金持ち父さんが教えてくれる投資の必要性

最終更新日: 2014年6月11日

金持ち父さん貧乏父さんという本をご存知でしょうか?

多くの個人投資家に影響を与えたベストセラーです。

内容を一言で言うと私個人は労働以外の収入源の確保の必要性を説いていると理解しています。

本の内容としては主人公が教師という立派な職業である実の父(貧乏父さん)と主人公に人生の教訓を教える事業家(金持ち父さん)と接しながらお金との関わり方について考えていくという物語として進んでいきます。

貧乏父さんは働くことの素晴らしさを説きます。

一方で金持ち父さんは経済的自由を手に入れることの重要性を説きます。また金持ち父さんは主人公が金持ちになるにはどうしたらよいかを教えてくれます。

金持ち父さんは金持ちになるにはお金についての知識(ファイナンススキル)をつけることが不可欠であるとしています。

色々な話が出てきますが、私は資産と負債の考え方が印象的です。

多くの人は車や持ち家を買うために頑張って働きます。そして買う時はローンを組んで買います。多くの人が持ち家や車は資産だと思って買っていますが、金持ち父さんが考える資産とはキャッシュを生むものです。借金をして買うと当然利息を払うことになりますので、結果としてここで買った持ち家や車は負のキャッシュを生む存在となり、負債となります。

金持ちはキャッシュを生む資産を持ち、資産から生み出されたキャッシュでほしいものを買うと言います。

このような資産と負債の考え方は言われてみると当たり前ですが、印象的です。

またお金を稼ぐということについても金持ち父さんは持論を展開します。

人がお金を稼ぐ稼ぎ方は大きく労働者、自営業者、経営者、資本家の4分類であるとして、労働者は労働力を提供してお金をもらうこと、自営業者は自分で労働も経営も資本提供もすること、経営者は労働者を働かせることでお金をもらうこと、資本家は資本提供(お金を出す)ことでその対価を得る人です。

事業にはお金と労働とそのお金と労働を管理する経営の3つが必要になります。その3つのうちの何かを提供することで事業で得た果実(お金)を得ることができます。

このように書くと平等のようですが、実際は資本家が資本提供するお金をもとに経営者は労働者にお金を分配しますので、労働者の条件を決めるのは経営者であり資本家です。資本家→経営者→労働者という関係になります。

労働者が提供するのは労働力=時間であるため、労働者の自由な時間は限られ、経営者は労働者を働かせることにより自由な時間を得ます。

労働者は自由な時間を得るにはお金を生み出す仕組みを作り、労働時間を減らすか別の分類に移動するしかありません。

お金を生み出す仕組みはつまり資産を持つことです。人によって資産は異なりますが、経済的自由を手に入れるためには資産を持つ必要があります。

もしすぐに他の分類に移動ができないのであれば、ためたお金は資産に向けて経済的自由を手に入れるための準備をすべきだと金持ち父さんは言います。

物語は主人公が自営業から経営者、資本家へと変わっていく形で進んでいきます。実際の物語の結末は書籍を読んでいただくとして、重要なのは資産を手にすることの重要性と手段です。

給料以外の収入は誰もが欲しいところでしょう。働きながらということだと副業ということもできますが、何をすればよいかわからず、会社によっては禁止されているところもあると思います。

やるべきことが明確であり、ほぼ全員がすぐに始められるのが株式投資です。

このような考えから金持ち父さんの教えは多くの人にとって株式投資を始めるきっかけとなっているのです。

少し前のアメリカの本であることから、現在の日本で暮らす私たちには話を置き換える必要がありますが、特に現在会社員として働いている方には気付きを与えてくれる本です。


当サイトのおすすめネット証券

SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。
手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

当サイトでももちろんイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。
koushiki2

カブドットコム証券は投資成績重視の証券会社。自動売買を駆使したきめ細かいリスク管理が可能になるので、結果的に最終的な投資成績を向上させます。

手数料は現物で最低90円からと安くなり、高機能ツールも提供しています。

人気の優待タダ取りに必須の短期一般信用銘柄が豊富で、優待投資派の人にもおすすめの証券会社です。
koushiki2

マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。
koushiki2

楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。
koushiki2



注目の新サービス

WealthNavi(ウェルスナビ)

最近話題の「ロボアドバイザー」は、AIが投資判断をして運用をしてくれるサービスです。

中でもウェルスナビが人気で、ロボアドバイザーで預かり資産とユーザー数No1になっています。

ETFで国際分散投資を実施し、再投資リバランスを自動で行うだけでなく、税金も最適化して運用してくれます。

預かり資産にかかる手数料は0.5%から1%となっていて、「長期割」という運用継続期間に応じた割引もあります。

手間を省いて資産運用をしたい人におすすめのサービスで、まずは少額からでも運用結果を見てみましょう。

ウェルスナビで運用プラン診断してみる(無料)



サブコンテンツ

このページの先頭へ