SBI証券はMacでも使える?各サービスのMacへの対応状況と注意点

SBI証券はMacでも使える?各サービスのMacへの対応状況と注意点

SBI証券ではWindowsだけでなく、Macに対応するサービスも提供しています。

取引内容や利用ツールによってはMacでも取引が可能ですが、一部非対応のツールもあるため注意が必要です。

ここではSBI証券の推奨環境や、Macへの対応状況をまとめました。


SBI証券はMacでも使える?各サービスのMacへの対応状況と注意点

SBI証券のWebサイトの推奨環境

SBI証券のWebサイトの推奨環境

SBI証券のWebサイトはWindowsだけでなくMacにも対応しています。Webサイト上で取引を行う場合、Macでも動作保証されているため安心です。

しかし即時入金サービスなどは一部動作保証対象外のため、あらかじめ利用するサービスをチェックしておくことが大切です。


推奨環境

OS

Mac OS X v10.9 (Mavericks)
Mac OS X v10.10 (Yosemite)
Mac OS X v10.11 (El Capitan)


ブラウザ

Safari 7
Safari 8
Safari 9
Mozilla Firefox 最新版


HYPER SBIの推奨環境

SBI証券の取引ツールでもあるHYPER SBIはMacに対応していません。HYPER SBIを利用して取引を行いたい場合はWindowsが必須です。

OSはWindows 7、8.1、10で、全般サービスを利用するにはメモリが4G以上、ハードディスクに2GB以上の空き容量が必要です。

また通信環境は光回線などの高速回線が推奨されています。


株価自動更新機能の推奨環境

SBI証券の株価自動更新機能は、Macにも対応しています。Webサイトと同様のOS、ブラウザが対象です。

Macでも自動的にリアルタイムで株価が更新されるため、その時の状況を把握できます。


電子交付サービスの推奨環境

電子交付サービスもMacで利用可能です。

OSはWebサイトと同様のものが対応しており、ブラウザはSafari 7.0、8.0、9.0が対象です。Adobe ReaderはXI、DCが必要です。


口座開設申込書の請求サービス

口座開設申込書の請求サービス

MacでもWebサイトが閲覧できるため、口座開設申込書の請求も可能です。

申込書の印刷にも対応しています。


Macで取引ツールを利用したい場合

SBI証券のHYPER SBIはMacに対応していないため、Macのみで取引ツールを利用したい場合は他社の検討がおすすめです。

Mac対応の取引ツールを提供している証券会社には、楽天証券GMOクリック証券などがあります。

トレード向けのツールがMacでも通常に利用できるため、動作保証を求める場合は検討してみましょう。

MacBookでもWindowsのインストールは可能になっており、Windowsを併用する前提でHYPER SBIの利用自体は可能です。

SBI証券の取引ツールに魅力を感じているなら、MacBookでWindowsをインストールして利用してみても良いでしょう。


SBI証券でMacを利用する際の注意点

SBI証券ではWebサイトがMacに対応しており、Macからでも口座開設申込が可能です。

そのためMacで問題なくSBI証券を利用できると思いがちですが、取引ツールのHYPER SBIはMac非対応です。

またWebサイトでも即時入金サービスの一部など、Macの動作対象外サービスがあります。

スマートフォンやアプリ取引、Windowsを併用して利用する場合には大きな問題はありませんが、MacのみでSBI証券を利用する際は対象外サービスがあることを理解しておきましょう。

Macの対象サービスでも推奨OSやブラウザが決まっているため、利用中のOSやブラウザの確認も必要です。


まとめ

まとめ

ここまでSBI証券の各サービスとMacへの対応状況について見てきました。

内容をまとめておきましょう。

  • SBI証券のWebサイトはMacにも対応している
  • 取引ツールのHYPER SBIは対応していない
  • 他社ではMac向けの取引ツールも提供されている

SBI証券でMacを利用したい場合、Webサイトをメインに利用するかたは大半のサービスがMacに対応しています。

しかし取引ツールのHYPER SBIをメインに利用したい場合、Macは動作保証対象外のため注意が必要です。

SBI証券でHYPER SBIを利用する場合は、Windowsの併用が必須です。楽天証券GMOクリック証券ではMac対応の取引ツールも提供しています。

どうしてもMacのみで取引を行いたい場合は、他社を検討することもおすすめします。

SBI証券の詳細を見てみる

当サイトのおすすめネット証券

SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。
手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

当サイトでももちろんイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。
koushiki2

マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。
koushiki2

カブドットコム証券は投資成績重視の証券会社。自動売買を駆使したきめ細かいリスク管理が可能になるので、結果的に最終的な投資成績を向上させます。

手数料は現物で最低90円からと安くなり、高機能ツールも提供しています。

人気の優待タダ取りに必須の短期一般信用銘柄が豊富で、優待投資派の人にもおすすめの証券会社です。
koushiki2

楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。
koushiki2



注目の新サービス

WealthNavi(ウェルスナビ)

最近話題の「ロボアドバイザー」は、AIが投資判断をして運用をしてくれるサービスです。

中でもウェルスナビが人気で、ロボアドバイザーで預かり資産とユーザー数No1になっています。

ETFで国際分散投資を実施し、再投資リバランスを自動で行うだけでなく、税金も最適化して運用してくれます。

預かり資産にかかる手数料は0.5%から1%となっていて、「長期割」という運用継続期間に応じた割引もあります。

手間を省いて資産運用をしたい人におすすめのサービスで、まずは少額からでも運用結果を見てみましょう。

ウェルスナビで運用プラン診断してみる(無料)



サブコンテンツ

このページの先頭へ