SBI証券のログイン方法とログイン後にできること

SBI証券のログイン方法とログイン後にできること

SBI証券の口座開設後は、ログイン後に取引が可能です。

SBI証券はWebサイトのパスワード以外にスマートフォン用のパスワードが別途設定できるなど、ログイン方法に種類があります。

ここではSBI証券のログイン方法やログイン後にできること、ログインができない場合の原因や対処法をまとめました。


SBI証券のログイン方法とログイン後にできること

口座開設後の初回ログイン

口座開設後の初回ログイン

SBI証券ではオンライン口座開設、郵送口座開設が可能です。どちらを選択しても、ユーザーネームとパスワードが発行されます。

オンライン口座開設では申込フォームの受付完了画面、郵送の場合は自宅に届く口座開設手続き完了のご案内にユーザーネームとパスワードが記載されるため確認しましょう。

初回ログインの場合は初回ログインフォームから、ユーザーネームとパスワードを入力しログインします。

初回ログイン時は初期設定が必要です。初回ログインフォームからログインすると、初期設定画面が開きます。初期設定の内容は以下です。

  • 連絡先と勤務先の設定
  • 世帯主の設定
  • インサイダー登録
  • 振込先金融機関登録
  • 国内株式手数料プランと株式数比例配分方式の登録
  • 投資に関する質問
  • アンケート回答
  • 総合口座以外の口座開設申込
  • SBI証券サービスの利用登録


SBI証券Webサイトのログイン方法

初期設定以降は、SBI証券Webサイトのトップページからログインが可能です。画面右側にユーザーネームとパスワードを入力する画面があります。


SBI証券スマートフォンサイトのログイン方法

SBI証券のスマートフォンサイトでは、ユーザーネームとパスワードでのログイン以外に口座番号でのログインが選択できます。口座番号のログインの場合は、別途数字のみのモバイルパスワードを設定します。

初期状態ではユーザーネームとパスワードの組み合わせでログインが可能です。モバイルパスワードはWebサイトログイン後、口座管理のお客さま情報 設定・変更から、モバイルパスワード登録・変更画面で任意のパスワードを設定できます。


SBI証券アプリのログイン方法

SBI証券では、アプリで取引が可能です。iOSではApp Store、AndroidではPlayストアからアプリがダウンロードできます。

アプリにはユーザーネームとパスワードでログインします。初回ログイン時に自動ログイン設定を行うと、次回以降自動でログインできるように設定されます。


SBI証券マイページへログイン後にできること

投資商品の取引

投資商品の取引

株式、債券、投資信託などの各種取引ができます。FXや先物取引、信用取引などは別途口座開設が必要です。ログイン後画面で口座開設申込もできます。


設定・変更

顧客情報の変更や確認、手数料プランの変更など各種手続きができます。住信SBIネット銀行の連携なども可能です。


入出金

入金指示画面から、即時入金が可能です。提携金融機関のネットバンキングを利用し、リアルタイムで入金ができます。銀行振込を利用する場合は、振込先も確認が可能です。

出金指示画面からは、出金手続きが可能です。登録された出金先口座に出金されます。


ATMカードの申込

SBI証券では入出金にATMカードを利用できます。ATMカードの申込はログイン後入出金・振替タブのATMカード発行から申込が可能です。キャッシュカードとクレジットカード付きキャッシュカードが選べます。


メッセージボックスの確認

ログイン後のホーム画面でSBI証券からのお知らせが確認できます。表示内容は「重要なお知らせ」、「当社からのお知らせ」、「国内株式約定のお知らせ」の3種類です。最新の情報が3件まで表示されます。


保有投資商品の詳細確認

ログイン後画面では、ポートフォリオの確認が可能です。ポートフォリオでは保有している商品の時価などを一覧でチェックできます。


SBI証券にログインできない場合の原因、対処法

ユーザーネームとパスワードを確認する

ユーザーネームとパスワードを確認する

SBI証券にログインできない場合、ユーザーネームかパスワードが間違っている可能性があります。ユーザーネームは変更できませんが、パスワードは自由に変更が可能です。パスワードを変更した記憶がある場合は、変更後のパスワードを入力しましょう。

ブラウザの状態や文字数などを確認し、再度ログインを行いましょう。4回以上続けて間違った場合は、一度すべての画面を閉じ、再度ブラウザを起動させる必要があります。


SBI証券のユーザーネームとパスワードの文字数

SBI証券ではユーザーネームが半角英数6文字以上16文字以内、パスワードは半角英数6文字以上10文字以内で設定されます。

パスワードに文字数上限を超える文字を設定した場合、最初の10文字のみ登録されます。


半角英数で入力されているか確認する方法

Webサイトにあるセキュリティボードを利用するか、文字種類が半角英数になっているか確認を行いましょう。


文字を間違えていないか確認する

アルファベットのOと数字の0、アルファベットのIと数字の1など、似た文字を間違っている可能性があります。

口座開設手続き完了のご案内やパスワード再発行通知にはふりがなが記載されているため確認しましょう。


数字の入力ができているか確認する

PCで数字を入力している場合、NumLockキーを押したことで数字入力ができていない可能性があります。

一度NumLockキーを押してから、数字入力を試みるようにしましょう。


ユーザーネームの確認方法

ユーザーネームを忘れてしまった場合、口座開設手続き完了のご案内に記載されています。書類を紛失した時はカスタマーサービスセンターに連絡しましょう。年末年始を除く平日8時から18時まで対応しています。

また平日8時から18時までの電話連絡が難しい場合は書面でも手続きが可能です。登録事項変更届出書をダウンロードし、SBI証券に送付します。


パスワードの確認・変更方法

初期設定からパスワードを変更していない場合は、口座開設手続きのご案内に記載されています。パスワード変更をしている場合は、パスワード再発行通知に記載されます。

書類や通知を紛失した時は、再発行で対応しましょう。

ユーザーネームが分かっていて、SBI証券にメールアドレスを登録しているとWebサイトで再発行手続きが可能です。メールアドレスを設定していないかたや使えないメールアドレスが登録されている場合は、カスタマーサービスセンターに連絡が必要です。

カスタマーサービスセンターに連絡後、パスワードが記載された書類が簡易書留で届きます。住所が変更されている場合は事前に住所変更の手続きが必要です。住所変更手続きもカスタマーサービスセンターで対応可能です。


メンテナンスが行われている

メンテナンスが行われている

メンテナンス中はログインや取引ができません。一部の取引のみ制限されている時間帯はログインできますが、すべてのサービスのメンテナンスが行われるケースではログインができないケースがあります。


SBI証券のメンテナンス時間

SBI証券のWebサイトですべてのサービスが停止するのは毎日4時から6時頃、金曜日の16時から20時頃、日曜日の2時から4時頃です。

スマートフォンサイトは日曜日の5時から6時頃、HYPER SBIは毎日6時頃、FX取引サイトは月曜日6時30分から7時、火曜日から土曜日は冬時間で6時30分から7時、夏時間では5時30分から6時です。

先物・オプション取引サイトは土曜日の7時30分から9時30分、くりっく株取引サイトは火曜日から金曜日の冬時間は6時55分から7時35分、夏時間では5時55分から6時35分、土曜日の冬時間は6時から13時、夏時間は5時から13時です。

金・プラチナ取引サイトは土曜日の8時から9時頃にメンテナンスが行われます。すべてのサービスのメンテナンス中は、すでにログインしている場合でも自動的にログアウトされることがあります。

また、臨時メンテナンスの情報はWebサイトのお知らせに記載されます。


SBI証券側の不具合

ユーザーネームやパスワードの間違い、メンテナンス予定もない時にログインできない場合はSBI証券側の不具合の可能性があります。

不具合の情報が発表されるのを待つか、問い合わせで対処が可能です。


まとめ

まとめ

ここまで、SBI証券のログイン方法について見てきました。

内容を簡単にまとめておきましょう。

  • SBI証券では初回ログイン時に専用フォームから初期設定が必要
  • スマートフォンやモバイルでは専用パスワードの設定が可能
  • ログインができない場合はパスワード間違いやメンテナンス時間を確認する

SBI証券では口座開設後の初回ログインは専用フォームから行います。初期設定後に取引が可能です。オンライン口座開設の場合は、初期設定後口座開設の通知が届いてから取引ができます。

ログイン後画面では取引だけでなく各種設定や変更もでき、保有商品の状況も確認できます。

ログインができない場合の主な原因はユーザーネーム・パスワード間違いです。ユーザーネームやパスワードが分からなくなった場合は、カスタマーセンターで手続きができます。

パスワードのみ再発行する場合は、Webサイトですぐに手続きすることもでき便利です。

その他メンテナンス時間中や不具合発生時にログインができないケースがあるため、確認しましょう。

SBI証券の詳細を見てみる

当サイトのおすすめネット証券

SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。
手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

当サイトでももちろんイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。
koushiki2

マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。
koushiki2

カブドットコム証券は投資成績重視の証券会社。自動売買を駆使したきめ細かいリスク管理が可能になるので、結果的に最終的な投資成績を向上させます。

手数料は現物で最低90円からと安くなり、高機能ツールも提供しています。

人気の優待タダ取りに必須の短期一般信用銘柄が豊富で、優待投資派の人にもおすすめの証券会社です。
koushiki2

楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。
koushiki2



注目の新サービス

WealthNavi(ウェルスナビ)

最近話題の「ロボアドバイザー」は、AIが投資判断をして運用をしてくれるサービスです。

中でもウェルスナビが人気で、ロボアドバイザーで預かり資産とユーザー数No1になっています。

ETFで国際分散投資を実施し、再投資リバランスを自動で行うだけでなく、税金も最適化して運用してくれます。

預かり資産にかかる手数料は0.5%から1%となっていて、「長期割」という運用継続期間に応じた割引もあります。

手間を省いて資産運用をしたい人におすすめのサービスで、まずは少額からでも運用結果を見てみましょう。

ウェルスナビで運用プラン診断してみる(無料)



サブコンテンツ

このページの先頭へ