楽天証券のIPO抽選のしくみと当選確率を上げる方法

rakuten-sec3

楽天証券は人気のネット証券で、IPOの取り扱いもしています。

IPOというと、ネット証券ではSBI証券マネックス証券カブドットコム証券が強いイメージがありますが、楽天証券のIPOサービスやIPO抽選のしくみはどうなっているのでしょうか。見ていきましょう。

楽天証券のIPO抽選のしくみ

  • 資金量が多い顧客が有利
  • 独自のIPOカテゴリにより当選確率が最大5倍になる
  • ブックビルディング申込時に資金が必要

資金量が多い顧客が有利

IPOの抽選や購入までの流れは各証券会社で若干異なります。IPOを効率的に申し込むには各社のしくみや特徴をとらえて最大限活用していく必要がありますので、まずは楽天証券のIPO抽選のしくみを見ていきましょう。

楽天証券では資金量および独自のランク制度によって当選確率が変化するようになっています。

基本的な抽選方法は配分された株式をすべて抽選にまわす完全抽選方式ですが、申込株数ごとに抽選権がありますので、1申込株1抽選権となっています。

資金量が多い人ほど当選確率が高くなるしくみですね。


独自のIPOカテゴリにより当選確率が最大5倍になる

IPO申込をした人は以下の条件でゴールド、シルバー、レギュラーに振り分けられ、各カテゴリの申込株数を見て、当選確率がIPOゴールドはレギュラーの5倍、シルバーはレギュラーの2倍となるように配分株数を調整した上で抽選を行います。

■楽天証券のIPOカテゴリーの内容

IPOカテゴリ 当選確率 条件
IPOゴールド 5倍 過去6カ月間における月間平均手数料が10万円以上、またはブックビルディング開始日の前々営業日時点での預かり資産評価額1億円以上の人
IPOシルバー 2倍 過去6カ月間における月間平均手数料が1.5万円以上の人
IPOレギュラー 1倍 ゴールド、シルバーの条件にあてはまらない人すべて

※当選確率はIPOレギュラーの当選確率を基準に何倍の当選確率かを記載

なお、このIPOカテゴリによる振り分けは楽天証券がシ団に入っている際のIPOの振り分け時に行われます。シ団に入らずに委託販売を行ういわゆる裏幹事となった際にはカテゴリの振り分けをせずに完全平等の抽選が行われます。

楽天証券が裏幹事となるのは結構多いので、資金量の少ない人やIPOカテゴリの条件が難しそうな人は裏幹事の銘柄を待ち、随時楽天証券のサイトをチェックするようにしましょう。

資金量の少ない人は顧客ごとの完全抽選制をとっているマネックス証券カブドットコム証券を利用するのも良いですね。


ブックビルディング申込時に資金が必要

ブックビルディングの申込時には資産残高が申込株分の金額以上ある必要がありますので、申込時に資金を準備しておく必要があります。

ブックビルディングの申込時に残高のチェックは行いますが、資金の拘束は行いません。

また楽天証券のIPOでは抽選までにブックビルディングの申込と公募価格決定後の購入申込をする必要がある2段階申込制となっています。

IPO抽選までに2段階申込となっているのはカブドットコム証券があり、SBI証券マネックス証券は1段階の申込となっています。

そのため楽天証券ではブックビルディングの申込、公募価格決定後の購入申込、抽選、抽選結果の確認、購入という流れになります。

余力のチェックはブックビルディングの申込、購入申込時にされ、資金拘束は購入申込から購入までの間に行われます。

■楽天証券のIPO抽選概要

項目 内容
配分方法 100%抽選制
申込方法 ブックビルディング
抽選方法 顧客をIPOカテゴリに分類し、IPOカテゴリごとにコンピュータでランダム抽選
抽選単位 申込株数単位ごと
余力の確認 BB申込時、購入申込時、抽選時
余力の拘束 購入申込後、IPO株購入まで


楽天証券のIPO関与率

ここ数年での楽天証券のIPO関与率は以下のようになっています。

■IPO数と楽天証券のIPO関与率

IPO数全体 楽天関与数 関与率
2014 77 2 2.6%
2013 54 2 3.7%
2012 46 12 26.1%
2011 36 15 41.7%

楽天証券の関与率はここ数年で激減しており、関与率は2%から3%でシ団に入った会社数は2014年、2013年ともに2社となっています。多くの銘柄のIPOに参加したい人は関与率が90%を超えるSBI証券か関与率50%超のマネックス証券の口座を持っておく必要があります。

SBI証券の口座開設(無料)
マネックス証券の口座開設(無料)

楽天証券はIPOの関与率が低く、口座数が多い上にIPOカテゴリによる優良顧客への優遇制度がある証券会社ですので、資金の少ない人にとっては当選確率が低くなります。

ただし、上記関与に含まれない裏幹事でのIPO配分があり、その際はIPOカテゴリによる当選確率の調整が行われないため、資金が少ない人にとっても狙い目の証券会社となります。

IPO狙いの投資家が集まりづらい証券会社でもあり、意外なところでIPO株をゲットできるかもしれませんのでIPO申し込みをしておくにこしたことはありません。

こういうところでライバルと差をつけることができますので、面倒でも口座開設をしておき、楽天証券のIPO銘柄のチェックを欠かさないようにしておきたいですね。

楽天証券の口座開設(無料)


当サイトのおすすめネット証券

SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。
手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

当サイトでももちろんイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。
koushiki2

マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。
koushiki2

カブドットコム証券は投資成績重視の証券会社。自動売買を駆使したきめ細かいリスク管理が可能になるので、結果的に最終的な投資成績を向上させます。

手数料は現物で最低90円からと安くなり、高機能ツールも提供しています。

人気の優待タダ取りに必須の短期一般信用銘柄が豊富で、優待投資派の人にもおすすめの証券会社です。
koushiki2

楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。
koushiki2



注目の新サービス

WealthNavi(ウェルスナビ)

最近話題の「ロボアドバイザー」は、AIが投資判断をして運用をしてくれるサービスです。

中でもウェルスナビが人気で、ロボアドバイザーで預かり資産とユーザー数No1になっています。

ETFで国際分散投資を実施し、再投資リバランスを自動で行うだけでなく、税金も最適化して運用してくれます。

預かり資産にかかる手数料は0.5%から1%となっていて、「長期割」という運用継続期間に応じた割引もあります。

手間を省いて資産運用をしたい人におすすめのサービスで、まずは少額からでも運用結果を見てみましょう。

ウェルスナビで運用プラン診断してみる(無料)



サブコンテンツ

このページの先頭へ