カブドットコム証券のフル板サービスの特徴、表示方法、活用方法

カブドットコム証券のフル板サービスの特徴、表示方法、活用方法

フル板サービスは有料で利用できる場合と無料で提供されている場合があります。

カブドットコム証券の場合は原則有料情報ですが、一定条件を満たすと無料で利用が可能です。

簡単に注文できる機能も搭載されており、通常の注文画面よりスピーディーに取引ができます。

ここではカブドットコム証券のフル板サービスの内容や活用方法などを紹介します。


カブドットコム証券のフル板サービスの特徴、表示方法、利用可能なチャネル

カブドットコム証券のフル板サービスの特徴

カブドットコム証券のフル板サービスの特徴

カブドットコム証券のフル板は、発注したい数量を入力して注文できる板です。最大20銘柄の登録が可能で、気になる銘柄の情報が細かく確認できます。

ドラッグとドロップで反対売買や訂正、取消ができるなど直感的な操作が魅力です。数量の簡易入力ボタンも追加され、手軽に入力できます。

約定結果や手数料、受渡代金はリアルタイムで表示されるため、スピーディーな取引を意識するかたに向いています。

保有株や注文中の株式が板に表示できるため、取引状況がはっきり分かります。最良気配はカラーで表示され、判断しやすいことが特徴です。

カブドットコム証券のフル版は市場の状況を確認しつつ発注までできるため、起動するウィンドウが増えません。


カブドットコム証券でフル板を表示する方法

kabuステーション内のメニューバーより、株式のフル板発注をクリックすると表示されます。

全気配表示はフル板発注下部の中心値アイコンをクリックし、スクロールバーの移動で確認できます。件数はフル板発注の左下にある件数をクリックすると表示されます。

Fintechプラン以上を利用している場合はフル板機能の内容が増え、累計や引けの件数確認や注文が入っていない板の非表示機能、サマリー板の利用など使い勝手が向上します。

Premiumプランではデイトレードに適したデイトレ板が利用でき、最大3枚までフル板画面が利用できます。Fintechプランを組み合わせると最大4枚のフル板表示が可能です。


カブドットコム証券のフル板サービスの利用可能チャネル

カブドットコム証券のフル板サービスは、kabuステーション内で利用が可能です。インストール型の取引ツールで、原則有料で提供されています。

契約状況はマイページにログイン後、設定・申込タブの電子契約画面で確認できます。

フル板機能が利用できるチャネルはkabuステーション通常版、Fintech、Premiumです。通常のkabuステーションとは異なり、Fintechではリアルタイム株価予想、フル板表示、予想始値、引値機能が利用できます。

Premiumではフル板発注画面とリアルタイム株価予測画面の複数利用が可能です。

フル板機能だけ利用したい場合はFintech、発注画面を複数使い分けたいかたはPremiumが適しています。

kabuステーション通常版は月額税込972円ですが、初回申込時やカブドットコム証券での約定があるかた、預り資産が100万円以上、信用取引口座開設などの条件を満たすと無料で利用が可能です。

FintechとPremiumは利用条件が限定されており、Fintechは信用取引口座または先物・オプション取引口座を開設済で前月にカブドットコム証券で約定があるかたのみ利用できます。Premiumは信用プラチナプラン・ゴールドプランの適用者または前月の先物・オプション取引手数料が10万円以上のかたが対象です。


カブドットコム証券のフル板サービスを投資に活用する方法

取引価格の予想に役立つ

取引価格の予想に役立つ

フル板にはストップ安からストップ高まで、すべての価格の買い情報や売り情報が確認できます。

自分が取引したい価格の欄を見ると、現在どのくらいの買いや売りが発生しているか分かります。

発注の状況によって、取引価格の予想が可能です。また現在の売買状況から、今後の予測も立てることができます。相場の動きを読むためにフル板情報を活用しましょう。


マウス取引でキーボード操作なしのスピード発注が可能

カブドットコム証券のフル板には、マウス取引ボタンがあります。マウス取引ボタンをオンにしておくと、板をクリックするだけで注文や訂正、取消が可能です。

気配や市場の状況を見ながら短時間で取引を行いたい場合、マウス取引を活用しましょう。「発」列の各気配をクリックすると、クリックした価格で指値注文ができます。

「中」列をクリックすると中心値が表示され、ドラッグ&ドロップで訂正、右クリックで取消もできます。売建玉を買い返済する場合も、ドラッグ&ドロップで処理が可能です。

反対売買や返済を行う場合は、残高を反対気配の価格エリアにドラッグ&ドロップします。


2WAY注文でワンクリック注文ができる

フル板でのスピーディーな取引を進めるために、確認画面やパスワード入力を省略できます。毎回確認をしたい場合は通常注文で対応できますが、なるべく早く約定したいかたには2WAY注文が便利です。

カブドットコム証券のフル板サービスでは、2WAY注文の初期設定を行うだけですぐにワンクリック注文が可能です。

2WAY注文の設定は画面上部の設定ボタンから行います。口座区分、受渡方法、建玉の返済順を設定し、注文方法の指定を行っておきましょう。

その後パスワードの省略設定画面に移動し、パスワードを入力しましょう。省略設定は「常にパスワードを省略する」と「kabuステーションの起動が終了するまでパスワードを省略する」から選択できます。

2WAY注文はワンクリックで新規建や返済ができるだけでなく、指値IOCを採用しているため注文が板に残ることもありません。

東証先物にも対応し、連続した売買を行いたいかたにも適しています。


圧縮板を使って不要な情報を削除できる

圧縮板を使って不要な情報を削除できる

カブドットコム証券では、通常のフル板だけでなく圧縮板があります。圧縮ボタンをクリックするだけで板気配のない価格帯が削除され、情報が見やすく整理されることが特徴です。

必要な情報は確認しつつ、不必要な情報を表示しないことで取引がスムーズに進みます。見やすさを重視するかたにおすすめの機能です。


Premiumプランではデイトレに最適なデイトレ板が利用できる

デイトレ板はフル板発注以外にも追加で機能が搭載され、VWAPや始値を板上に表示する機能、数量ショートカット機能、ワンクリック発注機能が利用できます。

またオートセレクト注文を活用し、新規建や返済の判断をカブドットコム証券のシステムに任せることもできます。建玉を保有していない場合は自動的に新規建を行い、同一銘柄を保有している場合は自動的に返済が選択されます。

注文種別の選択が簡易で、素早い判断が必要になるデイトレードにも活用できます。

数量ショートカット機能では一定のパターンがキーボードに割り当てることができ、テンキーの入力が不要です。

フル板よりも更にスピーディーな注文に対応しており、手軽に売買ができます。


まとめ

まとめ

ここまでカブドットコム証券のフル板サービスについて見てきました。

内容を簡単にまとめておきましょう。

  • カブドットコム証券ではkabuステーション内でフル板が利用できる
  • フル板サービスは詳細な市場状況を確認したい時に最適
  • スピード注文に対応し、パスワードの省略も可能

カブドットコム証券のフル板サービスは有料情報ですが、条件を満たしている場合に限り無料で利用が可能です。kabuステーションの通常版、Fintech、Premiumで利用できますが、プランによって搭載されている内容が異なります。

フル板サービスは市場状況を見極めるために活用でき、価格帯ごとの売買状況を詳しくチェックできます。

市場状況の確認だけでなく発注もスムーズで、マウス操作での発注やワンクリック注文など、都合に合わせて選択が可能です。

注文画面と銘柄情報画面を複数表示する必要がなく、最大20銘柄まで登録できるため手軽に複数銘柄の情報が確認できます。

当サイトおすすめネット証券

SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。

手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

当サイトでもイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。

SBI証券の公式サイトはこちら SBI証券の詳細

カブドットコム証券は投資成績重視の証券会社。自動売買を駆使したきめ細かいリスク管理が可能になるので、結果的に最終的な投資成績を向上させます。

手数料は現物で最低90円からと安くなり、高機能ツールも提供しています。

人気の優待タダ取りに必須の短期一般信用銘柄が豊富で、優待投資派の人にもおすすめの証券会社です。

カブドットコム証券の公式サイトはこちら カブドットコム証券の詳細

マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。

マネックス証券の公式サイトはこちら マネックス証券の詳細

楽天証券

楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。

楽天証券の公式サイトはこちら 楽天証券の詳細

IPO投資におすすめの証券会社

IPOは当選すれば高確率で値上がりが期待できる、超低リスクハイリターンの人気投資法です。

人気ゆえに激しい競争率がネックで、当選は難しいと考えている人もいますが、コツをつかめば当選確率は驚くほど上がります。

当サイトではIPOの当選確率を上げる方法おすすめの証券会社を紹介していますので、IPO投資に興味がある人はぜひ参考にしてください。

IPO投資におすすめ証券会社ランキング


注目の新サービス

WealthNavi(ウェルスナビ)

最近話題の「ロボアドバイザー」は、AIが投資判断をして運用をしてくれるサービスです。

中でもウェルスナビが人気で、ロボアドバイザーで預かり資産とユーザー数No1になっています。

ETFで国際分散投資を実施し、再投資リバランスを自動で行うだけでなく、税金も最適化して運用してくれます。

預かり資産にかかる手数料は0.5%から1%となっていて、「長期割」という運用継続期間に応じた割引もあります。

手間を省いて資産運用をしたい人におすすめのサービスで、まずは少額からでも運用結果を見てみましょう。

ウェルスナビで運用プラン診断してみる(無料)



サブコンテンツ

このページの先頭へ