楽天証券でバイナリーオプションは取引できる?

楽天証券でバイナリーオプションは取引できる?

手軽なルールで注目されているバイナリーオプションですが、昔とはルールが変わったこともあり国内で取り扱う業者は減少傾向にあります。

楽天証券では、バイナリーオプションを取り扱っているのでしょうか。

ここでは楽天証券でバイナリーオプション取引が可能なのかと、バイナリーオプションが取引できる国内業者を紹介します。


楽天証券でバイナリーオプションは取引できる?

バイナリーオプションとは?

バイナリーオプションとは?

バイナリーオプションは一般の投資よりもルールが簡単で、初心者にも分かりやすい仕組みで人気を集めた投資法です。

バイナリーは二進法を指し、0か1のどちらかのことです。為替取引を利用して行われるバイナリーオプションでは、今後の相場の上下を予想します。

たとえば、為替取引のバイナリーオプションの場合、以下のルールで取引が可能です。

まずは自分が予想する価格を選択します。一定時間経過後にその価格よりも上がっているか下がっているかを予想し、該当する方を購入するだけです。

この取引方法はラダー取引と呼ばれ、相場の上下ではなく一定のレンジ内に相場が収まるかを予想するレンジ取引もバイナリーオプションの一種です。

購入価格や倍率などは取引を行う証券会社や、自分が予想する価格によって異なります。


バイナリーオプションは規制されている?

バイナリーオプションは単純な二択のため、投機性が高いと判断され規制の対象になりました。

日本の金融庁が2013年に規制を発表し、国内の取引業者では短期間のオプションが禁止されています。以前は5分後の相場予想など、短時間予想も行われていましたが、現在は最短で2時間後の取引のみ取り扱われています。

それ以外にも業者側の総取りを禁止し、高い倍率設定の禁止など新たなルールが生まれています。これにより大きな儲けを得ることは難しくなりましたが、その分安全な取引が可能になりました。


楽天証券ではバイナリーオプション取引ができる?

楽天証券ではバイナリーオプション取引ができる?

楽天証券では、2013年の規制前までバイナリーオプションの取扱がありました。

他のネット証券でも同様ですが規制をきっかけに撤退する会社が多く、楽天証券でも2018年3月現在バイナリーオプションを取引することはできません。

バイナリーオプションの取引をしたい場合は、別の会社を選択する必要があります。


楽天証券で可能なオプション取引

楽天証券では二者択一のバイナリーオプションはできませんが、先物・オプション取引を行うことは可能です。オプション取引も一定の時間経過後に、決められた価格で購入する権利を売買する取引です。

バイナリーオプションとは異なり、権利を行使するかは自分で選択できます。予想した方向に相場が動くと、バイナリーオプションと同様に利益が得られます。

オプション取引も未来を予想することに変わりはなく、バイナリーオプションと似た性質を持っている取引方法です。


バイナリーオプションを取引したい場合の選択肢

バイナリーオプションを取引したい場合の選択肢

バイナリーオプションを取引したい場合、主に2種類の選択肢があります。国内業者を利用することと、海外業者を利用することです。

国内業者は金融庁の規制のため、オプションの時間や倍率などに制限があります。海外業者の場合は規制に影響されません。短時間の相場予想や高倍率の取引を行いたい場合は、海外業者を選択する必要があります。

ただし海外業者は良い面だけでなく、悪い面もあります。たとえば日本国内の業者ではないため、日本語のサポートが受けられない点はデメリットです。

また国内業者のように2WAY表記の徹底や、顧客への説明も義務化されていません。一定のリスクがあることは知っておきましょう。

また日本で規制されている取引を国内で行うことには問題もあるため、原則国内業者の中から信頼できるところを選択することが基本です。


国内でバイナリーオプションが取引できる会社

国内でバイナリーオプションが取引できる会社

国内でバイナリーオプションが取引できる会社は、主にFX会社がメインです。複数の業者が利用できるため、取引ツールの使いやすさや通貨ぺアの種類で選択することができます。


GMOクリック証券

GMOクリック証券では、外為オプションの名前でバイナリーオプションを取り扱っています。

1枚あたり最大999円で購入することができ、リスクは購入代金と同等です。ペイアウトは1,000円に固定されています。

スマホからの取引も可能で、取引時間は8時から翌5時までと都合の良い時間帯に取引ができます。


ワイジェイFX

ワイジェイFXではオプトレ!の名前でバイナリーオプションを取り扱っています。1日11回2時間ごとに結果が分かる仕組みで、ラダー取引とレンジ取引が選択可能です。

取扱ペアは8種類で、自分の好きな通貨でバイナリーオプションを行うこともできます。ペイアウトは1口1,000円に設定され、購入した代金以上のリスクは原則発生しません。


ヒロセ通商

ヒロセ通商では、LION BOの名前でバイナリーオプションを取り扱っています。

LION FX口座を持っている場合には、取引画面内のオプション取引で別途申込することでバイナリーオプションの利用が可能です。

取引は1日9回行われ、2時間ごとに結果が分かります。選択できる通貨ペアは5種類です。ペイアウトは1ロット1,000円に設定され、1回ごとに50ロットまで保有できます。


トレイダーズ証券

トレイダーズ証券はみんなのオプションの名前でバイナリーオプションを取り扱っています。ラダー取引とレンジ取引、どちらも選択可能です。

通貨ペアは4種類から選ぶことができます。ペイアウトは1,000円に設定されています。


まとめ

まとめ

ここまで、バイナリーオプションの詳細やバイナリーオプションが取引できる証券会社について見てきました。

内容を簡単にまとめておきましょう。

  • バイナリーオプションは簡単な二者択一の予想をする取引
  • 楽天証券では現在バイナリーオプションの取扱はない
  • 国内では複数の業者がバイナリーオプションを取り扱っている

バイナリーオプションは2013年の規制以降取扱業者が減りましたが、国内でも複数の業者が引き続きバイナリーオプション取引を取り扱っています。

楽天証券は規制によりバイナリーオプション事業から撤退したため、2018年現在はバイナリーオプション取引はできません。

似た取引でオプション取引は可能なため、バイナリーにこだわらない場合は楽天証券でもオプション取引が可能です。

バイナリーオプションにこだわる場合は国内業者と海外業者が選択できますが、国内業者は日本のルールに従って取引を行えるため安全です。

楽天証券の詳細を見てみる

当サイトのおすすめネット証券

SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。
手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

当サイトでももちろんイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。
koushiki2

マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。
koushiki2

カブドットコム証券は投資成績重視の証券会社。自動売買を駆使したきめ細かいリスク管理が可能になるので、結果的に最終的な投資成績を向上させます。

手数料は現物で最低90円からと安くなり、高機能ツールも提供しています。

人気の優待タダ取りに必須の短期一般信用銘柄が豊富で、優待投資派の人にもおすすめの証券会社です。
koushiki2

楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。
koushiki2



注目の新サービス

WealthNavi(ウェルスナビ)

最近話題の「ロボアドバイザー」は、AIが投資判断をして運用をしてくれるサービスです。

中でもウェルスナビが人気で、ロボアドバイザーで預かり資産とユーザー数No1になっています。

ETFで国際分散投資を実施し、再投資リバランスを自動で行うだけでなく、税金も最適化して運用してくれます。

預かり資産にかかる手数料は0.5%から1%となっていて、「長期割」という運用継続期間に応じた割引もあります。

手間を省いて資産運用をしたい人におすすめのサービスで、まずは少額からでも運用結果を見てみましょう。

ウェルスナビで運用プラン診断してみる(無料)



サブコンテンツ

このページの先頭へ