マネックス証券で取引開始するまで(入金)

最終更新日: 2015年11月18日

マネックス証券で取引開始するまで(資料請求)マネックス証券で取引開始するまで(口座開設)でマネックス証券の口座開設するまでを紹介しました。

続いて、取引までの流れとしてマネックス証券の証券口座に入金する方法を説明したいと思います。


マネックス証券の口座への入金の流れ

 入金方法の確認
入金をする前に、マネックス証券でできる入金方法を確認しておきましょう。

マネックス証券の入金方法は銀行振込、即時入金サービス、ATMを利用した入金、ゆうちょ銀行FTnetの4種類が用意されています。

どの入金方法がおすすめかというと、人によって使い勝手は違うと思いますが、手数料が完全無料でスピーディーかつ簡単に手続きができる即時入金サービスがおすすめです。

それぞれの入金方法について見ていきたいと思います。

銀行振込の場合

 振込先銀行口座の確認
銀行振込はマネックス証券に登録した本人名義の銀行口座からマネックス証券に指定された振込先銀行口座に振込をすることで、証券口座の買付余力に反映させることができます。

最もスタンダードな方法ですが、手数料は投資家側の負担になります。

まず振込先の口座を確認します。振込先の口座はマネックス証券のログイン後のページの「入出金」ページを確認するようにしましょう。

 振込の実行
振込先の口座を確認したら振り込みを実行します。

振込が完了したら、振込完了時間により当日または翌日に証券口座の買付余力に反映がされます。

銀行振込は特に手続きが必要ないですが、手数料がかかり、資金移動の反映もタイムラグがあるので、他の方法を利用できる場合は他の方法を選択したほうが便利だと思います。

即時入金サービスの場合

 対応金融機関の確認
即時入金サービスは各金融機関のインターネットバンキングサービスを利用したサービスです。

そのためもあり、対応している金融機関がネット証券内でも若干異なりますので、まずは対応している金融機関を確認しましょう。

マネックス証券が即時入金サービスに対応している金融機関は以下の通りです。

即時入金サービスに対応している金融機関とサービス名

WS000211

 即時入金の実施
自分の保有する金融機関の口座が即時入金サービスに対応していることがわかったら、即時入金を実施します。

具体的な画面遷移等は以下のマネックス証券のデモ画面が参考になると思います。

マネックス証券の取引デモ(入金)

マネックス証券のWEBサイト画面
monex-demo

ATMを利用した入金の場合

 ATMでの入金
マネックス証券ではマネックス証券のキャッシュカードとセゾンカードのクレジットカードとしての機能を併せ持った「マネックス証券カード」を発行していて、このカードを持っていると銀行のキャッシュカードのようにコンビニのATMなどで入金が可能になります。

対応しているゆうちょATM、セブン銀行のATMです。ATM入金の際、利用料は無料です。

カードを持っていない場合、申込はマネックス証券WEBサイトログイン後のページの商品・サービス一覧→マネックス証券カード→申込・資料請求と進んで資料請求してカードを発行してもらう必要があります。※申込書受付からカード郵送まで約4週間ほどかかるそうです。。

カードを持っていればATMから直接証券口座へ入金することができます。

マネックス証券カード
monex-card

ゆうちょ銀行FTnetの場合

 ゆうちょ銀行FTnet
マネックス証券とゆうちょ銀行間の資金移動を可能にするのがゆうちょ銀行FTnetというサービスです。

ゆうちょダイレクトとの差はよくわかりませんが、ゆうちょ銀行の窓口へ行く必要がなく、入金手数料も無料ですので、ゆうちょ銀行ユーザには便利なサービスです。

なお利用にあたってはマネックス証券のWEBサイト上で資料請求して申込をする必要があります。

申込が完了していれば、マネックス証券のWEBサイトの入出金→入金指示の画面にゆうちょ銀行の口座番号が表示されていますので、画面の指示に従い金額等を入力していきましょう。

 入金の完了
これで入金は完了しました。

いくつか方法はありますが、自分にとって使い勝手がよくお得な入金方法をマスターしたいですね。

いよいよ次はマネックス証券で株の取引をしていきましょう。

  • マネックス証券で取引開始するまで(取引)

  • 当サイトおすすめネット証券

    SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。

    手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

    当サイトでもイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。

    SBI証券の公式サイトはこちら SBI証券の詳細

    カブドットコム証券は投資成績重視の証券会社。自動売買を駆使したきめ細かいリスク管理が可能になるので、結果的に最終的な投資成績を向上させます。

    手数料は現物で最低90円からと安くなり、高機能ツールも提供しています。

    人気の優待タダ取りに必須の短期一般信用銘柄が豊富で、優待投資派の人にもおすすめの証券会社です。

    カブドットコム証券の公式サイトはこちら カブドットコム証券の詳細

    マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

    株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

    また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。

    マネックス証券の公式サイトはこちら マネックス証券の詳細

    楽天証券

    楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

    口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

    高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。

    楽天証券の公式サイトはこちら 楽天証券の詳細

    IPO投資におすすめの証券会社

    IPOは当選すれば高確率で値上がりが期待できる、超低リスクハイリターンの人気投資法です。

    人気ゆえに激しい競争率がネックで、当選は難しいと考えている人もいますが、コツをつかめば当選確率は驚くほど上がります。

    当サイトではIPOの当選確率を上げる方法おすすめの証券会社を紹介していますので、IPO投資に興味がある人はぜひ参考にしてください。

    IPO投資におすすめ証券会社ランキング


    注目の新サービス

    WealthNavi(ウェルスナビ)

    最近話題の「ロボアドバイザー」は、AIが投資判断をして運用をしてくれるサービスです。

    中でもウェルスナビが人気で、ロボアドバイザーで預かり資産とユーザー数No1になっています。

    ETFで国際分散投資を実施し、再投資リバランスを自動で行うだけでなく、税金も最適化して運用してくれます。

    預かり資産にかかる手数料は0.5%から1%となっていて、「長期割」という運用継続期間に応じた割引もあります。

    手間を省いて資産運用をしたい人におすすめのサービスで、まずは少額からでも運用結果を見てみましょう。

    ウェルスナビで運用プラン診断してみる(無料)



    サブコンテンツ

    このページの先頭へ