カブドットコム証券の良い評価、悪い評価

カブドットコム証券の良い評価、悪い評価

国内には様々なネット証券会社があり、それぞれに一長一短があります。

年齢や投資経験、トレードスタイルなどに応じて評価は大きく異なるのが通常ですが、カブドットコム証券は口コミの評価が良く、第三者評価も高いです。

この記事では、カブドットコム証券の口座開設者が感じる良い評価と悪い評価、およびカブドットコム証券が獲得している第三者評価や格付けについて解説します。


カブドットコム証券の良い評価、悪い評価

カブドットコム証券の良い評価

安心感が高い

カブドットコム証券の良い評価

カブドットコム証券は、MUFGグループの証券会社のため、安心感が高いです。

システムが非常に安定しており、システムトラブルでサーバーがダウンすることがほとんどありません。

Webサイトの画面がシンプルで使いやすいことから、特に初心者にとって評価が良いです。

ダブルクリックするだけで項目が変更できるなど、使いやすい工夫があります。


ツールやアプリが豊富

ツールやアプリも豊富なのが特徴です。幅広いトレーダーからの評価が高いツールが、kabu STATIONです。

利用料は月額972円ですが、一定の条件を満たすことにより無料で利用できます。

リアルタイム株価予測を利用すると、プロのトレーダーが入手する情報を、個人でも得ることができ、好評です。


取扱商品の多さ

カブドットコム証券の取扱商品の多さも人気の理由で、フリーETFは特に人気が高いです。全てのチャネルにおいて、売買手数料が無料です。

2018年6月現在、8種類のフリーETFを取り扱っています。

フリーETF以外にも、カブドットコム証券でのみ取り扱う一般信用取引も多く、少ない金額で、単元以下の1株から取引できるプチ株も人気です。


自動売買注文の種類の多さ

カブドットコム証券の自動売買注文の種類は、業界ナンバーワンです。

通常の注文に加え、下記の自動売買注文を使うことが可能です。

  • 逆指値注文
  • W指値注文
  • Uターン注文
  • トレーリングストップ注文
  • ±指値注文
  • リレー注文
  • 時間指定注文

このうち、逆指値注文、W指値注文、±指値注文の三つは、カブドットコム証券が特許を取得しています。


つなぎ売りの活用

一般信用売りを活用して、株主優待を得るつなぎ売りを活用しやすいのも、良い評価につながっています。

カブドットコム証券では、権利日最終日の大引きに合わせて、現物買いと信用売りの各取引が簡単にできるからです。

株主優待のつなぎ売りで利益を得るためには、株主優待の価値よりも売買手数料の方が安く設定する必要があります。


その他の利点

カブドットコム証券には、手数料が安い銘柄が多いため、お得です。

IPOがほぼ完全抽選なのも、カブドットコム証券が選ばれる理由です。他の証券会社では、店頭配分などにより、抽選方法が平等ではないこともあります。

カブドットコム証券では、お得な貸株サービスが利用できます。貸株サービスを利用することにより、あなたが保有する株式をカブドットコム証券に貸す代わりに、賃貸料を受け取ります。

カブドットコム証券の貸株サービスは、0.1%の基本銘柄、0.5%銘柄、ボーナス銘柄の3種類から選ぶことができます。

ボーナス銘柄は最高20%の金利がつくため、特に評判が高いです。


カブドットコム証券の悪い評価

カブドットコム証券の悪い評価

カブドットコム証券には「手数料が高い」との悪い評価があります。このような評価は、どのネット証券会社にもつきものであるため、具体的な数値で比較しましょう。

店舗型証券会社と比較して、ネット証券会社の手数料は安いため、どのネット証券会社もお得ですが、商品や投資金額によって手数料が異なり、投資資金や投資スタイルによってカブドットコム証券の手数料が高いか安いかは左右されます。

約定代金が50万円を超えると、他の証券会社と比較して高くなるため、50万円以内で少額取引を行うかたには適しています。

反面、一日に何度も売買を行うデイトレーダーには、やや不評です。

カブドットコム証券の取引手数料は、取引の都度にかかる方式です。

約定代金が10万円以下だと、手数料は90円で、約定代金が400万円以上の場合だと、手数料の上限は3,690円のため、それを活用すると良いです。

また、手数料無料のノーロード投資信託を活用するなどすると、手数料が高いとの不満点を解消できます。

外国株の売買をしたいかたにとっては、カブドットコム証券は物足りなく感じます。

外国株取引をメインにしたいかたは、楽天証券やSBI証券、マネックス証券を選ぶ方が、より豊富な商品を比較できます。


カブドットコム証券が獲得している第三者評価や格付け

カブドットコム証券が獲得している第三者評価や格付け

カブドットコム証券は、国内外における債権などの格付けや情報提供を行っている株式会社日本格付研究所(JCR)より、非常に高い評価を得ています。

日本格付研究所では、長期発行体格付と格付の見落とし、短期発行体格付の2通りの基準で、カブドットコム証券を評価しています。

2018年3月に行われた信用格付において、カブドットコム証券の長期発行体格付は「A+」で、格付けの見通しは「安定的」です。

これは、証券会社の中で最高位の第三者評価です。

長期発行体格付は格付けの高い方から順にAAA、AA、A、BBB、BB、B、CCC、CC、C、Dの10等級で評価しています。

さらに、同一等級を相対的に評価するために、+または-記号をつけ、さらに細分化されます。

カブドットコム証券は、約10年連続して「A+」を維持しています。Aの評価は債務履行の確実性が高い企業にのみ付けられる評価です。

Aの評価がつくネット証券会社は、カブドットコム証券以外には楽天証券など、限られます。

格付けの見通しは、ポジティブ、安定的、ネガティブ、不確定、方向性複数の5通りあり、カブドットコム証券はずっと安定的を維持しています。

これは、MUFGグループの資本力に裏打ちされた安定感が理由です。

また、カブドットコム証券の短期発行体格付は「J-1」です。これは、短期債務履行の確実性が最も高い評価です。

短期発行体格付はJ-1、J-2、J-3、NJ、LD、Dの6等級です。


まとめ

まとめ

カブドットコム証券の良い評価と悪い評価、およびカブドットコム証券が獲得している第三者評価や格付けを説明しました。

まとめると以下の通りです。

  • カブドットコム証券の良い評価は、システムの安定性、豊富なツール、自動売買注文の多彩さ、株主優待が簡単など
  • カブドットコム証券の悪い評価は、手数料が高い場合がある、外国株の取扱数が少ないなど
  • 日本格付研究所による第三者評価でカブドットコム証券は業界トップの格付けを得ている

カブドットコム証券は、口座開設者の口コミ、日本格付研究所による第三者評価の両方で高い評価を得ています。

MUFGグループ資本力や信頼感が、高い評価につながっています。

良い評価、悪い評価は様々ありますが、例えば手数料でも、約定代金や一日当たりの取引回数などによって金額が異なります。

カブドットコム証券には売買手数料が無料のノーロード商品も多数あります。

カブドットコム証券の詳細を見てみる

当サイトおすすめネット証券

SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。

手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

当サイトでもイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。

SBI証券の公式サイトはこちら SBI証券の詳細

カブドットコム証券は投資成績重視の証券会社。自動売買を駆使したきめ細かいリスク管理が可能になるので、結果的に最終的な投資成績を向上させます。

手数料は現物で最低90円からと安くなり、高機能ツールも提供しています。

人気の優待タダ取りに必須の短期一般信用銘柄が豊富で、優待投資派の人にもおすすめの証券会社です。

カブドットコム証券の公式サイトはこちら カブドットコム証券の詳細

マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。

マネックス証券の公式サイトはこちら マネックス証券の詳細

楽天証券

楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。

楽天証券の公式サイトはこちら 楽天証券の詳細

IPO投資におすすめの証券会社

IPOは当選すれば高確率で値上がりが期待できる、超低リスクハイリターンの人気投資法です。

人気ゆえに激しい競争率がネックで、当選は難しいと考えている人もいますが、コツをつかめば当選確率は驚くほど上がります。

当サイトではIPOの当選確率を上げる方法おすすめの証券会社を紹介していますので、IPO投資に興味がある人はぜひ参考にしてください。

IPO投資におすすめ証券会社ランキング


注目の新サービス

WealthNavi(ウェルスナビ)

最近話題の「ロボアドバイザー」は、AIが投資判断をして運用をしてくれるサービスです。

中でもウェルスナビが人気で、ロボアドバイザーで預かり資産とユーザー数No1になっています。

ETFで国際分散投資を実施し、再投資リバランスを自動で行うだけでなく、税金も最適化して運用してくれます。

預かり資産にかかる手数料は0.5%から1%となっていて、「長期割」という運用継続期間に応じた割引もあります。

手間を省いて資産運用をしたい人におすすめのサービスで、まずは少額からでも運用結果を見てみましょう。

ウェルスナビで運用プラン診断してみる(無料)



サブコンテンツ

このページの先頭へ