マネックス証券の出金方法の種類と最速で出金する方法

マネックス証券の出金方法の種類と最速で出金する方法

マネックス証券で取引を行ったことにより利益が出た場合、現金化するために出金手続きを行う必要があります。

マネックス証券では、2通りの出金方法があり、それぞれに特徴があります。

この記事では、マネックス証券の出金方法の種類と手数料、口座に出金が反映されるタイミングなどを紹介します。

最速で出金する方法を知りましょう。


マネックス証券の出金方法の種類と手数料

マネックス証券の出金方法の種類と手数料

マネックス証券の出金方法は、インターネットなどを通じ出金先金融機関口座に出金する方法と、マネックスセゾンカードを使用してATMから出金する方法の2通りあります。


出金先金融機関口座に出金する方法

出金先金融機関口座は、事前に登録した口座のみ使用できます。

出金先金融機関口座の変更は、Webサイトの「登録内容確認・変更」より即時に変更されます。必ず本人名義の口座を登録しましょう。

出金先金融期間口座への出金指示は、インターネットまたはコールセンターからできます。手数料はいずれの場合も無料です。

インターネット申込みは、パソコン、スマートフォン、タブレット端末、携帯電話などから使用できます。


インターネット

インターネットで出金するには、Webサイトにログイン後、「入出金」から「出金指示」を選択し、クリックします。

出金したい金額を入力し、内容確認ボタンを押すと、出金先金融機関口座に振り込みがされます。

口座に出金が反映されるタイミングは、インターネットを利用する場合は、営業日の5時~15時または17時~20時28分に申し込んだ場合は翌々営業日、20時28分~翌3時に申し込んだ場合は翌営業日です。

インターネットで土日・祝日の5時~翌3時に申し込んだ場合は、翌々営業日に出金が反映されます。


コールセンター

パソコンが使えない環境の場合は、マネックス証券のお客様サポートコールセンターに問い合わせ、出金指示をしましょう。

コールセンターを利用して口座に出金が反映されるタイミングは、翌営業日です。


マネックスセゾンカードを使用してATMから出金する方法

マネックスセゾンカードを使用してATMから出金する方法

もう一つの出金方法は、マネックスセゾンカードを利用し、ゆうちょ銀行ATM、セブン銀行ATM、クレディセゾンのATM・CDのいずれかから現金を引き出す方法です。

マネックスセゾンカードは、マネックス証券のキャッシュカードとセゾンのクレジットカードが一体になったカードです。

入会金および年会費は無料です。マネックス証券への入出金ができるカードは、マネックスセゾンカードのみです。

ATM・CDは、1日当たりの出金限度額が100万円に限られます。それ以外にも、ATMやCDの機械による制限がかけられる場合があります。

マネックスセゾンカードを使用した出金は、利用する金融機関によっては手数料が必要となります。セブン銀行ATMから出金する場合は、出金手数料が無料です。

ゆうちょATM・CDおよびクレディセゾンATM・CDから出金する場合は、1回の出金ごとに100円の手数料が必要です。

クレディセゾンATM・CDは、出金のみ利用でき、入金はできません。


マネックス証券から最速で出金する方法

マネックス証券から最速で出金する方法

上記2つの方法のうち、出金先金融期間口座への出金は、手数料が無料な反面、出金が完了するまで1~数日かかります。

それに対し、マネックスセゾンカードを使用すると、ATMから即時出金できます。

マネックス証券から最速で出金するには、まずマネックスセゾンカードを作成しましょう。

国際ブランドVISAが使え、マネックスセゾンカードでショッピングなどを行った場合、そのカード利用代金をマネックス証券の証券総合取引口座から引き落とすことが可能で、便利です。

また、希望すればETC機能や各種保険などを付帯サービスで申し込むことが可能です。月額料金が必要となる場合があるため、注意しましょう。

また、標準で永久不滅ポイントがもらえます。永久不滅ポイントは、ポイント使用期限がありません。

カードを使用したショッピング等で1,000円ごとに1ポイントたまり、還元率は約0.5%です。

マネックス証券で投資信託を購入する際、販売手数料のうち、1.5%相当のポイントが付与されるため、お得です。

永久不滅ポイントをマネックスポイントに交換することも可能です。

マネックスセゾンカードで出金する際、手数料が無料となる時間帯に行くと、お得です。

セブン銀行ATMで7時~19時の間に出金すると、出金手数料は無料です。

それ以外のATMや時間帯に行くと、1回の出金ごとに100円~200円の手数料が必要です。


まとめ

まとめ

マネックス証券の出金方法の種類と手数料、最速で出金する方法を紹介しました。まとめると以下の通りです。

  • インターネットなどで口座に振り込む出金方法は手数料が無料な反面、出金完了まで時間がかかる
  • マネックス証券から最速で出金する方法は、マネックスセゾンカードを使いATMを使用する
  • マネックスセゾンカードを利用してマネックス証券から出金できる場所はゆうちょ銀行ATM、セブン銀行ATM、クレディセゾンのATM・CDのいずれか

マネックス証券では、インターネットまたはコールセンターを利用して、事前に登録した出金先金融機関口座に出金する方法があります。

自宅などからも手続き可能で、手数料無料ですが、口座に出金額が反映されるまでに日数を要します。

それに対し、マネックスセゾンカードを作成し、ゆうちょ銀行ATM、セブン銀行ATM、クレディセゾンのATM・CDのいずれかを使用すると、即時に出金されます。

この方法がマネックス証券から出金する最速の方法ですが、手数料が必要となる場合があります。

マネックス証券の詳細を見てみる

当サイトのおすすめネット証券

SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。
手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

当サイトでももちろんイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。
koushiki2

マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。
koushiki2

カブドットコム証券は投資成績重視の証券会社。自動売買を駆使したきめ細かいリスク管理が可能になるので、結果的に最終的な投資成績を向上させます。

手数料は現物で最低90円からと安くなり、高機能ツールも提供しています。

人気の優待タダ取りに必須の短期一般信用銘柄が豊富で、優待投資派の人にもおすすめの証券会社です。
koushiki2

楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。
koushiki2



注目の新サービス

WealthNavi(ウェルスナビ)

最近話題の「ロボアドバイザー」は、AIが投資判断をして運用をしてくれるサービスです。

中でもウェルスナビが人気で、ロボアドバイザーで預かり資産とユーザー数No1になっています。

ETFで国際分散投資を実施し、再投資リバランスを自動で行うだけでなく、税金も最適化して運用してくれます。

預かり資産にかかる手数料は0.5%から1%となっていて、「長期割」という運用継続期間に応じた割引もあります。

手間を省いて資産運用をしたい人におすすめのサービスで、まずは少額からでも運用結果を見てみましょう。

ウェルスナビで運用プラン診断してみる(無料)



サブコンテンツ

このページの先頭へ