カブドットコム証券の住宅ローンの特徴と金利・手数料

カブドットコム証券の住宅ローンの特徴と金利・手数料

カブドットコム証券は投資だけでなく、住宅ローンサービスも提供しています。カブドットコム証券が提供する住宅ローンは、三菱UFJ銀行のサービスです。

同系列の三菱フィナンシャルグループが経営しているため、住宅ローンを提供しています。

三菱UFJ銀行で提供している住宅ローンと金利が異なるため、内容を確認して申込を行うことが大切です。ここではカブドットコム証券の住宅ローンの特徴や金利、メリットなどを紹介します。


カブドットコム証券の住宅ローンの特徴と金利・手数料

カブドットコム証券の住宅ローンとは

カブドットコム証券の住宅ローンとは

カブドットコム証券では、三菱UFJネット住宅ローンを取り扱っています。カブドットコム証券Webサイトから申込ができる専用ローンで、金利は複数のプランから選択可能です。

ネット住宅ローンのため来店の必要がなく、Webサイトからの手続きのみで申込できます。内容に関しての質問は三菱UFJ銀行のコールセンターで受け付けています。

カブドットコム証券の口座開設を行っているかただけでなく、カブドットコム証券のWebサイトを閲覧できる環境で三菱UFJ銀行口座を保有しているかたは申込が可能です。


カブドットコム証券の住宅ローンの特徴

カブドットコム証券の住宅ローンはネット申込のため、金利が低く設定されています。また保証料も金利に含まれているため、かかるコストは記載されている金利のみです。

繰上返済を行う際も、三菱UFJ銀行のインターネットバンクを利用する場合は手数料が無料に設定されています。

返済は三菱UFJ銀行口座から行われるため、三菱UFJ銀行口座からの入出金をよく利用しているかたにおすすめです。

住宅ローンだけでなく7大疾病保障付で、万が一の際もローン返済のサポートに役立ちます。カブドットコム証券の住宅ローンが掲げる7大疾病は上皮内がんを除く悪性新生物、脳卒中、急性心筋梗塞、高血圧性疾患、糖尿病、慢性腎不全、肝硬変です。

7大疾病保障付の住宅ローンには2種類の商品が用意され、3大疾病保障充実タイプと安心の保険料タイプがあります。

3大疾病保障充実タイプは3台疾病になった際、すぐに補償されることが特徴です。安心の保険料タイプは先進医療、女性特有の病気などにも対応しています。


カブドットコム証券の住宅ローンが利用できるかた

カブドットコム証券のWebサイトから直接申込ができ、申込時点で20歳以上70歳の誕生日までのかたが対象です。完済は80歳の誕生日までと定められています。

保証会社の保証と団体信用生命保険の加入が可能で、日本国籍または日本の永住許可を受けているかたが利用できます。

申込時点で同一勤務先に1年以上勤務し、三菱UFJ銀行口座を給与振込先に指定していることが条件です。申込に必要な口座は三菱UFJ銀行のスーパー普通預金口座と三菱UFJダイレクトです。


カブドットコム証券の住宅ローンの金利・手数料

カブドットコム証券の住宅ローンの金利・手数料

カブドットコム証券の三菱UFJネット住宅ローンには、3種類のプランが用意されています。各プランごとに金利が異なります。


変動金利選択プラン

市場の金利によって金利が変動し、借入後に毎月見直しが行われるタイプです。途中で他のプランに変更も可能で、状況に合わせたプラン選択ができます。

変動金利選択プランには変動タイプと固定特約タイプがあります。変動タイプは基準金利から年-2.095%の引き下げが行われ、固定特約タイプは基準金利から年-1.90%引き下げが行われます。

金利が上昇した時は一定以上に金利が上昇しない固定特約タイプが有利で、金利が下がった場合は変動タイプが有利です。

2018年5月時点の金利は、変動タイプが保証料込で年0.580%に設定されています。固定特約タイプは固定特約の期間によって金利が異なります。


固定特約タイプの期間ごとの金利(保証料込)

1年 年1.150%
2年・3年 年1.250%
5年 年1.500%
7年 年1.550%
10年 年1.600%
15年 年2.450%
20年 年2.800%


固定3年プレミアム住宅ローン

借入から3年間、金利の引き下げ幅が大きく支払いがしやすいプランです。借入から3年は固定特約タイプとなり、2018年5月時点での金利は年0.500%に設定されています。

固定特約期間終了後は、変動タイプか固定特約タイプを選択できます。金利の設定は変動金利選択プランと同様です。

支払開始から3年間は金利が低く設定されるため、払いはじめのコストを軽減したいかたに向いています。


固定10年プレミアム住宅ローン

固定3年タイプよりも高めの金利に設定されていますが、10年間有利な金利で支払ができます。

2018年5月の金利は年0.750%に設定されています。固定特約期間終了後は変動タイプと固定特約タイプから選択が可能です。


固定特約期間終了後の金利

変動 年0.875%
固定1年 年1.250%
固定2年・3年 年1.350%
固定5年 年1.600%
固定7年 年1.650%
固定10年 年1.700%
固定15年 年2.550%
固定20年 年2.900%

どのプランを選択した場合も、別途事務手数料が発生します。カブドットコム証券の事務手数料は借入総額の2.16%に設定されています。

また印紙税や抵当権設定にかかるコストも必要です。印紙税は住宅ローンの借入額が1,000万円以上5,000万円未満の場合は20,000円に固定されます。

抵当権設定は多少金額が異なりますが、一般的な相場は10万円から20万円程度です。

カブドットコム証券では、返済条件変更時にも手数料が発生します。金利が大きく変動する場合は返済方法の変更を行った方が良いケースもありますが、手数料を意識する場合は変更がないように申込時点でしっかり考えておきましょう。


カブドットコム証券で住宅ローンを組むメリット

Web上の手続きで審査から契約まで終了する

Web上の手続きで審査から契約まで終了する

通常、住宅ローンの審査や契約は店頭で行われるため時間がかかります。ネット住宅ローンは申込を行うと事前審査の結果がEメールで届きます。

正式な申込を行う場合も簡易書留で送付されるIDとパスワードを利用し、マイページから書類をアップロードできます。アップロードではなく書面手続きを希望する場合は、郵送での手続きも可能です。

審査結果が出た後の契約手続きもマイページから可能で、契約書類は郵送で届きます。原則、司法書士との面談のみ必要です。

担保提供者が同居者でない場合や担保提供者以外の連帯保証人がいるなど、条件によっては契約時に来店が必要になるケースがあります。


店頭商品に比べて金利が低く設定されている

カブドットコム証券のネット住宅ローンは、ネット専用商品のため人件費などのコストが軽減されています。一般の店頭商品に比べて金利が低く設定されているため、低金利で住宅ローンを組みたいかたに適しています。

条件や内容はWebサイトでの確認が必要ですが、不明点は三菱UFJ銀行のコールセンターに確認できるため安心です。


プランが3タイプから選択できるため目的に合わせてローンが組める

変動金利選択プラン、固定3年プレミアム住宅ローン、固定10年プレミアム住宅ローンの3種類のプランから選択が可能です。

どのプランでも、変動タイプと固定特約タイプは状況に合わせて変更が可能です。

2018年5月時点では固定3年プレミアム住宅ローンの金利が低く設定されていますが、借入の時点で金利が決定します。

今後の金利の上昇や下降に合わせて変動と固定特約が変更できるため、金利の状況を問わずに低い金利を選択できる点が魅力です。


7大疾病の場合にも保障が付帯されているため安心

カブドットコム証券の住宅ローンには、万が一の突発的な疾病にも対応できる付帯サービスがセットされています。

疾病により住宅ローンの返済が困難になった場合も、サポートがあるため申込者本人だけでなく家族も安心です。

付帯サービスも2種類のプランから選択でき、気になる疾病に合わせたプランが設定できます。


500万円以上10万円単位で借入額が設定可能

500万円以上10万円単位で借入額が設定可能

カブドットコム証券のネット住宅ローンは、500万円以上で借入が可能です。

500万円以上1億円までで、10万円単位で借入額を設定できます。必要な分だけ借入できるため、金利や手数料も低く抑えて住宅ローンの負担が軽減できます。


三菱フィナンシャルグループの住宅ローンのため安心

カブドットコム証券のネット住宅ローンは三菱UFJ銀行の商品です。カブドットコム証券が三菱フィナンシャルグループの系列会社のため、有利な金利で借入が可能です。

三菱UFJ銀行は大手の都市銀行でもあり、住宅ローンの借入も安心です。大手の銀行で住宅ローンを借りようと考えているかたに最適なローンです。


保証料が金利に含まれているため計算が簡単

保証料が金利に含まれていない場合、最終的に提示されたコストが思っていたよりも高くなるケースが出てきます。

カブドットコム証券のネット住宅ローンは金利の中に保証料が含まれています。別途かかるコストは事務手数料や印紙税など、住宅ローンを組む際に必須の手数料です。

金利と手数料を計算するだけでおおよそのコストが分かるため、ネット申込でも安心です。

店頭で説明を受けながら申込を行う店頭商品とは異なり、分かりやすい表記方法にこだわっています。


まとめ

まとめ

ここまでカブドットコム証券の住宅ローンについて見てきました。

内容を簡単にまとめておきましょう。

  • カブドットコム証券の住宅ローンは三菱UFJ銀行の商品
  • カブドットコム証券のWebサイト限定の金利で有利に借入ができる
  • プランが3種類設定され状況に合わせたプラン選択が可能

カブドットコム証券の住宅ローンは、三菱UFJ銀行の商品です。カブドットコム証券のWebサイト申込限定の金利が設定されているため、一般の店頭商品とは異なります。

カブドットコム証券の口座を開設していないかたでも利用可能で、必要なものは三菱UFJ銀行の口座です。

ネット限定申込のため金利が低く、保証料も含まれていることが特徴です。

金利を抑えてお得に住宅ローンを利用したいかたに向いています。通常の住宅ローンと同様年齢や勤務状況などの条件はありますが、審査から契約まで来店が不要です。

Web上の手続きと郵送で契約が進むため、時間の取れないかたも利用しやすい住宅ローンです。

プランも3種類用意されているため、その時の金利に合わせてプラン選択ができます。

カブドットコム証券の詳細を見てみる

当サイトおすすめネット証券

SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。

手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

当サイトでもイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。

SBI証券の公式サイトはこちら SBI証券の詳細

カブドットコム証券は投資成績重視の証券会社。自動売買を駆使したきめ細かいリスク管理が可能になるので、結果的に最終的な投資成績を向上させます。

手数料は現物で最低90円からと安くなり、高機能ツールも提供しています。

人気の優待タダ取りに必須の短期一般信用銘柄が豊富で、優待投資派の人にもおすすめの証券会社です。

カブドットコム証券の公式サイトはこちら カブドットコム証券の詳細

マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。

マネックス証券の公式サイトはこちら マネックス証券の詳細

楽天証券

楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。

楽天証券の公式サイトはこちら 楽天証券の詳細

IPO投資におすすめの証券会社

IPOは当選すれば高確率で値上がりが期待できる、超低リスクハイリターンの人気投資法です。

人気ゆえに激しい競争率がネックで、当選は難しいと考えている人もいますが、コツをつかめば当選確率は驚くほど上がります。

当サイトではIPOの当選確率を上げる方法おすすめの証券会社を紹介していますので、IPO投資に興味がある人はぜひ参考にしてください。

IPO投資におすすめ証券会社ランキング


注目の新サービス

WealthNavi(ウェルスナビ)

最近話題の「ロボアドバイザー」は、AIが投資判断をして運用をしてくれるサービスです。

中でもウェルスナビが人気で、ロボアドバイザーで預かり資産とユーザー数No1になっています。

ETFで国際分散投資を実施し、再投資リバランスを自動で行うだけでなく、税金も最適化して運用してくれます。

預かり資産にかかる手数料は0.5%から1%となっていて、「長期割」という運用継続期間に応じた割引もあります。

手間を省いて資産運用をしたい人におすすめのサービスで、まずは少額からでも運用結果を見てみましょう。

ウェルスナビで運用プラン診断してみる(無料)



サブコンテンツ

このページの先頭へ