中長期投資で利益をあげる

これまで株式投資に関する心構えについていくつか考え方を紹介してきました。続いて、これらを踏まえてどのような戦略を組むことで勝利に近づくことができるかということを考える必要がありますので、株式投資における戦略についても紹介していきたいと思います。

まず第一に紹介する戦略は「長期投資で利益をあげる」ということです。

株式投資に限らず、投資における基本的な戦略は中長期投資を行って利益をあげることと言われていますので、初心者の方にはおすすめの戦略です。


長期投資はメリットがたくさんある

長期投資にはメリットがいくつかあります。

まず第一に取引コストが安くなります。

取引コストは短期投資で毎日売買を繰り返した場合、1取引100円の手数料がかかったとして1日に売りと買いの2回の取引をして200円、それを毎営業日繰り返したとすると200円×20営業日=4,000円になり、1年では48,000円にもなります。10年間取引を繰り返したとすると480,000円となり約50万円です。

一方で長期投資の場合は10年間保有したとしても、1度の売買しかしないので取引手数料は200円です。

短期投資と長期投資では10年間で50万円近くの取引手数料の違いが出ることになります。多少強引な計算ですが、この差はとても大きいですね。このように長期投資のメリットはコスト面での有利さがあげられます。

次に投資成績が安定するということがあげられます。

株価は、一般的に長期投資ほど安定するといわれています。

1日で見た場合、株価の動きがどのようになるか予想することはとても難しいです。もちろん毎日の株価の動きがわかるという方は毎日市場に参加して利益を狙った方が利益が大きくなると思いますが、多くの投資家には株価の動きを予想することは難しいでしょう。

1か月で見た場合も同様に株価の予想が難しく、銘柄によって株価の収益率にも大きなばらつきが出ます。これは銘柄選定が大事だということとともにリスクが大きいことも意味しています。一方で10年間の過去の株価を見ると株価の収益率は収斂(しゅうれん)されて銘柄ごとの「ぶれ」が小さくなっています。

つまり長期投資の方が銘柄ごとの収益率にぶれがなく安定して利益を狙うことができるのです。

また短期売買に比べて心理的に安定するという点もメリットとしてあります。

株式投資において難しい点は売買のタイミングです。人間の心理的に「利益は早めに確定させて、損失の確定は遅くなりがち」ということがあります。自分の成功は早めに確認したい、失敗は認めたくないという心理からこのような行動になるのですが、このまま投資していては利益は小さく、損失は大きくとなってしまいなかなか勝てません。

短期売買は心理的にも失敗しやすく売買タイミングについて厳密なルールをもって自分を律する必要があります。

一方で長期投資は売買タイミングは最初に買う時と手じまいするときの二度だけです。

そのため売買タイミングの心理的な失敗を避け、心理的な安心感もあります。

このように短期売買に比べて長期投資はメリットが多いといわれています。そのため長期投資は投資の基本的な考えとして一般化しています。短期売買の自分なりの手法が確立されていない初心者の方はまず長期投資を戦略の基本として投資を考えることをおすすめします。



当サイトのおすすめネット証券

SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。
手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

当サイトでももちろんイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。
koushiki2

カブドットコム証券は投資成績重視の証券会社。自動売買を駆使したきめ細かいリスク管理が可能になるので、結果的に最終的な投資成績を向上させます。

手数料は現物で最低90円からと安くなり、高機能ツールも提供しています。

人気の優待タダ取りに必須の短期一般信用銘柄が豊富で、優待投資派の人にもおすすめの証券会社です。
koushiki2

マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。
koushiki2

楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。
koushiki2



注目の新サービス

WealthNavi(ウェルスナビ)

最近話題の「ロボアドバイザー」は、AIが投資判断をして運用をしてくれるサービスです。

中でもウェルスナビが人気で、ロボアドバイザーで預かり資産とユーザー数No1になっています。

ETFで国際分散投資を実施し、再投資リバランスを自動で行うだけでなく、税金も最適化して運用してくれます。

預かり資産にかかる手数料は0.5%から1%となっていて、「長期割」という運用継続期間に応じた割引もあります。

手間を省いて資産運用をしたい人におすすめのサービスで、まずは少額からでも運用結果を見てみましょう。

ウェルスナビで運用プラン診断してみる(無料)



サブコンテンツ

このページの先頭へ