カブドットコム証券の貸株サービスの取引ルール、金利、取扱銘柄

カブドットコム証券の貸株サービスの取引ルール、金利、取扱銘柄

カブドットコム証券の貸株サービスは金利設定が高い銘柄も多く、有利に長期保有が可能です。

株を貸し出している場合でも、株主優待の受取は場合によって可能です。

保有中の株式を有効活用したい場合は、貸株サービスの利用が最適です。ここではカブドットコム証券の貸株サービスの内容や対象銘柄の確認方法などを紹介します。


カブドットコム証券の貸株サービスの取引ルール、金利

貸株の貸出方法とは

貸株の貸出方法とは

保有している株式は、貸出・返却指示画面から貸出できます。銘柄ごとに株数を指定できるため、一部の株式などを自由に設定可能です。

カブドットコム証券の取扱株式の中には非貸株対象銘柄が含まれるため、事前に貸株の対象銘柄を確認しておきましょう。

貸出ができるのは受渡日以降です。また、売却注文中の株式は貸出できません。

信用取引や先物・オプション取引、店頭FX取引の代用など保護預り区分以外の預り商品は貸株の対象外です。

貸出指示は営業日15時30分までが当日扱い、それ以降は翌営業日に反映されます。貸出・返却指示画面に申込日が表示されるため、確認しておきましょう。


貸株料が支払われる時期

株を貸し出した場合、貸株料が発生します。発生した金利は月末締めで計算され、翌月の第2金曜日の翌営業日にカブドットコム証券口座に入金されます。

貸株料の1円未満の金額は切り上げ処理されます。

貸株料の付与期間は、貸出設定日の翌営業日から返却指示の日付から数えて3営業日目までです。


貸株料の税務取扱と注意点

貸株料の税務取扱と注意点

貸株料や配当金相当額は雑所得に分類されるため、一般の投資商品と損益通算はできません。

雑所得の合計が年間20万円以下で、年収2,000万円以下の給与所得者の場合は確定申告が不要です。

なお、株式の貸出をしている間は所有権が貸出先に移動します。株主優待などの取得権利がなくなるため、優待を取得したい場合は権利確定日に貸株を解除する必要があります。

株主総会の議決権なども権利付売買最終日までに返却指示を行わない場合、貸出先に所有権があります。

貸株サービスを利用している間の株式は保護預りの株式と種別が異なります。証券会社が破綻した場合、保護対象にならないため注意しましょう。


カブドットコム証券の貸株サービスの貸出先

貸出を行った株式は、主に外資系金融取引業者や金融機関に貸出されます。

格付けの高い機関に限定されるため安全性が高く、貸株料を安定して受取できるしくみです。

貸出先が破綻した場合カブドットコム証券も影響を受ける可能性がありますが、貸株は担保を得た上で貸し出されています。


貸株サービスの取引時間

貸株サービスの取引時間

貸出や返却指示は原則24時間いつでも利用可能です。営業日の7時から15時30分まではリアルタイムで指示受付ができます。

営業日の0時から7時までは当日予約受付を行っており、7時までは取消も可能です。営業日15時30分以降と休日は翌営業日受付の予約を行っています。

予約期間は取消が可能です。


カブドットコム証券の貸株金利

カブドットコム証券で貸株サービスを利用すると、貸株料の名目で金利の受取ができます。金利は銘柄ごとに異なりますが、3種類に分類されます。

金利1.0%以上のボーナス銘柄は100銘柄以上あり、金利0.50%の銘柄は約200から1,000銘柄です。

金利0.10%の銘柄が多くを占め、約2,500から3,000銘柄用意されています。


自動優待取得サービスの利用

株主優待を確実に受け取りたい場合、自動優待取得サービスの設定が便利です。権利付最終日に自動で返却申込が行われるため、株主優待の権利が生まれます。

また株主優待の権利取得後は自動貸出が行われるため、再度設定する必要がありません。自動貸出による貸株料は貸出設定後4営業日目から付与されます。

自動優待取得サービスの設定は、権利付最終日の前営業日23時までに行いましょう。

手動で株主優待の取得をする場合は権利付最終日当日の15時30分までに返却申込指示が必要です。


カブドットコム証券で貸株銘柄を確認する方法

ログイン前に貸株対象銘柄を確認する方法

ログイン前に貸株対象銘柄を確認する方法

ログイン前のページでも、一部の貸株対象銘柄、停止銘柄の確認が可能です。

カブドットコム証券のホーム画面から商品・サービス内の貸株サービスを選択し、対象銘柄のページに移動します。

前月のボーナス銘柄や0.5%銘柄が確認可能で、カブドットコム証券の貸株取扱銘柄の傾向を知りたい場合に役立ちます。

ログイン前のページでは毎月下旬頃に各種ボーナス銘柄が更新されますが、金利の見直しは月初に行われるため正確な金利を知りたい場合はログイン後のマイページで確認しましょう。


ログイン後に貸株対象銘柄を確認する方法

ログイン後に貸株対象銘柄を確認するには、個別銘柄画面や貸株サービスの貸出・返却指示画面を利用します。

毎月1日から当月金利が適用されますが、見直しの7日前に翌月の金利が確定します。

有利な金利が設定されている銘柄を探したい時や買付したい銘柄がある場合、個別銘柄画面で金利や対象銘柄を確認し株の買付を行うとスムーズです。

保有銘柄の金利確認は貸株サービス貸出・返却指示画面で行いましょう。


貸株サービス停止銘柄の確認方法

貸株サービス停止銘柄の確認方法

対象銘柄だけでなく、カブドットコム証券の都合や上場廃止、併合などにより貸株サービスが停止された銘柄はログイン前の画面でも確認できます。

カブドットコム証券のホーム画面の商品・サービス画面から貸株サービス内の停止銘柄で確認ができます。

貸株サービスの停止は状況によりいつでも行われるため、企業の動向を確認しておくことも大切です。


他社の貸株サービスとの違い

カブドットコム証券の貸株サービスはボーナス銘柄が多く、金利が10%になる銘柄もあります。

ボーナス銘柄を積極的に取引し、貸株サービスで貸出を行うと利益も得やすくなります。

他社でも貸株サービスは展開されていますが、カブドットコム証券の貸株サービスには0.5%銘柄など有利な金利設定の銘柄も多数用意されています。

金利ボーナスがある銘柄は証券会社によって異なるため、自分に合う銘柄を取り扱っている証券会社を選ぶことがおすすめです。


カブドットコム証券で貸株をするまでの流れ、金利受取のタイミング

カブドットコム証券の貸株サービスの申込方法

カブドットコム証券の貸株サービスの申込方法

カブドットコム証券では、Webサイトで貸株サービスの申込を24時間受け付けています。PC向けのサイトのみ対応しているため、貸株サービスの申込はPCから行いましょう。

申込をする場合はログイン後のトップ画面から取引画面一覧メニュー内の貸株をクリックします。らくらく電子契約の画面で基本契約書や合意書を確認し、申込手続きを行いましょう。

貸株サービスの申込自体は以上で完了です。特に審査などで時間がかかることもありません。申込後はすぐに貸出ができます。


株の貸出方法

貸株をする場合、まずは現物取引で株式を手に入れましょう。この時、貸株の対象銘柄になっているか、個別銘柄画面で確認しておくことが重要です。

また現物取引でもプチ株は貸株サービスの対象外のため、単元株の買付が必要です。

貸株対象銘柄を買付し、受渡日以降に貸出指示が可能です。貸株の貸出・返却指示画面から貸出したい銘柄の貸出ボタンをクリックします。

貸出を行う株数を入力し、確認画面でパスワードを入力しましょう。営業日の15時30分までに行った手続きは当日中に処理され、翌営業日から貸株料が発生します。


株の返却方法

株の返却方法

貸し出している株を返却して欲しい場合は、貸株サービスの貸出・返却指示画面で返却したい銘柄を選択し、返却ボタンをクリックします。

株数を入力し、確認画面でパスワードを入力すると手続きは完了です。


貸出と返却を自動で行いたい場合

株主優待の取得など、貸株サービスを利用しながら株主の権利を取得したい場合は自動優待取得サービスを利用しましょう。

自動優待取得の設定は銘柄ごとに変更でき、貸出・返却指示画面から可能です。

なお自動優待取得設定は権利確定日が明示されている銘柄のみ利用可能です。株主優待の権利確定日が不定期の場合は利用できない為注意しましょう。

長期保有の条件がある株式は自動優待取得サービスの対象外のため、一時的な保有で株主優待取得の権利がある銘柄のみ有効です。


貸株サービスの金利受取タイミング

貸株サービスでは、毎月月末締めで金利が計算されます。翌月第2金曜日の翌営業日に証券口座に入金されるため、自動的に金利受取が可能です。

受取方法は証券口座のみで、指定した銀行口座への出金は手作業で行います。

貸株サービスの金利付与は自動通知サービスの対象です。通知を受け取りたい場合は自動通知サービスを設定しておきましょう。


まとめ

まとめ

ここまでカブドットコム証券の貸株サービスについて見てきました。

内容を簡単にまとめておきましょう。

  • カブドットコム証券の貸株サービスはにはボーナス金利銘柄がある
  • 金利は個別銘柄画面や貸出・返却指示画面から確認可能
  • 自動優待取得サービスで株主優待も受け取りやすくなる

カブドットコム証券では貸株サービスを利用でき、保有中の株式を有利に運用できます。

貸株サービスの申込はWebサイトで24時間対応しており、申込手続き後すぐに貸出が可能です。対象銘柄やボーナス金利銘柄は限られますが、10%の金利付与対象の銘柄もいくつかあります。

株式を長期保有するかたやボーナス銘柄を貸出して利益を得たい場合は、積極的に対象銘柄の確認を行いましょう。

貸株の金利は毎月見直しされ、1日から当月の金利が反映されます。見直しの7日前には翌月の金利が発表されるため、下旬頃に個別銘柄画面をチェックしておくと便利です。

カブドットコム証券の詳細を見てみる

当サイトおすすめネット証券

SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。

手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

当サイトでもイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。

SBI証券の公式サイトはこちら SBI証券の詳細

カブドットコム証券は投資成績重視の証券会社。自動売買を駆使したきめ細かいリスク管理が可能になるので、結果的に最終的な投資成績を向上させます。

手数料は現物で最低90円からと安くなり、高機能ツールも提供しています。

人気の優待タダ取りに必須の短期一般信用銘柄が豊富で、優待投資派の人にもおすすめの証券会社です。

カブドットコム証券の公式サイトはこちら カブドットコム証券の詳細

マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。

マネックス証券の公式サイトはこちら マネックス証券の詳細

楽天証券

楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。

楽天証券の公式サイトはこちら 楽天証券の詳細

IPO投資におすすめの証券会社

IPOは当選すれば高確率で値上がりが期待できる、超低リスクハイリターンの人気投資法です。

人気ゆえに激しい競争率がネックで、当選は難しいと考えている人もいますが、コツをつかめば当選確率は驚くほど上がります。

当サイトではIPOの当選確率を上げる方法おすすめの証券会社を紹介していますので、IPO投資に興味がある人はぜひ参考にしてください。

IPO投資におすすめ証券会社ランキング


注目の新サービス

WealthNavi(ウェルスナビ)

最近話題の「ロボアドバイザー」は、AIが投資判断をして運用をしてくれるサービスです。

中でもウェルスナビが人気で、ロボアドバイザーで預かり資産とユーザー数No1になっています。

ETFで国際分散投資を実施し、再投資リバランスを自動で行うだけでなく、税金も最適化して運用してくれます。

預かり資産にかかる手数料は0.5%から1%となっていて、「長期割」という運用継続期間に応じた割引もあります。

手間を省いて資産運用をしたい人におすすめのサービスで、まずは少額からでも運用結果を見てみましょう。

ウェルスナビで運用プラン診断してみる(無料)



サブコンテンツ

このページの先頭へ