カブドットコム証券で取引開始するまで(口座開設)

最終更新日: 2015年11月18日

カブドットコム証券で取引開始するまで(資料請求)でカブドットコム証券の資料請求の流れを紹介してきました。

続いてカブドットコム証券の口座開設までの流れを解説していきたいと思います。


カブドットコム証券の口座開設の流れ

 本人確認書類の提出方法を選択する。
WEBでの申込が完了すると、本人確認書類を提出します。

本人確認書類の提出方法はファイルアップロード、Eメール、FAX、郵送の4種類あります。

以下にそれぞれの方法の手順や特徴について紹介しますので、自分のPCの環境や急ぎ具合などの状況をみて選択してください。

ファイルアップロードの場合

 ファイルアップロードで本人確認書類を提出する。
ファイルアップロードで本人確認書類を提出する場合、まず本人確認書類の画像ファイルを準備します。

画像はデジカメやスキャナなど画像になれば何でも大丈夫で、氏名や住所、生年月日など本人確認書類の記載事項が鮮明に映っていればOKです。

ファイル形式はBMP、JPEG、JPG、PNG、GIF、TIF、TIFF、PDFのいずれかである必要があります。

申込完了後、カブドットコム証券から送付されるメールに記載されているURLからアップロード画面にアクセスして、画面に従いアップロードを実施します。

これでアップロードによる本人確認書類の提出は完了です。簡単に提出ができますのでおすすめです。

Eメールの場合

 Eメールで本人確認書類を提出する。
Eメールで提出することもできます。

ファイルアップロードと同様に、デジカメやスキャナなどで本人確認書類の画像を用意して、Eメールに画像ファイルを添付して送ればOKです。

申込完了後に送られてくるメールに返信する形で、メール本文には氏名、電話番号、申込番号を記載して送信するので問題ないようです。

Eメールで送ることにセキュリティ面が若干気になりますが、ファイルアップロードと同様に手軽で便利な提出方法であるといえます。

FAXの場合

 FAXで本人確認書類を提出する。
FAXで提出することもできます。

FAXで送信する場合、本人確認書類のコピー等を準備して氏名、電話番号、申し込み番号を記載した上で送信すると提出したことになります。

送信先の番号はカブドットコム証券のWEBサイトを参照ください。

ちゃんと送れたかどうかが気になるところですが、おそらく受け取ったタイミングでメール等を送ってくれるのでしょう。

郵送の場合

 郵送で本人確認書類を提出する。
最後に郵送での提出です。

郵送での提出は手間がかかる上に電子口座開設にした意味がかなり薄れるのでおすすめできません。

方法としてはFAXの時と同様に、本人確認書類のコピー(住民票の写し、住民票の記載事項証明書、印鑑登録証明書等は写しそのもの)を用意して氏名、住所、申し込み番号をわかる形で記載してWEB上に掲載されている返信用封筒に入れて郵送することで提出をします。

返信用封筒はカブドットコム証券のWEBサイト上に掲載されており、ダウンロード、印刷した上でのりづけして郵送します。

 口座開設の完了
本人確認書類の提出後、カブドットコム証券で口座開設手続きが行われます。

口座開設手続き完了後、カブドットコム証券より「口座開設完了の通知」が届きます。

口座開設完了通知にはカブドットコム証券の口座番号・パスワードが記載されており、カブドットコム証券のWEBサイトにログインが可能になります。

これで口座開設は完了です。

この段階では口座にお金がない状態のためまだ取引ができません。取引をするためには口座に入金をする必要があります。

次回はカブドットコム証券における入金の手順を紹介します。

  • カブドットコム証券で取引開始するまで(入金)

  • また実際に株取引をして勝つための方法や勉強の仕方などは以下で紹介していますので、参考にしていただければと思います。

  • 株の始め方と初心者が株で勝つ方法

  • 当サイトおすすめネット証券

    SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。

    手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

    当サイトでもイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。

    SBI証券の公式サイトはこちら SBI証券の詳細

    カブドットコム証券は投資成績重視の証券会社。自動売買を駆使したきめ細かいリスク管理が可能になるので、結果的に最終的な投資成績を向上させます。

    手数料は現物で最低90円からと安くなり、高機能ツールも提供しています。

    人気の優待タダ取りに必須の短期一般信用銘柄が豊富で、優待投資派の人にもおすすめの証券会社です。

    カブドットコム証券の公式サイトはこちら カブドットコム証券の詳細

    マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

    株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

    また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。

    マネックス証券の公式サイトはこちら マネックス証券の詳細

    楽天証券

    楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

    口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

    高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。

    楽天証券の公式サイトはこちら 楽天証券の詳細

    IPO投資におすすめの証券会社

    IPOは当選すれば高確率で値上がりが期待できる、超低リスクハイリターンの人気投資法です。

    人気ゆえに激しい競争率がネックで、当選は難しいと考えている人もいますが、コツをつかめば当選確率は驚くほど上がります。

    当サイトではIPOの当選確率を上げる方法おすすめの証券会社を紹介していますので、IPO投資に興味がある人はぜひ参考にしてください。

    IPO投資におすすめ証券会社ランキング


    注目の新サービス

    WealthNavi(ウェルスナビ)

    最近話題の「ロボアドバイザー」は、AIが投資判断をして運用をしてくれるサービスです。

    中でもウェルスナビが人気で、ロボアドバイザーで預かり資産とユーザー数No1になっています。

    ETFで国際分散投資を実施し、再投資リバランスを自動で行うだけでなく、税金も最適化して運用してくれます。

    預かり資産にかかる手数料は0.5%から1%となっていて、「長期割」という運用継続期間に応じた割引もあります。

    手間を省いて資産運用をしたい人におすすめのサービスで、まずは少額からでも運用結果を見てみましょう。

    ウェルスナビで運用プラン診断してみる(無料)



    サブコンテンツ

    このページの先頭へ