「テクニカル指標の基礎と活用」の記事一覧

エリオット波動理論でテクニカルの基本的考えを学ぶ

DMM FX 特徴

テクニカル分析の考え他を学ぶ上でエリオット波動理論を知っておくと、テクニカル分析の考え方が入ってきやすいです。 エリオット波動理論とは? エリオット波動理論とは、アメリカのラルフ・ネルソン・エリオットという人が考案した株・・・

ボラティリティ指数で値動きの荒さを把握する

DMM FX 特徴

ボラティリティとは ボラティリティとは価格変動の大きさを表す言葉で、「今日はボラティリティが大きい日だ」とか「この銘柄は全然ボラティリティがないから値幅が取りづらい」などなど投資をしていると一般的によく聞く言葉です。 上・・・

サイコロジカルラインは投資家の心理から相場を読み取る指標

DMM FX 特徴

サイコロジカルラインとは サイコロジカルラインとは投資家の心理を数値化して、それをもとに未来の株価を予想するためのテクニカル指標です。簡単にいうと星取り表ですね。 具体的には期間内で値上がりしている日を「勝ち」、値下がり・・・

エンベロープは移動平均線を応用利用したトレンド系指標

DMM FX 特徴

エンベロープとは エンベロープは移動平均線をより活用するためのテクニカル指標で、移動平均線から一定割合の価格に線を引きトレンドと値幅を確認します。 抵抗線、支持線としても利用できるので移動平均を使ってより詳細な分析をした・・・

モメンタムで相場の行き過ぎを狙う

DMM FX 特徴

モメンタムとは モメンタムとは相場の勢いを数値化することで、現在の株価水準が行き過ぎなのか適正なのかを判断して分析するためのテクニカル指標です。 基本的には指標を活用して相場の勢いの変化や買われすぎ、売られすぎのタイミン・・・

ウィリアムズ%Rは値幅をもとに買われすぎ売られすぎを分析する

DMM FX 特徴

ウィリアムズ%Rとは ウィリアムズ%Rとは値幅をもとに相場の過熱感を見るオシレーター系のテクニカル指標です。 指標の名前に「%」などが入ると、難しそうで敬遠しがちですが、シンプルで根強いファンが多いテクニカル指標でもあり・・・

RCIは相場の過熱感を読み取る指標

DMM FX 特徴

RCIとは RCIは相場の過熱感を数値化し買われすぎ、売られすぎを判断する代表的なオシレーター系のテクニカル指標です。 RCIは「Rank Correlation Index」という指標で、日本語では「順位相関指数」とい・・・

移動平均乖離率でトレンドとの差を確認

DMM FX 特徴

移動平均乖離率とは 移動平均乖離率とは株価が移動平均株価からどれくらい離れているかを示すテクニカル指標です。 乖離率が大きいとトレンドである移動平均に戻るような値動きをすることに期待して投資をすることになります。 また乖・・・

フィボナッチラインで値幅を予測する

DMM FX 特徴

フィボナッチラインとは フィボナッチラインとはフィボナッチ比率にラインを引いて抵抗線、支持線として使用するテクニカル指標です。 フィボナッチ比率とはイタリアの数学者レオナルド・フィボナッチが研究したことで名づけられた不思・・・

DMIは相場の方向性をとらえるテクニカル指標

DMM FX 特徴

DMIとは DMIとはトレンド系のテクニカル指標で相場の方向性をとらえ、相場の上昇力を+DI、下落力を-DIとして方向性を数値で表す指標です。 +DI、-DIの単独の数値および2つの指標の関係からその後の相場のトレンドを・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ