楽天証券のリアルタイムスプレッドシートの利用方法、活用方法

楽天証券のリアルタイムスプレッドシートの利用方法、活用方法

リアルタイムスプレッドシートは、マーケットスピード内のツールです。

Excel上でデータを表示させ、編集ができることが特徴です。楽天証券ではリアルタイムスプレッドシートを使うことで、表計算を行い手軽にポートフォリオの作成やオリジナルシートを作ることができます。

ここではリアルタイムスプレッドシートの利用方法や、活用方法を紹介します。


楽天証券のリアルタイムスプレッドシートの利用方法、活用方法

楽天証券のリアルタイムスプレッドシートとは

楽天証券のリアルタイムスプレッドシートとは

楽天証券のマーケットスピードでは、リアルタイムスプレッドシートを利用することが可能です。

リアルタイムスプレッドシートは、Excelを使って市況情報が確認できるツールです。情報はリアルタイムで更新されます。

Excelを使い慣れているかたなら、見やすいシートで株価をチェックすることができるためおすすめできるツールです。


マーケットスピードでリアルタイムスプレッドシートを利用する方法

楽天証券では、マーケットスピードのインストールとは別にリアルタイムスプレッドシートの設定を行う必要があります。

マーケットスピードが無料対象の場合は、リアルタイムスプレッドシートも無料で利用可能です。

Excelのバージョンによって細かい設定方法は異なりますが、基本的な設定方法を紹介します。


リアルタイムスプレッドシートの動作環境

リアルタイムスプレッドシートの動作環境

リアルタイムスプレッドシートは、2018年現在Windows7から10までのOSと、Excel2007から2016間でのバージョンに対応しています。


Excelのアドイン登録を行う

Excelの画面を開き、左上のファイルボタンをクリックします。メニュー画面でオプションを選択し、アドインをクリックします。

設定ボタンを押し、アドインの画面で参照ボタンを選択しましょう。ファイルの参照画面が開くので、コンピューターからOS(C:)をダブルクリックします。

OS(C:)内にProgram Filesのフォルダがあるためダブルクリックすると、MarKet Speedのフォルダ画面が現れます。

MarKet Speedをダブルクリックし、再度MarKet Speedのフォルダが現れるのでもう一度ダブルクリックします。

Realtime Spread Sheet(.xla)が表示され、クリックするとアドインの画面が開きます。

Realtime Spread Sheetにチェックが入っていることを確認し、OKボタンをクリックするとアドイン登録の設定は終了です。

Excel内のアドインタブ内にRSSアイコンが表示されると、リアルタイムスプレッドシートの起動が可能です。


RSS関数の設定で更に便利に利用できる

RSS関数の設定で更に便利に利用できる

アドイン設定からRSS関数を登録することで、株式登録エディタから自由に関数を入力することができます。

アドイン登録の終了後、Excel画面上で株式登録エディタの赤いアイコンをクリックするとRSS関数の登録が可能です。


リアルタイムスプレッドシートの起動方法

リアルタイムスプレッドシートは、マーケットスピードと連携しています。そのため、事前にマーケットスピードにログインしてからリアルタイムスプレッドシートを起動させる必要があります。

その後、データ表示のためにExcelを起動します。この順序で起動することで、Excelのセル上にマーケットスピードの小情報を表示することが可能です。


リアルスプレッドシートの活用方法

オリジナルのExcelシートを作成する

リアルタイムスプレッドシートでは、市況情報に表示される値を好きなように取得できます。

そのため自分が注目している銘柄のみを設定するなど、独自性の高いオリジナルシートを作成することができます。

マーケットスピードのWebサイトからRSSサンプルワークシートをダウンロードすることで、初心者でもオリジナルシート作成の練習が可能です。


マーケットスピード内ではできない計算も関数の活用で可能に

Excel画面上では、表計算の形で市況情報が確認できます。

マーケットスピードでは保有銘柄に限りポートフォリオが確認できますが、リアルタイムスプレッドシートではRSS関数を組み合わせて計算が可能です。

たとえば任意の銘柄の時価評価額や評価損益額、投資額と保有数量などを設定して結果を確認することが可能です。


まとめ

まとめ

ここまで、リアルタイムスプレッドシートの利用方法や活用方法を見てきました。

内容を簡単にまとめておきましょう。

  • リアルタイムスプレッドシートはExcel上に市況情報を表示させるツール
  • PC内のExcelで株価やマーケット情報がリアルタイムに更新される
  • 自在に編集ができるためオリジナルのシート作成も可能

楽天証券にはExcelを普段から活用しているかたのために、マーケットスピードのツールにリアルタイムスプレッドシートを用意しています。

Excelのシート上でマーケットスピード内の情報を自由に表示させることができます。

情報はExcelシート状でリアルタイムに更新され、通常のExcelデータと同様に編集や関数を使った計算も行うことが可能です。

マーケットスピード内の情報を好きなように組み合わせて表示できるため、ポートフォリオの作成やオリジナルのシート作成にも活用可能です。

楽天証券の詳細を見てみる

当サイトのおすすめネット証券

SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。
手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

当サイトでももちろんイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。
koushiki2

マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。
koushiki2

カブドットコム証券は投資成績重視の証券会社。自動売買を駆使したきめ細かいリスク管理が可能になるので、結果的に最終的な投資成績を向上させます。

手数料は現物で最低90円からと安くなり、高機能ツールも提供しています。

人気の優待タダ取りに必須の短期一般信用銘柄が豊富で、優待投資派の人にもおすすめの証券会社です。
koushiki2

楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。
koushiki2



注目の新サービス

WealthNavi(ウェルスナビ)

最近話題の「ロボアドバイザー」は、AIが投資判断をして運用をしてくれるサービスです。

中でもウェルスナビが人気で、ロボアドバイザーで預かり資産とユーザー数No1になっています。

ETFで国際分散投資を実施し、再投資リバランスを自動で行うだけでなく、税金も最適化して運用してくれます。

預かり資産にかかる手数料は0.5%から1%となっていて、「長期割」という運用継続期間に応じた割引もあります。

手間を省いて資産運用をしたい人におすすめのサービスで、まずは少額からでも運用結果を見てみましょう。

ウェルスナビで運用プラン診断してみる(無料)



サブコンテンツ

このページの先頭へ