テクニカル分析の基本と考え方

銘柄分析の手法にファンダメンタルズ分析と並んで多くの人が使用している分析手法にテクニカル分析があります。

投資対象の価値を分析して割安な株を見つける手法のファンダメンタルズ分析に対して、テクニカル分析は過去の株価の値動きをもとに未来の株価を予想する分析手法です。

言い換えると株の需給をとらえて分析を行い、株価の方向性をとらえて投資をする分析手法になります。


どのような投資家がテクニカル分析をしているの?

テクニカル分析は多くの投資家に活用されていますが、多くは短期売買をする投資家に利用されています。

長期投資の投資家はファンダメンタルズ分析を行う方が多いですが、短期の売買となるとファンダメンタルズよりも短期的な相場のぶれのような形で需給に左右されて値動きをすることになります。その場合ファンダメンタルズの効果はなくなり、短期投資家にとっての売買の頼りとなるのはテクニカル分析だけになるからです。

逆に長期取引を行う投資家にとっては10年後の株価は企業の価値に基づき価格が決まっていくはずなので、一般的に長期投資家はテクニカルよりもファンダメンタルズを重視します。


テクニカル分析は当たるの?

では、過去の株価の動きを分析するテクニカル分析は当たるのかというと、当然ながら100%当たるものではなく、テクニカル指標で値上がりするといわれる条件に合致したときでも何の値動きもないというケースもあります。

やはり過去は過去であり、未来も同じ値動きをするとは限らないからです。

しかし歴史は繰り返すとも言います。過去の株価の動きから一定確率で同じ値動きをするケースもあり、そこから利益を上げている投資家がいるのも事実です。

またテクニカル指標は多くの投資家が参考にしているため、あるテクニカル指標の条件に合致すると売買が行われるため値動きがあるということもありますので、テクニカル指標を参考にして売買をしていくのが間違っているということはありません。

テクニカル分析で重要なことはより再現性の高い値動きのルールを発見することです。つまり自分が参考にするテクニカル指標とそれを活用した売買ルールの確立です。

テクニカル分析を活用した売買は投資家によって十人十色であり正解はありません。一つのテクニカル指標のみをつかって売買する投資家はまれで、多くはいくつかのテクニカル指標を組み合わせて買いのサイン、売りのサインを見極めています。

初心者の方であれば、まず各テクニカル指標がどのように算出されていて、どのようなサインとされているのかを学んだうえで自分の売買ルールを見つけましょう。


まとめ

テクニカル分析の基本について見てきました。

これまでの内容をまとめると以下のようになります。

テクニカル分析の基本のまとめ

  • テクニカル分析は主に短期売買に活用される
  • テクニカル分析は過去の株価をもとに未来の株価を予想する分析手法
  • 必ず当たるものではなく外れることも多い
  • 売買ルールは投資家により異なり、多くのテクニカル指標を組み合わせて行う
  • まずは個々のテクニカル指標の意味をとらえて自分なりの売買ルールを見つける
  • テクニカル分析は絶対的な答えがなく、投資をある程度行ってきた中上級者向けの分析手法であるといえます。

    答えがないことから当サイトでもこのような売買手法が有効という方法は紹介することは無責任だと思いますので、まずはテクニカル分析をする上で基本となるチャートの味方や代表的なテクニカル指標を個別に紹介して皆さんの売買ルール策定のお手伝いをさせていただきたいと思っております。



    当サイトおすすめネット証券

    SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。

    手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

    当サイトでもイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。

    SBI証券の公式サイトはこちら SBI証券の詳細

    カブドットコム証券は投資成績重視の証券会社。自動売買を駆使したきめ細かいリスク管理が可能になるので、結果的に最終的な投資成績を向上させます。

    手数料は現物で最低90円からと安くなり、高機能ツールも提供しています。

    人気の優待タダ取りに必須の短期一般信用銘柄が豊富で、優待投資派の人にもおすすめの証券会社です。

    カブドットコム証券の公式サイトはこちら カブドットコム証券の詳細

    マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

    株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

    また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。

    マネックス証券の公式サイトはこちら マネックス証券の詳細

    楽天証券

    楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

    口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

    高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。

    楽天証券の公式サイトはこちら 楽天証券の詳細

    IPO投資におすすめの証券会社

    IPOは当選すれば高確率で値上がりが期待できる、超低リスクハイリターンの人気投資法です。

    人気ゆえに激しい競争率がネックで、当選は難しいと考えている人もいますが、コツをつかめば当選確率は驚くほど上がります。

    当サイトではIPOの当選確率を上げる方法おすすめの証券会社を紹介していますので、IPO投資に興味がある人はぜひ参考にしてください。

    IPO投資におすすめ証券会社ランキング


    注目の新サービス

    WealthNavi(ウェルスナビ)

    最近話題の「ロボアドバイザー」は、AIが投資判断をして運用をしてくれるサービスです。

    中でもウェルスナビが人気で、ロボアドバイザーで預かり資産とユーザー数No1になっています。

    ETFで国際分散投資を実施し、再投資リバランスを自動で行うだけでなく、税金も最適化して運用してくれます。

    預かり資産にかかる手数料は0.5%から1%となっていて、「長期割」という運用継続期間に応じた割引もあります。

    手間を省いて資産運用をしたい人におすすめのサービスで、まずは少額からでも運用結果を見てみましょう。

    ウェルスナビで運用プラン診断してみる(無料)



    サブコンテンツ

    このページの先頭へ