楽天証券のクイック口座開設の方法と開設までの日数、初期設定の方法

楽天証券のクイック口座開設の方法と開設までの日数、初期設定の方法

楽天証券で口座開設を行う場合、クイック口座開設を選択するとオンラインで申込ができます。

楽天証券から口座開設申込書類が届くのを待つ必要がなく、その場で本人確認書類までアップロードできます。

個人情報の入力などは必要ですが、楽天会員の場合は入力項目も減るため手続き自体は5分から10分程度で終わります。

楽天証券の口座開設を短時間で終わらせてしまいたいかたや、郵送での手続きを減らしたいかたにおすすめの開設方法です。

ここでは楽天証券でクイック口座開設を選択した場合の流れや開設までにかかる日数、初期設定の詳細を紹介します。


楽天証券のクイック口座開設の流れ、開設までの日数

楽天証券のクイック口座開設とは

楽天証券のクイック口座開設とは

楽天証券のクイック口座開設は、オンライン上ですべての手続きを終える口座開設方法です。

郵便で本人確認書類や口座開設書類を送付する手間が省けるため、口座開設完了までの時間も短縮することができます。


楽天証券のクイック口座開設の流れ

楽天証券でクイック口座開設を行う場合、楽天証券Webサイトで口座開設の申込を行います。

この時クイック口座開設と通常郵便による口座開設を選択することができます。

本人確認書類をオンラインでアップロードできる環境が整っている場合はクイック口座開設を選択しましょう。

必要な情報を入力し、初期設定を行います。


本人確認書類のアップロードを行う

本人確認書類のアップロードを行う

口座開設申込、初期設定画面の入力が完了すると、本人確認書類のアップロードに進みます。

本人確認書類を撮影してスキャナーやメールでパソコンに取り込み、アップロードを行いましょう。


利用できる本人確認書類
  • 運転免許証(裏表)
  • 住民票の写し
  • 印鑑登録証明書
  • 健康保険証(裏表)
  • パスポート
  • 在留カード・特別永住者証明書(裏表)
  • 住民基本台帳カード
  • 個人番号カード


楽天証券での審査

本人確認書類のアップロード後、楽天証券で審査と口座開設手続きが行われます。審査完了後、楽天証券から「ログイン情報のお知らせ」が届くと口座開設は完了です。

ログイン情報のお知らせにはIDとパスワードが記載されています。


マイナンバーの登録

楽天証券での取引には、マイナンバーの登録が必要です。

IDとパスワードを使って楽天証券マイページにログイン後、マイナンバーを登録します。

マイナンバーの登録は楽天証券のスマートフォンアプリ「iSPEED」や楽天証券Webサイトから可能です。

iSPEEDからアップロードする場合はiSPEEDにログインし、メニューをタップします。マイナンバー登録を選択し、通知カードか個人番号カードの選択後撮影に進みます。

Webサイトから登録する場合は、マイページにログインします。設定・その他からマイナンバー登録を選択し、スマートフォンのカメラでマイナンバーを撮影します。

「アップロード画面へ」をタップすると、マイナンバー登録が可能です。OCRを使いマイナンバーを読み取るため、番号間違いの心配もありません。

スマートフォンを持っていないかたや必要なOS、カメラ機能がない場合は、郵送でもマイナンバー登録ができます。


楽天証券のクイック口座開設にかかる日数

楽天証券のクイック口座開設にかかる日数

楽天証券のクイック口座開設を選択した場合、手続きはすべてオンラインで完了します。

個人情報の入力、初期設定、本人確認書類のアップロードまでは5分から10分程度です。

楽天証券では、クイック口座開設の場合最短3営業日での開設が可能と公開しています。

ただし申込状況や審査の状況、書類の郵送状況によって日数は異なります。

クイック口座開設では手続き完了後、ログイン情報のお知らせが届くのを待つだけで口座開設が完了するため手軽です。

楽天証券のみの口座開設か、楽天銀行やその他の口座開設も同時に申込をしているかで変化しますが、およそ2週間以内には口座開設が完了します。


楽天証券のクイック口座開設時の初期設定の方法

クイック口座開設の初期設定とは

クイック口座開設の初期設定とは

楽天証券でクイック口座開設を行う場合は、オンライン上で開設と同時に初期設定を行います。

口座開設後に設定を行う必要がないため、取引までスムーズに進めることが可能です。

楽天証券の口座開設申込後、楽天証券から申請番号が記載されたメールが届くため、申請番号を使って初期設定画面へログインしましょう。


勤務先と国籍を登録する

初期設定画面では、まず勤務先と国籍を設定します。

勤務先はインサイダー取引の防止のために必要です。また楽天証券は国籍によって利用が制限されるため、登録が必要です。

初期設定画面では該当する職業をプルダウンから選択します。また、勤務先を入力する際には上場会社検索から検索し、銘柄コードと企業名を入力します。

部署名と役職も登録が必要です。

上場会社の主要株主、大株主、元上場企業の役員の場合は、設問の「該当する」を選択します。

また上場企業に勤めている家族がいる場合も登録が必要です。

国籍は日本、中国、韓国、その他から選択します。米国市民または米国居住者の場合は、別途設問があります。


金融機関を登録する

金融機関を登録する

勤務先と国籍の入力後、楽天証券で利用する金融機関を設定します。

金融機関登録画面では、出金先金融機関の設定が必要です。金融機関名、本支店名、預金種目、口座番号を入力します。

なお口座名義人は楽天証券の名義と同一である必要があります。


株式配当金の受取方法を選択する

株式配当金の受取方法を3種類から選択できます。証券口座での受取、銀行口座での受取、郵便局での受取の3種類です。

銀行口座での受取は出金先口座に登録した口座か、別の口座を選択することができます。


特定口座の申込を選択する

特定口座を開設すると、確定申告の負担が軽減します。

初期設定時に特定口座の開設をするか、開設しないかを選択可能です。

開設する場合は源泉徴収ありと源泉徴収なしから選ぶことができます。

源泉徴収ありを選択した場合、原則確定申告は不要です。


取引暗証番号を登録する

楽天証券の取引暗証番号は、取引や変更手続きの際に必要です。

4桁の数字で設定することができますが、推測されやすい誕生日や電話番号、4桁とも同一の数字などは避けましょう。


アンケートに回答する

アンケートに回答する

証券会社の口座を開設する場合は、日本証券業組合の規則によりアンケートの回答が必須です。

投資経験の有無、投資経験のある商品、興味がある投資商品を選択します。

また口座開設の動悸や投資目的、資産についても簡易に答える必要があります。


手数料コースを選択する

楽天証券では3種類の手数料コースから、好きなコースを選択することができます。

初期設定で設定した手数料コースはいつでも変更が可能です。

超割コース、ワンショットコース、一日定額コースから投資目的や金額に合ったコースを選択しておきましょう。


ポイントプログラムを設定する

ポイントプログラムを設定する

楽天証券では取引や友達紹介プログラムなどでポイントをもらうことができます。

ポイント受取は楽天証券ポイントコースと楽天スーパーポイントコースの2種類から選択が可能です。

なお楽天スーパーポイントコースを選択するには、楽天会員の登録と楽天スーパーポイント口座番号の登録が必要です。


入力した内容を確認する

最後に、ここまで入力した内容を確認する画面へ遷移します。

修正が必要ない場合は「登録する」をクリックすると本人確認書類アップロードへ進みます。


楽天証券の初期設定時の注意

楽天証券で初期設定を行う場合は、PCで行う必要があります。スマートフォンから手続きすることはできないため、注意しましょう。

なお、本人確認書類のアップロードもPCから行います。


ログイン情報のお知らせが届いてからの初期設定

クイック口座開設の場合、ほとんどの初期設定は口座開設時に完了しています。

必要な作業はマイナンバーの登録や、仮パスワードの変更です。変更後のパスワードは取引の際に必要となるため、必ず手元で管理しましょう。


まとめ

まとめ

ここまで楽天証券のクイック口座開設について見てきました。

内容を簡単にまとめておきましょう。

  • 楽天証券はクイック口座開設を選択することでオンライン申込が可能
  • 口座開設までの日数は最短で3営業日
  • 初期設定では勤務先や国籍、金融機関などの登録を行う

楽天証券では郵送での口座開設の他に、クイック口座開設を選択することができます。

クイック口座開設は口座申込だけでなく初期設定や本人確認書類の提出もオンライン上で行うため、開設までの日数が短縮されることが特徴です。

最短では3営業日で口座開設が完了します。初期設定を口座開設申込と同時に行うため、ログインIDとパスワードが届いてからはマイナンバーの登録をするだけで取引が可能です。

楽天証券の詳細を見てみる

当サイトのおすすめネット証券

SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。
手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

当サイトでももちろんイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。
koushiki2

マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。
koushiki2

カブドットコム証券は投資成績重視の証券会社。自動売買を駆使したきめ細かいリスク管理が可能になるので、結果的に最終的な投資成績を向上させます。

手数料は現物で最低90円からと安くなり、高機能ツールも提供しています。

人気の優待タダ取りに必須の短期一般信用銘柄が豊富で、優待投資派の人にもおすすめの証券会社です。
koushiki2

楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。
koushiki2



注目の新サービス

WealthNavi(ウェルスナビ)

最近話題の「ロボアドバイザー」は、AIが投資判断をして運用をしてくれるサービスです。

中でもウェルスナビが人気で、ロボアドバイザーで預かり資産とユーザー数No1になっています。

ETFで国際分散投資を実施し、再投資リバランスを自動で行うだけでなく、税金も最適化して運用してくれます。

預かり資産にかかる手数料は0.5%から1%となっていて、「長期割」という運用継続期間に応じた割引もあります。

手間を省いて資産運用をしたい人におすすめのサービスで、まずは少額からでも運用結果を見てみましょう。

ウェルスナビで運用プラン診断してみる(無料)



サブコンテンツ

このページの先頭へ