カブドットコム証券で取引開始するまで(入金)

最終更新日: 2015年11月18日

これまでの記事ではカブドットコム証券で口座開設するまでの流れを紹介してきました。口座開設するには資料請求をして、免許証などと一緒に返送すれば1週間程度で完了します。

  • カブドットコム証券で取引開始するまで(資料請求)
  • カブドットコム証券で取引開始するまで(口座開設)

  • 口座が開設できても、株を買うには入金をする必要があるので、ここではカブドットコム証券の入金方法について紹介していきたいと思います。


    カブドットコム証券の入金の流れ

    WS000161

     入金方法を確認する
    入金をする前にまずはカブドットコム証券でどのような入金方法があるかを確認します。

    カブドットコム証券への入金方法は口座振込、ネット振込、口座振替の3つの方法があります。

    三菱UFJ銀行、じぶん銀行、ゆうちょ銀行の口座を持っている方は、ネット振込が入金手数料無料でリアルタイムに入金が反映されるのでおすすめ。

    それ以外がメイン銀行の場合は手数料がかかってくるので別の方法も含めて検討する必要があります。

    銀行振込の場合

     振込先銀行口座の確認
    銀行振込はカブドットコムに登録した本人名義の銀行口座から、カブドットコムの指定した振込先銀行口座に振込をすることで証券口座に入金をする方法です。

    振込先銀行口座は人により異なるため、まずは自分の振込先銀行口座をカブドットコム証券のログイン後のページで確認します。

    振込先銀行口座はカブドットコム証券WEBサイトにログイン後、マイページ→設定・申込→基本情報内容照会の「ご利用金融機関」欄に表示されています。

    なお、三菱UFJ銀行の振込先口座は、カブドットコム証券の口座番号の頭の「0」をとった番号で覚えやすいです。

    例:カブドットコム証券の口座番号が「01234567」の場合、三菱UFJ銀行振込用カブドットコム支店の振込先口座番号は「1234567」となる。

     振込の実行
    振込先の銀行口座を確認したら、対象の口座へ振込をします。

    銀行やATM等で振込を行うと、各銀行によって定められた時間内までに入金が完了していると当日中に証券口座の買付余力として反映されます。

    各銀行の当日扱いとなる締め切り時間は以下の通りです。

    各銀行の当日扱いとなる締め切り時間

    金融機関 当日扱いの入金となる締め切り時間
    三菱UFJ銀行 営業日の19時まで
    三井住友銀行 営業日の15時まで
    みずほ銀行 営業日の15時まで
    ゆうちょ銀行 営業日の16時まで

    ネット振込の場合

     対応金融機関の確認
    ネット振込は金融機関のインターネットバンキングのサービスを利用して、即時に証券口座への入金を可能にするものです。

    対応している金融機関が証券会社により異なるので、まずは自分の銀行口座がカブドットコム証券のネット振込のサービスに対応しているかの確認をします。

    以下がカブドットコム証券のネット振込に対応している金融機関です。

    ネット振込対応金融機関

    銀行名 サービス名 手数料
    三菱UFJ銀行
    (三菱東京UFJダイレクト)
    ネット振込(EDI) 無料
    じぶん銀行 じぶん銀行決済
    ゆうちょ銀行 ゆうちょダイレクト
    みずほ銀行
    (みずほダイレクト)
    ネット振込決済サービス 3万円未満:105円
    3万円以上:210円
    三井住友銀行 SMBCダイレクトウェブ振込サービス 105円
    ジャパンネット銀行 リンク決済 52円
     ネット振込の実施
    金融機関が対応していることを確認したら、ネット振込を実行していきます。

    ログイン後のページの入出金・入出庫→入金・出金依頼→入金依頼に進むと、「ネット振込サービス~金融機関を選択して入金する」欄にネット振込ができる金融機関が一覧になっているので、振込したい金融機関にある「入金」を選択します。

    その後は画面の指示に従い、金額等を入力していきます。

    入力が完了したらカブドットコム証券のWEBサイトで買付余力に反映していることを確認します。

    カブドットコム証券の画面
    WS000213

    振替の場合

     振替の登録
    ネット振込と似ていますが、登録金融機関の口座から証券口座への入金額を自動に引き落としするサービスです。

    ゆうちょ銀行であれば最短翌営業日、それ以外の銀行であれば最短2営業日後の口座への反映となり、リアルタイムではありませんが手数料は無料のサービスです。

    カブドットコム証券WEBサイトのログイン後のマイページ → 入出金・入出庫 → 入金依頼(ゆうゆう決済)と進み、金融機関のところにある「入金」のボタンを押すことで入金手続きに入ることができます。

    その後は金額等を画面の指示に従い入力していくことで振替をすることができます。

    カブドットコム証券の画面
    WS000214

     入金の完了
    これで入金は完了です。

    入金が完了したらいよいよ取引が可能になります。

    次回はカブドットコム証券における取引の流れについて説明していきたいと思います。

  • カブドットコム証券で取引開始するまで
  • また実際に株取引をして勝つための方法や勉強の仕方などは以下で紹介していますので、参考にしていただければと思います。

  • 株の始め方と初心者が株で勝つ方法


  • 注目の新サービス

    SBIネオモバイル証券

    SBIネオモバイル証券は「Tポイント」で株が買える日本初のサービスです。

    1株単位で株が購入できるので、500ポイント程度で投資が始められて、普段の生活でたまったポイントで有名企業の株主になることができます。

    月額200円で取引し放題になっていて、毎月200ポイントがもらえるので実質無料で取引し放題。

    サービス登録後、Tポイントの利用手続きをするだけですぐに取引できるので、Tポイントをためている人で投資に興味があるならぜひ利用してみてください。

    手間を省いて資産運用をしたい人におすすめのサービスで、まずは少額からでも運用結果を見てみましょう。

    【公式】ネオモバイル証券




    当サイトおすすめネット証券

    SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。

    手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

    当サイトでもイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。

    SBI証券の公式サイトはこちら SBI証券の詳細

    カブドットコム証券は投資成績重視の証券会社。自動売買を駆使したきめ細かいリスク管理が可能になるので、結果的に最終的な投資成績を向上させます。

    手数料は現物で最低90円からと安くなり、高機能ツールも提供しています。

    人気の優待タダ取りに必須の短期一般信用銘柄が豊富で、優待投資派の人にもおすすめの証券会社です。

    カブドットコム証券の公式サイトはこちら カブドットコム証券の詳細

    マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

    株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

    また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。

    マネックス証券の公式サイトはこちら マネックス証券の詳細

    楽天証券

    楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

    口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

    高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。

    楽天証券の公式サイトはこちら 楽天証券の詳細

    IPO投資におすすめの証券会社

    IPOは当選すれば高確率で値上がりが期待できる、超低リスクハイリターンの人気投資法です。

    人気ゆえに激しい競争率がネックで、当選は難しいと考えている人もいますが、コツをつかめば当選確率は驚くほど上がります。

    当サイトではIPOの当選確率を上げる方法おすすめの証券会社を紹介していますので、IPO投資に興味がある人はぜひ参考にしてください。

    IPO投資におすすめ証券会社ランキング

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ