「各社の特長を調べて選ぶ」の記事一覧(3 / 49ページ)

マネックス証券のIPOで入金が必要なタイミングと出金可能になるタイミング

マネックス証券のIPOは平等な抽選が行われるため、申込株数が少ない場合でも当選しやすいしくみです。 当選後のキャンセルも可能で、比較的柔軟な対応ができます。しかしその分資金の入金タイミングは早めです。 資金拘束や出金でき・・・

米国株、海外ETFにおすすめの証券会社を手数料、銘柄数、指値期間で比較

米国株や海外ETFの取扱がある証券会社も増えていますが、証券会社ごとに取扱内容や手数料は異なります。 手数料だけでなく銘柄数や時間外取引の有無など比較内容はたくさんありますが、ここでは手数料、銘柄数、指値期間、時間外取引・・・

ゆうちょ銀行からマネックス証券へ入金する方法

ゆうちょ銀行の口座を利用しているかたは多く、証券会社でも即時入金対応をしているところがたくさんあります。 マネックス証券でもゆうちょ銀行からの即時入金や、出金先口座登録に対応しています。 ここではマネックス証券でゆうちょ・・・

マネックス証券の毎日積立の特徴、手数料、利用可能な口座

マネックス証券は、2018年6月末現在の信用取引口座数が121,069口座です。 取り扱う投信の銘柄数が多い上、2017年9月より始まった「ゼロ投信つみたて」により、低額で手数料無料の積立設定が可能となったからです。 こ・・・

マネックス証券のNISAで米国株を取引する方法

楽天証券 ポイント

マネックス証券は米国株取引がしやすい証券会社で、取引手数料も安く設定されています。 NISA口座では利益分にかかる税金が非課税となるメリットの他に、取引手数料面でも優遇があります。 ここではマネックス証券のNISAで米国・・・

マネックス証券の「くりっく株365」の特徴、手数料、メリット

くりっく株365は店頭CFDに似た取引ですが、投資家保護の対象で、一般顧客の場合1,000万円まで補償されます。 店頭CFDは保護の対象外のため、くりっく株365は万が一の時も安心して取引できる商品です。 また日本の祝日・・・

マネックス証券と楽天証券の手数料、取扱商品を比較

マネックス証券と楽天証券は利用者も多く、使いやすいネット証券です。 手数料や取扱商品は異なるため、目的に合わせて選ぶことをおすすめします。 ここではマネックス証券と楽天証券の手数料、取扱商品を比較します。 マネックス証券・・・

マネックス証券で本人確認書類が必要となるケース、提出方法

証券会社ではマイナンバーや本人確認書類の提出が必要です。マネックス証券でも、主に口座開設時などに提出が求められます。 証券会社ごとに必要な本人確認書類は異なり、特にアップロードに対応している本人確認書類は会社によって差が・・・

ひふみプラスはマネックス証券で取引できる?

DMM FX 特徴

ひふみプラスは日本の企業に投資をしたいかたに最適な投資商品です。 ハイリスクハイリターンではなく、着実に資産を守りながら増やすことを目標としています。 様々な金融機関で取り扱われていますが、ネット証券でも人気です。 ここ・・・

マネックス証券の米国ETFの人気銘柄、手数料、注文方法

マネックス証券は米国株を多数取り扱っており、外国株を取引したいかたに人気です。 米国ETFの取扱も多く、ゼロETFで取引手数料が無料となる銘柄もあります。取引手数料分のコストがかからないことで、他社に比べて利益が出やすい・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ