カブドットコム証券の解約方法と解約をする意味、メリット

カブドットコム証券の解約方法と解約をする意味、メリット

カブドットコム証券の口座を解約するには、電話連絡をした上、書面で手続きする必要があります。解約の手順はシンプルで、記事本文に従って行うと完了します。

この記事では、カブドットコム証券の口座を解約する方法、およびカブドットコム証券の口座を解約する意味やメリットについて紹介します。また、解約する際の注意点もあるため、あわせて説明します。


カブドットコム証券の解約方法と解約をする意味、メリット

解約方法と解約をする意味

解約方法と解約をする意味

カブドットコム証券の口座を解約するには、お客様サポートセンターへ電話連絡が必要です。原則として、電話連絡以外の方法で「口座解約依頼書」を請求することはできません。

お客様サポートセンターの電話番号は、0120-230-230です。営業時間は、平日8時~17時です。携帯電話から電話をかける場合の電話番号は、03-6688-8889です。携帯電話の場合は有料となります。

ダイヤル後、自動音声に従って本人認証を行います。認証方法は、カブドットコム証券の0から始まる8桁の口座番号と、数字のみのパスワードをプッシュします。口座番号とパスワードは、電話をかける前に準備しましょう。

お電話簡単認証の設定を行っているかたは、4桁の暗証番号を入力するだけで本人認証が完了します。ただし、登録している電話以外を利用する場合は、口座番号とパスワードを入力する必要があります。

本人認証完了後ができると、接続先サービスを選択します。口座を解約する場合は、スタッフへの連絡「0#」を入力します。その後、オペレーターと会話します。

口座解約にあたり、カブドットコム証券に対する不満がなかったか、口座残高の状況はどうなっているか、住所に変更はないかなどの質問をされます。その後、口座解約依頼書を発送する流れの説明をされ、口座解約依頼書が自宅宛に郵送されます。

電話連絡をした後、口座解約依頼書が自宅に到着するまでに数日を要します。カブドットコム証券の方で住所などが印字されています。内容に間違いがないか確認し、署名をした後、返送しましょう。後納郵便のため、郵送料は必要ありません。

解約されたことを確認するために、カブドットコム証券のWebサイトに口座番号とパスワードを入力し、ログインできないことを確かめましょう。

カブドットコム証券は、口座開設に伴う管理料は必要ありません。そのため、長期間取引をしないからといって、必ずしもカブドットコム証券を解約する必要はありません。


解約をするメリット

解約をするメリット

しかし、カブドットコム証券の口座を解約するメリットもあります。

一つ目は、複数のネット証券口座を保有していて、整理したい場合です。多くのネット証券会社は、無料で口座を開設できます。そのため、複数の口座を保有し、それぞれの会社のメリットを生かした投資を行うかたも多くいます。

しかし、口座数が多すぎると、ポートフォリオが大変になることがあります。また、カブドットコム証券で行っていたサービスや取扱株を、他のネット証券会社も取扱い始めたなどの理由により、整理した方が良い場合があります。

二つ目は、個人情報流出を防ぐことです。カブドットコム証券は、SSL暗号化通信などによるセキュリティ対策を行っていますが、過去WebサイトがDDoS攻撃を受け、アクセス障害が発生しました。

これまでカブドットコム証券における個人情報流出はありませんが、大手クレジットカードやSNS企業でも個人情報流出が相次いでいるため、取引をあまり行わない場合は、口座を解約してデータを抹消する方が安全です。

カブドットコム証券のオペレーターは、解約の手続きに対し、スムーズに対応してくれると評判です。「解約したい」と意思表示をはっきり伝えると、解約を思いとどまらせようと、強引に説得されることはありません。


カブドットコム証券を解約する際の注意点

電話連絡

電話連絡が必須

カブドットコム証券の口座は、Webサイトから解約することはできません。その理由は、WebサイトのQ&Aページに「ご本人様の確認が必要なため」電話連絡が必須である、と記載されています。

カブドットコム証券のお客様サポートセンターに電話がつながる時間帯は、平日の8時~17時に限られています。混雑時には、何度も電話をかけないとつながらない可能性があります。

電話がつながる確率を高めるには、カブドットコム証券のWebサイトのお客様サポートページを開き、オペレーター受付状況を参照しましょう。電話がつながりやすい時間帯を曜日、時間ごとに毎月更新しています。

解約するために電話をする際、事前にパスワードを数字のみに変更する必要があります。パスワードは8~16桁です。電話機での操作のため、8桁のわかりやすい数字にしましょう。

カブドットコム証券では、ログイン時のパスワードおよび、出金に必要なパスワードの2種類があります。ログイン時のパスワードを数字のみに変更し、電話連絡時にプッシュしましょう。

パスワードを忘れた場合は、お客様サポートセンターに連絡しましょう。折り返しオペレーターから電話がかかってきます。電話連絡以外の方法で、パスワードの再発行はできません。


書類返送期限

口座解約依頼書の返送は、速やかに行いましょう。書類の有効期限は約3か月です。有効期限を過ぎると、再度電話連絡した上、口座解約依頼書を請求する必要があります。


過去の取引履歴

過去の取引履歴

カブドットコム証券は、口座を開設しても紙の通帳は発行されません。そのため、いったんカブドットコム証券の口座を解約したら、過去の取引履歴を確認できない場合があります。

口座を解約した場合、あなたに関する全てのWeb上のデータは破棄されます。再度カブドットコム証券を利用する場合には、再度一から設定が必要です。

そのため、取引履歴等をCSV形式で保存するなどの方法で、保存しましょう。取引履歴の保存は、Webサイトにログイン後、資産管理から取引履歴を選択し、保存したい期間を指定し、「CSV」ボタンを押します。

もし印刷やデータ保存などにより過去の取引を保管していないかたが過去の取引履歴を知りたい場合は、カブドットコム証券に対し顧客口座元帳を請求することが可能です。

通常、顧客口座元帳の作成を請求すると500円の発行手数料が必要ですが、カブドットコムの口座を解約済みの場合は、発行手数料が無料です。

顧客口座元帳を請求する方法は、お客様サポートセンターに電話をし、顧客口座元帳発行依頼書を請求します。解約時の住所と現住所が異なる場合は、依頼書に解約時住所と現住所の両方を記載の上、現住所が確認できる書類の提出も必要です。


NISA口座

カブドットコム証券でNISA口座を保有しており、他社でNISA口座を新たに開設したい場合は、カブドットコム証券のNISA口座を解約する必要が生じますが、総合口座は維持しても問題ありません。

2017年9月末までに、カブドットコム証券にマイナンバーの登録をした上でNISA口座を開設し、2017年9月25日までに「非課税適用確認書の交付申請書のみなし提出不適用届出書」を提出しているかたは、解約の手続きは必要ありません。

2017年9月25日までに「非課税適用確認書の交付申請書のみなし提出不適用届出書」していないかたは、翌年以降のカブドットコム証券のNISA口座が自動開設されます。NISA口座は一人一口座のみ開設できるため、新たに「金融商品取引業者等変更届出書」を提出しましょう。


ポイント

ポイント

カブドットコム証券には、ポイント対象ファンドの平均時価保有額に応じ、毎月ポイントが付与されます。口座を解約すると、それまでに貯めたポイントが全て失効します。保有ポイント数は、Webサイトの「お客様サービス」より確認できます。

ポイント交換を申し込んだ際、ポイント交換完了前に解約してしまうと、交換申込済のポイントも失効するため、ポイント交換が済んでいることを確認したのち、解約しましょう。

口座解約時に残金があった場合は、すべて出金しましょう。ただし、カブドットコム証券の最低出金額は1,000円です。1~999円の残高がある場合は、出金用の銀行口座に対し振り込みを依頼しましょう。


未成年口座

カブドットコム証券では、満20歳未満のかた向けに、「未成年口座」の開設が認められています。ただし、親権者のいずれか1名がカブドットコム証券の口座を所有している必要があります。

そのため、満20歳未満の子が未成年口座を保有する場合、その子が成人するか、新たに未成年後見人をつけるかしない限り、親権者はカブドットコム証券の口座を解約することができません。


まとめ

まとめ

カブドットコム証券の口座を解約する方法と意味やメリット、注意点について紹介しました。まとめると以下の通りです。

  • カブドットコム証券の口座を解約するには、電話連絡をした上で口座解約依頼書の提出が必要
  • 電話連絡では自動音声による本人認証後、オペレーターと会話する
  • 口座解約後に取引履歴を確認するために顧客口座元帳を無料で請求することができる

複数の口座を整理するなどの理由でカブドットコム証券の口座を解約する場合、お客様サポートセンターに電話をし、本人認証を行った上で、口座解約依頼書を請求します。自宅に送付された口座解約依頼書を返送することにより、解約手続きが完了します。

カブドットコム証券を解約する際、パスワードを数字のみに変更しなければならないなどの注意点があります。NISA口座を他社で開設したい場合は、カブドットコム証券のNISA口座のみを解約します。

カブドットコム証券の詳細を見てみる

当サイトのおすすめネット証券


マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。
koushiki2
SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。
手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

当サイトでももちろんイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。
koushiki2

カブドットコム証券は投資成績重視の証券会社。自動売買を駆使したきめ細かいリスク管理が可能になるので、結果的に最終的な投資成績を向上させます。

手数料は現物で最低90円からと安くなり、高機能ツールも提供しています。

人気の優待タダ取りに必須の短期一般信用銘柄が豊富で、優待投資派の人にもおすすめの証券会社です。
koushiki2

楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。
koushiki2



注目の新サービス

WealthNavi(ウェルスナビ)

最近話題の「ロボアドバイザー」は、AIが投資判断をして運用をしてくれるサービスです。

中でもウェルスナビが人気で、ロボアドバイザーで預かり資産とユーザー数No1になっています。

ETFで国際分散投資を実施し、再投資リバランスを自動で行うだけでなく、税金も最適化して運用してくれます。

預かり資産にかかる手数料は0.5%から1%となっていて、「長期割」という運用継続期間に応じた割引もあります。

手間を省いて資産運用をしたい人におすすめのサービスで、まずは少額からでも運用結果を見てみましょう。

ウェルスナビで運用プラン診断してみる(無料)



サブコンテンツ

このページの先頭へ