他社で持っている株をカブドットコム証券に移管する方法、メリット

他社で持っている株をカブドットコム証券に移管する方法、メリット

複数の証券会社で株式を保有している場合、状況によっては移管した方が今後の投資が有利になるケースがあります。

証券会社ごとにそれぞれ特徴があるため明確な目的がある場合は別ですが、特に理由なく複数の証券会社で株式を保有している場合は移管によってメリットを得ることもできます。

ここでは他社からカブドットコム証券に株式を移管する方法や、メリットを紹介します。


他社で持っている株をカブドットコム証券に移管する方法、メリット

移管できる株式と預り区分

移管できる株式と預り区分

株式の移管を行うには、まず移管できる株式か確認が必要です。預り区分によっては移管したい口座に移管できないことがあるため、注意しましょう。

株式の移管の場合、特定口座に保管している株式は特定口座にのみ移管できます。他社の特定口座で取引を行っている場合は、カブドットコム証券でも特定口座を開設しておきましょう。


他社で持っている株をカブドットコム証券に移管する方法

まず、株式を保有している移管元に株式口座振替依頼書を請求します。請求方法は移管元の手続き方法によって異なりますが、主にマイページやサポートセンターなどから請求が可能です。

次に、株式口座振替依頼書を記入・捺印の上、移管元に提出します。

振替先にはカブドットコム証券の情報を記入しましょう。記入内容はカブドットコム証券の株式振替解説ページに記載されています。


特別口座から移管する場合

特別口座から移管する場合

特別口座は保管振替機構に預託されていない株式を保管するための口座です。特別口座は保管のみの口座で売買はできません。売却を行う場合は特別口座から証券会社の口座に移管が必要です。

特別口座の株式を移管する場合は、カブドットコム証券に口座振替依頼書を請求します。口座振替依頼書はカブドットコム証券にログイン後、書類請求ページから請求できます。

口座振替依頼書を記入・捺印の上、カブドットコム証券に提出します。手続き完了後、カブドットコム証券に株式が移動します。


特別口座の株式を移管する際の注意点

特別口座の株式をカブドットコム証券に移管する場合、事前にカブドットコムで株取引を行っておく方がスムーズに手続きが進みます。

カブドットコム証券に株式の残高がない場合は、事前にお客様サポートセンターに連絡が必要です。

また振替する株式数は、必ず特別口座に保管している数量内で記入が必要です。保管数量異常の数を記入した場合、手続きに時間を要することがあります。

届出印は信託銀行に届出しているものを利用しましょう。


他社で持っている株をカブドットコム証券に移管するメリット

カブドットコム証券は移管出庫と入庫手数料が無料

カブドットコム証券は移管出庫と入庫手数料が無料

カブドットコム証券で株式を管理した場合、将来他社に移管を考えた場合でも出庫手数料が無料です。状況によって株式を移管する可能性があるかたでも、カブドットコム証券なら移管のコストが軽減されます。

入庫にも手数料がかからないため、移管元の出庫手数料がかからない場合は費用をかけずに株式の移管ができます。

株式の管理に費用もかからないため、口座管理手数料などを設定している金融機関で株を保有するよりも運用コストが下がります。


株式が担保になる

ネット証券の多くは保有株式が信用取引の担保となります。しかし先物・オプション取引やFX取引の担保となるネット証券は少ないことが現状です。

カブドットコム証券では株式と投資信託が信用取引、先物・オプション取引、FX取引すべての担保になるため保証金や証拠金の維持率アップにつながります。

預り金以上に取引を行いたい場合は、カブドットコム証券に保有株式をまとめておくと有利です。


貸株サービスが充実している

カブドットコム証券では、貸株サービスが充実していることが特徴です。カブドットコム証券は2018年3月時点の貸株サービスの格付けでA+を獲得しており、安定した利益が期待できます。

ボーナス銘柄の取扱も多く、他社で保有しているだけだった株式も有利に運用できます。

貸株サービスの年率は最大20%の実績があり、貸株サービスの利用だけで運用益がアップします。


配当金自動受取サービスが利用可能

カブドットコム証券では配当金自動受取サービスが利用可能で、証券口座で配当金の受取ができます。

受取方法の設定によって配当金と株式などの損益と通算も可能です。配当金の受取をスムーズにしたいかたや自動で損益通算をしたいかたにも便利です。


株式の取引手数料軽減につながる

株式の取引手数料軽減につながる

カブドットコム証券の取引手数料は店舗型の証券会社に比べて安く設定されているため、今後株式の買い増しを考えているかたにも有利です。

取引手数料が安くなることで、運用コストの軽減ができます。現在店舗型証券会社で株式を保管している場合や、手数料が高いネット証券で株式を保有している場合は移管も検討してみましょう。


外国株式の取扱が多く移管しやすい

外国株式は証券会社によって取扱が異なるため、移管先に同銘柄の取扱がなく移管ができないケースもあります。

カブドットコム証券は外国株式の取扱にも力を入れており、取扱銘柄も豊富です。

また取引手数料や受渡日も他社に比べて有利に設定されています。

銘柄の取扱がなく株式移管を諦めていたかたも、移管したい株式があるかチェックしてみましょう。


株式の管理を楽にしたい場合に有利

株式を複数の証券会社に預けている場合、状況を確認するだけでも手間がかかります。また確定申告を行う場合は各証券会社の損益を合算する手間もかかるため、一つの証券会社に株式を集めることも検討してみましょう。

カブドットコム証券は比較的手数料も安く、移管入出庫の手数料も無料のため移管しやすいことが特徴です。


まとめ

まとめ

ここまでカブドットコム証券に株を移管する方法やメリットについて見てきました。

内容を簡単にまとめておきましょう。

  • カブドットコム証券への株式移管は入出庫どちらも手数料無料
  • 口座振替依頼書を請求して移管を行う
  • 移管によるメリットはコスト軽減や貸株サービスなどがある

カブドットコム証券には、手数料無料で移管できます。他社で出庫手数料が必要な場合は完全に移管コストが無料になることはありませんが、カブドットコム証券からの出庫手数料は無料に設定されているため、今後他社に移管する場合も余計なコストがかかりません。

株式を移管すると、運用コストの軽減につながるケースもあり管理の手間も省けます。またカブドットコム証券は外国株式の手数料が安く、貸株サービスの利率も高いため他社よりも運用益のアップにつながります。

カブドットコム証券の詳細を見てみる


注目の新サービス

SBIネオモバイル証券

SBIネオモバイル証券は「Tポイント」で株が買える日本初のサービスです。

1株単位で株が購入できるので、500ポイント程度で投資が始められて、普段の生活でたまったポイントで有名企業の株主になることができます。

月額200円で取引し放題になっていて、毎月200ポイントがもらえるので実質無料で取引し放題。

サービス登録後、Tポイントの利用手続きをするだけですぐに取引できるので、Tポイントをためている人で投資に興味があるならぜひ利用してみてください。

手間を省いて資産運用をしたい人におすすめのサービスで、まずは少額からでも運用結果を見てみましょう。

【公式】ネオモバイル証券




当サイトおすすめネット証券

SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。

手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

当サイトでもイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。

SBI証券の公式サイトはこちら SBI証券の詳細

カブドットコム証券は投資成績重視の証券会社。自動売買を駆使したきめ細かいリスク管理が可能になるので、結果的に最終的な投資成績を向上させます。

手数料は現物で最低90円からと安くなり、高機能ツールも提供しています。

人気の優待タダ取りに必須の短期一般信用銘柄が豊富で、優待投資派の人にもおすすめの証券会社です。

カブドットコム証券の公式サイトはこちら カブドットコム証券の詳細

マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。

マネックス証券の公式サイトはこちら マネックス証券の詳細

楽天証券

楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。

楽天証券の公式サイトはこちら 楽天証券の詳細

IPO投資におすすめの証券会社

IPOは当選すれば高確率で値上がりが期待できる、超低リスクハイリターンの人気投資法です。

人気ゆえに激しい競争率がネックで、当選は難しいと考えている人もいますが、コツをつかめば当選確率は驚くほど上がります。

当サイトではIPOの当選確率を上げる方法おすすめの証券会社を紹介していますので、IPO投資に興味がある人はぜひ参考にしてください。

IPO投資におすすめ証券会社ランキング

サブコンテンツ

このページの先頭へ