楽天証券のCME日経平均先物取引の特徴、手数料とメリット

rakuten-sec3
日本の株価はアメリカやヨーロッパの影響を大きく受けることになりますので、東京の市場が開いている昼間だけでなく夜間に取引したい人は多いと思います。

日経平均先物は大証だけでなく、CME(シカゴマーカンタイル取引所)やSGX(シンガポール取引所)に上場をしており、楽天証券では海外の先物取引が可能になっているのでCMEやSGXの日経平均先物取引をすることができます。

本ページでは楽天証券の海外先物取引の特徴や活用方法を紹介したいと思います。

楽天証券の海外先物取引の特徴

  • 海外の主要な先物に取引可能
  • 日経225に24時間取引可能
  • 業界最低水準の手数料
  • マーケットスピードで取引可能

海外の主要な先物に取引可能

楽天証券ではCMEのシステムに接続することで、CMEだけでなくSGX、NYMEX、COMEX、CBOTなどの海外市場に上場する指数先物商品に投資することが可能になっています。

投資可能な銘柄は円建て、ドル建ての日経平均先物をはじめ、台湾や中国の指数先物や原油、天然ガス、ガソリン、金、銀、銅、とうもろこし、大豆、小麦など商品系の先物など36銘柄へ取引可能になっています。

取引時間は銘柄によって異なりますが、ほぼ24時間何かしらの銘柄には取引可能になっています。

海外先物取引のサービス内容をまとめると以下のようになっています。

楽天証券の海外先物取引のサービス内容

項目 内容
取引方法 マーケットスピードのみ
市場 CME(シカゴマーカンタイル取引所)
SGX(シンガポール証券取引所)
NYMEX(ニューヨーク・マーカンタイル取引所)
COMEX(ニューヨーク商品取引所)
CBOT(シカゴ商品取引所)
取引時間 ほぼ24時間
取扱銘柄数 36銘柄
必要保証金(発注時) イニシャル証拠金額×掛目1.0
維持保証金 メンテナンス証拠金額×掛目1.0
ロスカットライン 維持保証金の80%
通貨 日本円、米ドル
取引手数料 銘柄によって異なる
為替手数料 1米ドルあたり15銭
注文の種類 指値
成行
逆指値
NISA口座 選択不可
特定口座 選択不可

日経225に24時間取引可能

日経平均株価にはCMEとSGXに上場する2種類があり、円建て、ドル建てが両方あり、円建てには取引金額が10分の1のミニ先物もあります。

SGXは夜間取引も合わせると日本時間8:45から翌3:00まで取引ができますし、CMEは16:00頃から翌6:00-7:00頃まで取引できますので、大証に上場する日経平均先物と合わせるとほぼ24時間取引することができます。

ニューヨーク市場やロンドン市場の開始時刻にも取引できるので、海外市場の動きにあわせて機動的な売買をすることが可能になります。

■取引可能な日経225先物

  • CME日経225先物(ドル建)
  • CME日経225先物(円建)
  • CME日経225ミニ先物(円建)
  • SGX日経225先物(ドル建)
  • SGX日経225先物(円建)
  • SGX日経225ミニ先物(円建)

先物を取引してオーバーナイトする人はほとんどいないと思いますが、海外市場の動きをとらえて売買して収益を狙うことができますので利益を得るチャンスが増すイメージでしょうか。


200円から取引できる業界最低水準の手数料

主要なネット証券では楽天証券のほかにカブドットコム証券松井証券が対応していますが、手数料は楽天証券が最も安いので、CMEの日経平均先物を取引したい人には楽天証券が最もおすすめです。

取引手数料は銘柄ごとに異なり、以下のようになっています。

楽天証券の海外先物取引の銘柄ごとの手数料

銘柄名 手数料 発注に必要な証拠金
E-mini S&P 500 (Dollar) $4.86 $5,060
E-mini S&P MidCap 400 $4.86 $7,370
E-mini S&P SmallCap 600 $4.86 $3,410
E-mini NASDAQ-100 $4.86 $4,840
E-mini Dow ($5) $4.86 $4,290
E-mini Nikkei 225(Yen)(CME日経225ミニ先物(円建)) ¥324 ¥99,000
Nikkei225(Yen)(CME日経225先物(円建)) ¥432 ¥495,000
Nikkei225(Dollar)(CME日経225先物(ドル建)) $4.86 $4,950
SGX Nikkei 225 Index Futures(SGX日経225先物(円建)) ¥432 ¥451,000
Mini SGX Nikkei 225 Index Futures(SGX日経225ミニ先物(円建)) ¥216 ¥90,200
SGX USD Nikkei 225 Index Futures(SGX日経225先物(ドル建)) $4.86 $4,510
SGX S&P CNX Nifty Index Futures(SGX S&P CNX Nifty指数先物) $4.86 $660
SGX MSCI Taiwan Index Futures(SGX MSCI 台湾指数先物) $4.86 $1,430
SGX FTSE China A50 Index Futures(SGX FTSE 中国A50指数先物) $4.86 $1,265
Light Sweet Crude Oil (WTI)(WTI原油) $6.48 $4,675
E-mini Light Sweet Crude Oil (WTI)(ミニWTI原油) $4.86 $2,338
RBOB Gasoline(ガソリン) $6.48 $5,610
NY Harbor ULSD(ヒーティングオイル) $6.48 $5,060
Henry Hub Natural Gas(天然ガス) $6.48 $2,475
E-mini Natural Gas (Henry Hub)(ミニ天然ガス) $4.86 $619
Gold(金) $6.48 $4,125
miNY Gold(ミニ金) $4.86 $2,063
E-micro Gold(マイクロ金) $2.70 $413
Silver(銀) $6.48 $6,600
miNY Silver(ミニ銀) $4.86 $3,300
Copper(銅) $6.48 $3,410
E-Mini Copper(ミニ銅) $4.86 $1,705
Corn(とうもろこし) $6.48 $1,100
Mini-Sized Corn(ミニとうもろこし) $4.86 $220
Wheat(小麦) $6.48 $1,650
Mini-Sized Wheat(ミニ小麦) $4.86 $330
Soybeans(大豆) $6.48 $2,860
Mini-Sized Soybean(ミニ大豆) $4.86 $572
Soybean Meal(大豆粕) $6.48 $2,420
Soybean Oil(大豆油) $6.48 $1,045
Rough Rice(もみ米) $6.48 $1,265

手数料は銘柄ごとに異なりますが、円建てのSGX日経225ミニ先物であれば1枚216円で取引可能となっています。(CMEは手数料324円)

通常の日経225先物はSGX、CMEともに432円の手数料となっていますので、取引金額に対する手数料は通常の日経225先物の方が安くなっています。

いずれも業界最低水準で格安の手数料です。


マーケットスピードで取引可能

また楽天証券の海外先物取引はWEBサイトで取引することはできず、マーケットスピードのみで取引可能になっています。

先物取引ではスピーディな取引が求められますので、ツールでしか取引できないのはむしろプラスで、マーケットスピードで価格変動を素早くとらえてスピーディに発注することができます。

マーケットスピードはネット証券ユーザの中でもトップの人気ツールで、多くのファンがいます。そのような人にとっては使い慣れたインターフェースで取引できる点も魅力といえますね。


主要なネット証券で海外先物取引ができるのは3社

主要ネット証券で海外先物取引ができるのは楽天証券のほかにカブドットコム証券松井証券の3社です。ネット証券最大手のSBI証券や外国株に強く利用者が多いマネックス証券は海外先物取引ができませんので注意が必要です。

■主要ネット証券の海外先物取引の対応可否

証券会社 対応状況
楽天証券
SBI証券 ×
マネックス証券 ×
カブドットコム証券
松井証券

手数料は楽天証券が最も安く、人気のトレーディングツール「マーケットスピード」で取引可能な点も魅力なので、CME日経平均先物取引をはじめとした海外先物取引を投資したい人にとって楽天証券がおすすめです。

各種情報をすべて日本語化していますので、英語情報がほとんどでこれまで取引が難しかった海外市場の取引でも安心して取引できます。このような点もネット証券大手の楽天証券だからできるきめ細かなサービスといえますね。

>>楽天証券の口座開設(無料)


CME日経平均先物取引をはじめるには

  1. 楽天証券総合口座の開設
  2. 国内先物口座の開設
  3. 海外先物口座の開設申込
  4. ネット審査

楽天証券で海外先物取引をはじめるには海外先物取引用の口座を開設する必要があります。

海外先物取引用の口座は楽天証券の総合口座および国内先物取引の口座を先に開く必要があります。

楽天証券の口座自体を持っていない人はまず総合口座の開設が必要になりますので、まずは楽天証券の口座開設をしましょう。

>>楽天証券の口座開設(無料)

楽天証券の総合口座開設済みで国内先物取引の口座を持っていない人は、楽天証券のログイン後のサイトで「設定・変更」>「申込が必要なお取引・各商品に関する設定」へと進み、国内先物取引の口座に申し込みをします。

総合口座、国内先物口座の開設が済んでいる人はいよいよ海外先物取引口座へ進みます。同様に楽天証券のログイン後のサイトで「設定・変更」>「申込が必要なお取引・各商品に関する設定」と進み、海外先物取引口座の申込をします。

kaigaisakimono-rakuten

申込をすると楽天証券で審査の上、数営業日後に登録メールアドレス宛にメールが来ます。

審査結果がOKであれば、最新版のマーケットスピードの商品切替ボタンで「海外先物」に切り替えが可能になりますので、そこから取引をすることになります。

kaigaisakimono-rakuten2


当サイトのおすすめネット証券

SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。
手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

当サイトでももちろんイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。
koushiki2

マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。
koushiki2

楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。
koushiki2


注目の新サービス

J.Score(スコアレンディング)

AIがスコアを自動診断してくれて、適切な金利目処値や限度額予定をすぐに教えてくれる新しい個人向けの融資サービス。

即日審査即日融資も可能なので、急ぎの人でも安心です。

AIスコア診断をしてみる(無料)




当サイトのおすすめFX会社

DMM FXは、全20通貨ペアで業界最狭のスプレッドが魅力のFX会社で、取引コスト重視派の人には間違いなくおすすめです。
高水準のスワップポイント、使いやすいツール、充実したサポートも魅力で、サービスの総合力が高く、FXを始めるならまずDMM FXです。
限定で口座開設と取引で4,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーン実施中です。 koushiki2

サブコンテンツ

このページの先頭へ