カブドットコム証券のデイトレード用PCの特徴とおすすめか

kabucom1

カブドットコム証券では個人投資家向けにデイトレード用PCを販売しています。デイトレをする上でPC環境はとても重要ですが、ネット証券自身でPCを開発しているのはカブドットコム証券だけです。

カブドットコム証券が開発したデイトレード用PCの「kabuパソ」とはどんなPCなのか、本ページで紹介したいと思います。

デイトレード用PC「kabuパソ」とは

デイトレードをしている人のPCというと、ニュースやドラマなどで複数の画面を見ながらスピーディに売買しているイメージがあると思います。

こういったPCでトレードするのは多くの投資家の憧れでもありますが、自分でPCを購入していくつもの画面があるPCを用意するにはどうしたら良いか、何がおすすめかわからない人も多いと思います。

そのような人向けにカブドットコム証券のkabuパソがあります。

kabupaso1

kabuパソは最大6画面とハイスペックな機能で、長期間のチャート監視とスピーディな売買、安定した動作を可能にしたPCです。

kabuパソにはいくつかの種類があり、6画面、4画面、2画面、1画面、ノートPCと自分の予算や求める投資環境によって選択することができます。

またデイトレードを前提としているのでカブドットコム証券のトレーディングツールであるkabuステーションがプリインストールされており、カブドットコム証券スタッフが24時間サポートしてくれます。

もちろんkabuパソはkabuステーションが動作するスペックとなっていますので、購入してからすぐにデイトレに適した投資環境を手にすることができます。

24時間サポートだけでなく、kabuパソには専用サポートソフトで遠隔オンラインサポートを受けることができたり、専用のFAQサイト、さらに技術的なサポートは専門スタッフが自宅まで来てくれてサポートしてくれます。

かなりサポートが手厚く、初心者の人でも簡単にデイトレ向けの環境構築ができます。

一方で機能的には複数画面のハイスペックPCですので、自分で構築できなくもありません。むしろこれまでのデイトレーダーはみな自分で環境構築しています。

自分で複数モニターのPC環境を用意できる人にとっては必須というものではなく、自分で組んだ方が安くなることの方が多いです。

あくまで「デイトレーダー用PCはどうやったら手に入るの?」という人がkabuパソの購入を検討されると良いでしょう。2015年12月時点でデイトレーダー用PCというのは他のネット証券にはありませんので、これからデイトレをしたい人にはちょうどよいPCといえます。

>>kabuパソの購入ページはこちら


当サイトのおすすめネット証券

SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。
手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

当サイトでももちろんイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。
koushiki2

マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。
koushiki2

楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。
koushiki2


注目の新サービス

J.Score(スコアレンディング)

AIがスコアを自動診断してくれて、適切な金利目処値や限度額予定をすぐに教えてくれる新しい個人向けの融資サービス。

即日審査即日融資も可能なので、急ぎの人でも安心です。

AIスコア診断をしてみる(無料)




当サイトのおすすめFX会社

DMM FXは、全20通貨ペアで業界最狭のスプレッドが魅力のFX会社で、取引コスト重視派の人には間違いなくおすすめです。
高水準のスワップポイント、使いやすいツール、充実したサポートも魅力で、サービスの総合力が高く、FXを始めるならまずDMM FXです。
限定で口座開設と取引で4,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーン実施中です。 koushiki2

サブコンテンツ

このページの先頭へ