせてもNo1のSBI証券はメイン口座候補

格安手数料と豊富な取扱商品など総合力の高いSBI証券は組み合わせて利用する際も軸になります。

手数料が安いのはもちろんツールも高機能なので、メイン口座として活用しましょう。

特殊な注文はカブドットコム証券を活用して発注することで、SBI証券の弱点である特集注文の少なさをカバーすることができます。

どんな人にもおすすめできる万能の組み合わせです。



WS000284WS000285



カブドットコム証券
充実したサービスを提供するSBI証券のベストパートナー

カブドットコム証券は特殊注文の面でSBI証券を強烈サポートできる充実したサービスが魅力のネット証券。

特殊注文だけでなく、積極的なアナリストからの発信もあるため、投資情報の面でもレベルアップします。IPOの取り扱いもネット証券ではSBI証券と並んで多いためIPO投資家にもおすすめの組み合わせです。



WS000284
WS000285

icon-medal-2-64 SBI証券楽天証券


SBI証券
ネット証券業界1位と2位の豪華タッグ

組み合わせの第2位はSBI証券と楽天証券

総合力の高いSBI証券に、ツール、取扱商品に強みのある楽天証券を組み合わせることでサービスレベルをさらに高めます。

軸となるのはSBI証券。第1位の時と同じく格安手数料に幅広い取扱商品でメイン口座候補となります。

お互いに万能のネット証券ですので取扱商品の幅を広げつつ、相場急変時にもしものことがあってもあわてずに取引することが可能になります。

ネット証券No1とNo2の両社ですので、初心者にも経験者にもおすすめな豪華な組み合わせといえます。



WS000284WS000285



楽天証券
大人気のツールと豊富な取扱商品でメイン口座にもなりうる楽天証券

楽天市場を運営するグループの楽天証券はSBI証券のパートナーとしてもおすすめ。

一番の魅力は大人気ツールのマーケットスピードを利用できる点。手数料も格安ですので、マーケットスピードを気に入った方は楽天証券をメインとしてもよいです。

また楽天証券はSBI証券にはない金取引や海外先物取引を取り扱っており、投資商品の幅もぐっと広がります。



WS000284
WS000285

icon-medal-3-64 GMOクリック証券カブドットコム証券


GMOクリック証券
手数料満足度No1のGMOクリック証券はメイン口座候補

GMOクリック証券の最大の魅力は手数料の安さで、メイン口座候補です。

取扱商品やサービスは大手ネット証券には及ばないので、サービスが充実した会社と組み合わせることで格安手数料と充実したサービスを両立させることができます。



WS000284
WS000285



カブドットコム証券
充実のサービスで組み合わせ1位となったカブドットコム証券がGMOクリック証券との組み合わせで第3位にランクイン。

SBI証券の時と同様に、特殊注文や一般信用の売りなどGMOクリック証券の足りないサービスや商品を補います。

投資情報も充実しているので豊富な情報をもとに格安手数料で取引することが可能になります。

WS000284
WS000285

icon-medal-4-64 SBI証券マネックス証券


SBI証券
当サイトイチオシ!
初心者も経験者もまずはNo1のSBI証券!

SBI証券とマネックス証券の組み合わせも魅力的です。

SBI証券は手数料、取扱商品、サービスのバランスがよく、メイン口座候補としてまず口座開設しておきたいネット証券です。

マネックス証券は特殊注文や投資情報などのサービスが充実しているので、SBI証券とマネックス証券と併用することで短所を補い、長所を伸ばすことができます。



WS000284WS000285


マネックス証券

マネックス証券は外国株取引や投資情報が充実しているネット証券。

特に米国株式はネット証券最多の銘柄数と最安の手数料に加えて唯一特定口座に対応しています。国内株式だけでなく、外国株式や海外ETFにも投資したいという方におすすめの組み合わせです。

もちろんIPOも取り扱っているので、当選確率をあげることも期待できます。



WS000284
WS000285

当サイトのおすすめネット証券

SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。
手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

当サイトでももちろんイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。
koushiki2

マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。
koushiki2

カブドットコム証券は投資成績重視の証券会社。手数料は他のネット証券より割高ですが、自動売買を駆使したきめ細かいリスク管理が可能になるので、結果的に最終的な投資成績を向上させます。

リスク管理機能に手数料以上の価値を見いだすかは人それぞれですが、高機能ツールも提供しており、口座開設は無料なので、まずは口座開設しておくのが良いと思います。
koushiki2


当サイトのおすすめFX会社

DMM FXは、全20通貨ペアで業界最狭のスプレッドが魅力のFX会社で、取引コスト重視派の人には間違いなくおすすめです。
高水準のスワップポイント、使いやすいツール、充実したサポートも魅力で、サービスの総合力が高く、FXを始めるならまずDMM FXです。
限定で口座開設と取引で10,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーン実施中です。 koushiki2

サブコンテンツ

このページの先頭へ