1から学ぶオプション取引!オプション取引とは

最終更新日: 2014年6月11日

オプション取引とは

オプションとは権利のことで、金融商品でオプションというと、「ある商品を特定の価格で買う(売る)権利」でオプション取引とはその権利を売買することをいいます。


オプション取引のしくみ

オプション取引は買う権利を「コール」、売る権利を「プット」といいます。

それぞれに買い手と売り手がいて、オプション取引が成立すると買い手はオプションの代金(プレミアム)を支払い、売り手は買い手からオプションの代金(プレミアム)を受け取ることになります。

なのでオプション取引には1.コールの買い手、2.コールの売り手、3.プットの買い手、4.プットの売り手の4種類の立場があります。

それぞれの立場の人が対象の原資産の値動きによりどのような損得になるかを理解しておく必要があります。次はオプション取引の流れと損益が発生するしくみについて説明していきます。

042490 POINT!

  • オプションはコールの買い手と売り手、プットの買い手と売り手の4種類がある

  • オプション取引の流れ

    オプション取引の流れを簡単に説明すると、1.新規取引時と2.満期までの権利の売買期間と3.満期時の3つにわけることができます。


    1.新規取引時

    オプション取引はまず、オプションを取引するところからはじまります。

    新規取引時はオプションを売買するので、買う権利(コール)、売る権利(プット)ともに権利の買い手から売り手へプレミアムの受け払いが行われます。


    2.満期までの権利の売買期間

    売買後、満期までの期間はオプションの売買ができるので、満期まで保有しなくても反対売買することで決済することが可能です。

    ネット証券で取引可能な日経225オプション取引などは市場で取引がされていて、株価動揺常にオプションの価格が変動しています。


    3.満期時

    満期になったらSQ値で決済がされます。SQ値より権利行使の価格が有利であれば買い手は権利行使して利益を得ることができます。一方売り手は損失が発生します。売り手は権利行使を拒否することができません。

    SQ値より権利行使の価格が不利であれば、買い手は権利を放棄することができます。この場合、プレミアム分が買い手の損失となり、売り手はプレミアム分利益が発生します。

    取引の流れを簡単にまとめると以下のようになります。例としてコールの場合を記載していますが、プットの場合は3の満期時の損益がコールと逆になります。(SQ値より権利行使価格が低いと買い手に利益が出る。)

    オプション取引の流れ(コールの場合)

    1.新規取引時

  • 買い手:日経平均を13,000円で買う権利を購入、代金1,000円を売り手に支払
  • 売り手:日経平均を13,000円で買う権利を売却、代金1,000円を買い手から受取

  • 2.満期日までの期間

  • 買い手:反対売買により決済可能。決済した場合は損益が発生
  • 売り手:反対売買により決済可能。決済した場合は損益が発生


  • 3.満期時(日経平均が15,000円となった場合

  • 買い手:権利行使し差額2,000円の利益を得る
  • 売り手:権利行使に応じなければならない。2,000円の損失が発生
  • ※買い手は2,000円-1,000円(プレミアム)で1,000円の利益
     売り手は1,000円(プレミアム)-2,000円で1,000円の損失

    3.満期時(日経平均が12,000円となった場合

  • 買い手:行使価格が不利であれば権利を放棄できる
  • 売り手:権利を放棄したため何も起きない。(プレミアム分の利益となる)
  • ※買い手はでプレミアム分1,000円の損失
     売り手はプレミアム分1,000円の利益

    利益を出すには買い手はプレミアム分の損失以上の売買益や権利行使による利益をあげる必要があります。

    売り手はプレミアムの金額が利益なので、売買損や権利行使による損失をプレミアム以内にすることができれば利益が出ますね。

    以上がオプション取引の基本的な取引の流れです。何となくでもイメージはつきましたでしょうか。


    まとめ

    オプション取引とは何かということを紹介してきました。

    ここまでの内容をまとめると以下のようになります。

    オプション取引とは何かのまとめ

  • オプション取引とはある商品を特定の価格で買う(売る)権利
  • オプションはコールの買い手と売り手、プットの買い手と売り手の4種類がある
  • オプション取引はプレミアムの受け払いと売買益or権利行使で損益が決まる
  • 権利を売買するというと難しく聞こえますが、取引としては満期まで保有した場合、権利行使価格と満期日の対象原資産価格との差額と、プレミアムの金額が損益となっているので、思ったよりシンプルであったと思います。

    それと買う権利、売る権利をそれぞれ売買することができるということを理解すればオプション取引の基本としてはOKだといえます。

    ネット証券で取引できるオプション取引は日経平均を投資対象とした日経225オプションがメインで、一部TOPIXを対象にしたものもあります。

    次回以降、日経225オプション取引の特徴や魅力を説明していきたいと思います。



    注目の新サービス

    SBIネオモバイル証券

    SBIネオモバイル証券は「Tポイント」で株が買える日本初のサービスです。

    1株単位で株が購入できるので、500ポイント程度で投資が始められて、普段の生活でたまったポイントで有名企業の株主になることができます。

    月額200円で取引し放題になっていて、毎月200ポイントがもらえるので実質無料で取引し放題。

    サービス登録後、Tポイントの利用手続きをするだけですぐに取引できるので、Tポイントをためている人で投資に興味があるならぜひ利用してみてください。

    手間を省いて資産運用をしたい人におすすめのサービスで、まずは少額からでも運用結果を見てみましょう。

    【公式】ネオモバイル証券




    当サイトおすすめネット証券

    SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。

    手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

    当サイトでもイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。

    SBI証券の公式サイトはこちら SBI証券の詳細

    カブドットコム証券は投資成績重視の証券会社。自動売買を駆使したきめ細かいリスク管理が可能になるので、結果的に最終的な投資成績を向上させます。

    手数料は現物で最低90円からと安くなり、高機能ツールも提供しています。

    人気の優待タダ取りに必須の短期一般信用銘柄が豊富で、優待投資派の人にもおすすめの証券会社です。

    カブドットコム証券の公式サイトはこちら カブドットコム証券の詳細

    マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

    株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

    また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。

    マネックス証券の公式サイトはこちら マネックス証券の詳細

    楽天証券

    楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

    口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

    高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。

    楽天証券の公式サイトはこちら 楽天証券の詳細

    IPO投資におすすめの証券会社

    IPOは当選すれば高確率で値上がりが期待できる、超低リスクハイリターンの人気投資法です。

    人気ゆえに激しい競争率がネックで、当選は難しいと考えている人もいますが、コツをつかめば当選確率は驚くほど上がります。

    当サイトではIPOの当選確率を上げる方法おすすめの証券会社を紹介していますので、IPO投資に興味がある人はぜひ参考にしてください。

    IPO投資におすすめ証券会社ランキング

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ