ここは注意!ネット証券のデメリット・注意点

最終更新日: 2014年6月11日

ネット証券のデメリットとは?

ここまでネット証券の概要やメリットについて説明してきましたが、ネット証券にも良いことばかりではなく、対面の証券会社と比較するとデメリットがいくつかあります。リスクを低減させる方法もありますので一緒に紹介していきたいと思います。

それでは具体的にどんなデメリットがあるか見てみましょう。

ネット証券には以下のデメリットがあります。

ネット証券のデメリット

  • 投資については自分で勉強していかなければならない
  • システム障害が起きる可能性がある
  • IDやパスワードなどのセキュリティの問題がある
  • 投資については自分で勉強していかなければならない

    ネット証券のデメリットは証券会社の営業マンからアドバイスを受けることができず、投資については自分で勉強していかなければならないという点があります。

    ただこれにはよい点もあり、メリットの時に説明した「不要な営業を受けることがない」というメリットにもつながるため一概にデメリットとはいいがたいです。

    しかしながら投資という専門性の高い分野を独学で身に着けるというのはなかなかにハードルが高いという点を理解する必要があります。

    代替案としてネット証券でもセミナーなどを行っているのでこういった投資教育系のイベントに積極的に参加したり、ファイナンシャルプランナーなどの別の専門家にアドバイスを仰ぐということも選択肢としてあります。


    システム障害が起きる可能性がある

    またネット証券ではシステム障害が起きるリスクがあるという点もデメリットとしてあります。

    ネット証券の取引はインターネットから取引システムで行われているので、このシステムに不具合があると売買ができなくなるなど不都合が起きることがあります。

    また、このようなことが起きやすいのは相場が急変してアクセスが増える時なので緊急性の高いときほどシステムリスクは高まります。売りたいタイミングで売ることができずに思わぬ損失が発生する可能性がありますのでシステムリスクには十分注意しましょう。

    投資家側でできる対応として複数の証券会社に口座を持っておくことをおすすめしています。

    複数の口座があるから絶対安心というわけではありませんが、一つの証券会社で売買ができなかったときに別の証券会社で逆の取引をしておくことで損失を最低限に抑えることができるかもしれませんので複数の証券会社の口座は普段使わないとしても開設しておいて損はないでしょう。

    システムリスクは対面の証券会社にはないネット証券特有のデメリットであるといえます。


    IDやパスワードなどのセキュリティの問題がある

    またセキュリティの問題もあります。

    ネット証券ではIDとパスワードをもとに取引をすることになるので、万が一それらを盗み取られたときには不正に取引がされる可能性があります。証券会社の出金先口座は本人名義の銀行口座でないといけないのでそう簡単に出金はされませんが、出金先の銀行口座の情報も取られていたり、また売買だけをされて損失を発生させられる可能性もあります。

    その場合は原則自己責任となりますので、セキュリティについても十分に注意しましょう。

    以上がネット証券のデメリットになります。


    まとめ

    ネット証券のデメリットについて見てきました。

    ここまでの内容をまとめると以下の通りです。

    ネット証券のデメリット

  • 投資については自分で勉強していかなければならない
  • システム障害が起きる可能性がある
  • IDやパスワードなどのセキュリティの問題がある
  • メリットの裏返しのようなものもありますが、全体的には「自己責任」だという点が共通しているのかと思います。

    人が介在していない分、投資家がネット証券に支払っているのはシステム利用料であり、それ以外はサービス提供されていない代わりに安い手数料で売買ができるということになるのでしょう。

    システム障害などはネット証券の責任のもと、一部対応がある場合もありますが、よほどのことがない限りは自己責任となりますので、普段からシステム障害が起きたとき、セキュリティン問題が起きたときに備えて今回上げたような対応策をとっておくことを強くおすすめします。

    その上でネット証券を利用して賢く資産運用することが求められます。



    注目の新サービス

    SBIネオモバイル証券

    SBIネオモバイル証券は「Tポイント」で株が買える日本初のサービスです。

    1株単位で株が購入できるので、500ポイント程度で投資が始められて、普段の生活でたまったポイントで有名企業の株主になることができます。

    月額200円で取引し放題になっていて、毎月200ポイントがもらえるので実質無料で取引し放題。

    サービス登録後、Tポイントの利用手続きをするだけですぐに取引できるので、Tポイントをためている人で投資に興味があるならぜひ利用してみてください。

    手間を省いて資産運用をしたい人におすすめのサービスで、まずは少額からでも運用結果を見てみましょう。

    【公式】ネオモバイル証券




    当サイトおすすめネット証券

    SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。

    手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

    当サイトでもイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。

    SBI証券の公式サイトはこちら SBI証券の詳細

    カブドットコム証券は投資成績重視の証券会社。自動売買を駆使したきめ細かいリスク管理が可能になるので、結果的に最終的な投資成績を向上させます。

    手数料は現物で最低90円からと安くなり、高機能ツールも提供しています。

    人気の優待タダ取りに必須の短期一般信用銘柄が豊富で、優待投資派の人にもおすすめの証券会社です。

    カブドットコム証券の公式サイトはこちら カブドットコム証券の詳細

    マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

    株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

    また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。

    マネックス証券の公式サイトはこちら マネックス証券の詳細

    楽天証券

    楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

    口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

    高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。

    楽天証券の公式サイトはこちら 楽天証券の詳細

    IPO投資におすすめの証券会社

    IPOは当選すれば高確率で値上がりが期待できる、超低リスクハイリターンの人気投資法です。

    人気ゆえに激しい競争率がネックで、当選は難しいと考えている人もいますが、コツをつかめば当選確率は驚くほど上がります。

    当サイトではIPOの当選確率を上げる方法おすすめの証券会社を紹介していますので、IPO投資に興味がある人はぜひ参考にしてください。

    IPO投資におすすめ証券会社ランキング

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ