楽天証券のハッピープログラムの内容やメリット、登録方法

rakuten-sec3
楽天証券では楽天グループのポイント獲得プログラムである「ハッピープログラム」に登録することで、証券取引などでどんどんポイントがたまるようになります。

ハッピープログラム自体は楽天銀行のプログラムですが、登録することで楽天証券の取引でもポイントが貯まるようになります。

本ページではハッピープログラムの内容やポイントがたまる条件を紹介します。

楽天証券のハッピープログラムでたまるポイント

ハッピープログラムに登録することで楽天証券の各種取引に応じてポイントがたまるようになります。

貯まるポイントは以下のようになっています。

■楽天証券の取引でたまるポイント

商品 たまるポイント
口座開設 キャンペーンによって異なる
家族・友達の紹介 紹介者と口座開設者にそれぞれ3,000ポイント
国内株式(現物買・現物売、PTS) 手数料100円ごとに1ポイント
国内株式(信用新規、返済) 手数料100円ごとに1ポイント
米国株式 手数料100円ごとに1ポイント
中国株式 手数料100円ごとに1ポイント
投資信託 買付手数料の1%
投資信託 残高10万円ごとに4ポイント
個人向け国債 買付金額3万円ごとに1ポイント
楽天FX 10枚(10万通貨)ごとに1ポイント
日経225先物取引(ラージ・ミニ) 手数料100円ごとに1ポイント
日経225オプション 手数料100円ごとに1ポイント
カバードワラント 3万ワラントごとに1ポイント

楽天銀行の取引はランクが上がると付与されるポイントも2倍、3倍と倍々ゲームで増えることになりますが、楽天証券の取引でたまるポイントはランクが上がっても増えることはありません。

手数料がポイントで還ってくるネット証券は楽天証券だけですので、戻ってくるだけでも嬉しいものだと理解しておきましょう。


「取引件数」をためてハッピープログラムの会員ランクも上がる

またハッピープログラムにはランク制度があり、ランクが上がることで様々な優遇があります。

上述した通り、ランクが上がっても楽天証券ではたまるポイントは変わりませんが、楽天銀行の振込手数料やATM利用手数料の無料回数が増えたり、楽天銀行の取引でたまるポイントが2倍、3倍と増えることになります。

ランクが上がることでどんどんお得になりますが、ハッピープログラムではランクを決める際に特定のサービスを何度利用したかを示す「取引件数」を使用します。

そして楽天証券での取引はハッピープログラムにおける取引件数の対象取引となっていますので、楽天証券で取引をするほどハッピープログラムの会員ランクも上がることになります。

対象取引と取引件数となる条件は以下のようになっています。

■楽天証券で取引件数となる条件

商品 取引件数となる条件
国内株式
(現物買・現物売、PTS)
手数料100円ごとに1件
国内株式
(信用新規、返済)
手数料100円ごとに1件
米国株式 手数料100円ごとに1件
中国株式 手数料100円ごとに1件
投資信託 月中平均残高10万円ごとに1件
個人向け国債 買付金額3万円ごとに1件
楽天FX 10枚(10万通貨)ごとに1件
日経225先物取引
(ラージ・ミニ)
手数料100円ごとに1件
日経225オプション 手数料100円ごとに1件
カバードワラント 3万ワラントごとに1件

ほぼすべての商品でハッピープログラムのランク獲得件数が加算されることになります。

ただ株を毎日のように取引している人でないとランクを上げるのは難しく、取引件数が稼げそうな取引は投資信託の残高に応じて獲得できる件数でしょうか。

サービスの設計上、一つの取引で一気にランクを上げるというよりは、色々なサービスを多く使って獲得件数を稼ぐのが王道と言えそうですね。

なお、各ランクごとに必要な「取引件数」は以下のようになっています。

ランク 必要な取引件数
スーパーVIP 30回
VIP 20回
プレミアム 10回
アドバンスト 5回
ベーシック 条件なし

スーパーVIPになると、楽天銀行の他行振込手数料が月に3回、ATM利用手数料が月に7回まで無料となりますのでネット銀行の中でもトップクラスの利便性になります。ぜひスーパーVIPを目指したいですね。


ハッピープログラムの登録方法

  1. 楽天証券に口座開設
  2. 楽天銀行に口座開設
  3. マネーブリッジに登録
  4. ハッピープログラムに登録

ハッピープログラムに参加するには事前に登録をする必要があります。また楽天証券、楽天銀行にそれぞれ口座が必要になります。

口座を持っていない人はまずそれぞれの口座を開設しましょう。楽天証券、楽天銀行の口座は同時申し込みもできますので両方持っていない人はいずれかの口座開設画面から同時申し込みを選択して開設手続きをしましょう。

楽天証券の口座開設(無料)
>>楽天銀行の口座開設(無料)

楽天銀行、楽天証券の両方に口座がある人はまず楽天証券と楽天銀行の2つの口座をひもづけて連携サービスを利用できるようにするマネーブリッジというサービスに登録をします。

マネーブリッジに登録することで簡単に楽天銀行から楽天証券に入出金ができるようになったり、楽天銀行の預金金利が5倍になるなど様々なメリットがあります。

  • 楽天銀行と楽天証券の連携サービス「マネーブリッジ」の活用方法とメリット

  • マネーブリッジにはログイン後の楽天銀行のサイトから申し込みができます。

    >>マネーブリッジへの申し込み

    マネーブリッジに登録するとハッピープログラムへも登録できるようになるので、同じく楽天銀行のサイトからハッピープログラムへ申し込みをして登録します。

    >>ハッピープログラムへの申し込み

    登録が完了すると以降の楽天証券の取引からポイントがたまるようになります。

    文章にすると長く面倒なようですが、口座さえ開設すれば数クリックで申し込みやエントリーができますので簡単です。

    楽天証券と楽天銀行をダブルで活用するとガンガンポイントがたまるようになりますので、どちらかを利用している人はぜひ楽天証券と楽天銀行の両方を活用してポイントを貯めるようにしましょう。

    楽天証券の口座開設(無料)
    >>楽天銀行の口座開設(無料)


    当サイトのおすすめネット証券

    SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。
    手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

    当サイトでももちろんイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。
    koushiki2

    マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

    株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

    また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。
    koushiki2

    カブドットコム証券は投資成績重視の証券会社。自動売買を駆使したきめ細かいリスク管理が可能になるので、結果的に最終的な投資成績を向上させます。

    手数料は現物で最低90円からと安くなり、高機能ツールも提供しています。

    人気の優待タダ取りに必須の短期一般信用銘柄が豊富で、優待投資派の人にもおすすめの証券会社です。
    koushiki2

    楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

    口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

    高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。
    koushiki2



    注目の新サービス

    WealthNavi(ウェルスナビ)

    最近話題の「ロボアドバイザー」は、AIが投資判断をして運用をしてくれるサービスです。

    中でもウェルスナビが人気で、ロボアドバイザーで預かり資産とユーザー数No1になっています。

    ETFで国際分散投資を実施し、再投資リバランスを自動で行うだけでなく、税金も最適化して運用してくれます。

    預かり資産にかかる手数料は0.5%から1%となっていて、「長期割」という運用継続期間に応じた割引もあります。

    手間を省いて資産運用をしたい人におすすめのサービスで、まずは少額からでも運用結果を見てみましょう。

    ウェルスナビで運用プラン診断してみる(無料)



    サブコンテンツ

    このページの先頭へ