楽天証券でETF・海外ETFを手数料無料で取引する方法

rakuten-sec3
ETFは低コストで日経平均株価などの代表的な指数に投資できるため、少ない資金で日本全体に投資できる(分散効果がある)ため人気の商品です。海外の市場に上場する「海外ETF」も同様に低コストでグローバルな投資が可能になるため人気の商品です。

ETFで投資する人はコストを抑えて投資したい人が多いので、手数料を無料にしたいと考えている人も多くいると思います。

「さすがに手数料無料は無理か」と考えている人もいるかもしれませんが、結論としては楽天証券でETFや海外ETFを手数料無料で取引する方法はあります。

どのような方法なのか、またどのような条件があるのか、本ページでは楽天証券でETF、海外ETFを手数料無料で取引する方法を紹介します。

楽天証券で取引できるETF・海外ETFの種類と手数料

  • 国内ETF:国内株式の取引手数料がかかる
  • 海外ETF:上場国の外国株式の取引手数料がかかる

まずは楽天証券で取引できるETFや海外ETFの種類を見ていきましょう。

楽天証券で取引できるETFには国内市場に上場する国内ETFと、海外市場に上場する海外ETFの2種類があります。

国内ETFの取引手数料は国内株式と同じになりますので、選択しているコース、現物取引か信用取引かで変わってきます。詳細は楽天証券の手数料紹介ページをご覧ください。

海外ETFは各国の取引所に上場するETFを取引するもので、扱いとしては外国株取引となりますので、上場している国の外国株手数料がかかります。

■楽天証券で取引可能なETFと手数料

種類 商品分類 取引手数料
国内ETF 国内株式 楽天証券の国内株式手数料に準ずる
※「楽天225ダブルブル」と「楽天225ダブルベア」の取引手数料は無料
海外ETF 米国株式(229銘柄) 1取引あたり25米ドル(税別)
楽天証券の米国株式手数料の詳細
中国株式(47銘柄) 約定代金の0.50%(税別)
楽天証券の中国株式手数料の詳細
アセアン株式(61銘柄) 約定代金の1.0%(税別)
楽天証券のアセアン株式手数料

楽天グループの楽天投信が運用している「楽天225ダブルブル」と「楽天225ダブルベア」を除くと国内ETFはすべて国内株式の手数料がかかり、海外ETFについてはすべて外国株式の手数料がかかります。

楽天証券の外国株取引には最低手数料も設定されており、必ず手数料がかかります。


楽天証券でETFを手数料無料で取引する方法

  • 「楽天225ダブルブル」と「楽天225ダブルベア」を取引する
  • NISA口座で取引をする

「楽天225ダブルブル」と「楽天225ダブルベア」を取引する

楽天証券で手数料無料でETFを取引する方法としては、まず唯一手数料が無料に設定されている「楽天225ダブルブル」と「楽天225ダブルベア」を取引する方法があります。

rakuten-ETF1

「楽天225ダブルブル」と「楽天225ダブルベア」は日経平均株価の2倍の値動きをするように設定されているETFでリスクはありますが、指数に沿った動きをする点に変わりはありません。

本来投資したい金額の半分の金額を投資すれば普通の日経平均に連動するETFとほぼ同じ投資効果を得ることができますので、むしろ資金効率は良いです。

また楽天225ダブルETFは同様のレバレッジETFと比べて保有コストである信託報酬が安い点も魅力です。

商品 信託報酬(税別)
楽天225ダブルブル
楽天225ダブルベア
0.378%/年
東証上場のレバレッジETF平均 0.812%/年

※楽天投信投資顧問調べ

非常に低コストで日経平均に投資できるので、楽天証券でも人気の投資信託で、さらに取引手数料が無料ということであれば、普通の日経平均連動のETFやレバレッジETFに投資するのであれば楽天225ダブルETFに投資するのが良いですね。

これら2銘柄はネット注文することで、すべての投資家の取引手数料が完全に無料になります。

楽天証券の口座開設(無料)


NISA口座で取引をする

またもう一つの方法としてNISA口座で取引をする方法があります。

rakuten-ETF2

楽天証券のNISA口座では国内株式、投資信託、外国株式が取引可能になっていますが、国内株式についてはすべて手数料無料になっています。外国株式は基本的には手数料が通常の口座と同じようにかかりますが、海外ETFだけは例外的に買付時のみ手数料無料となっています。

売却時の手数料はかかってしまいますが、NISAの期間である5年間いっぱい保有していれば利益も大きくなり、取引コストはかなり少なくなります。

■楽天証券のNISA口座の取引手数料

商品 手数料
国内株式国内株式
(国内ETF・ETN・REITを含む)
すべて無料
投資信託 銘柄によって異なる
米国株式 有料
中国株式 有料
アセアン株式 有料
海外ETF
(米国ETF・中国ETF・シンガポールETF)
買付のみ手数料無料

買付手数料のみではありますが、手数料が無料になるのは大きく、日経平均に連動するETF以外のETFに投資したい人はNISAを活用するのが良いですね。

NISAを活用する場合は、NISAの投資枠である年間120万円分しか取引ができず、手数料が無料になるのも当然年間120万円までとなりますので、多くの資金を運用したい人には向いていないかもしれません。

一部の銘柄や特定の条件下という制約はありますが、取引手数料無料で人気のETFを売買できるのは非常に大きなメリットですので、ぜひうまく活用して資産形成に役立てましょう。

楽天証券の口座開設(無料)


当サイトおすすめネット証券

SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。

手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

当サイトでもイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。

SBI証券の公式サイトはこちら SBI証券の詳細

カブドットコム証券は投資成績重視の証券会社。自動売買を駆使したきめ細かいリスク管理が可能になるので、結果的に最終的な投資成績を向上させます。

手数料は現物で最低90円からと安くなり、高機能ツールも提供しています。

人気の優待タダ取りに必須の短期一般信用銘柄が豊富で、優待投資派の人にもおすすめの証券会社です。

カブドットコム証券の公式サイトはこちら カブドットコム証券の詳細

マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。

マネックス証券の公式サイトはこちら マネックス証券の詳細

楽天証券

楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。

楽天証券の公式サイトはこちら 楽天証券の詳細

IPO投資におすすめの証券会社

IPOは当選すれば高確率で値上がりが期待できる、超低リスクハイリターンの人気投資法です。

人気ゆえに激しい競争率がネックで、当選は難しいと考えている人もいますが、コツをつかめば当選確率は驚くほど上がります。

当サイトではIPOの当選確率を上げる方法おすすめの証券会社を紹介していますので、IPO投資に興味がある人はぜひ参考にしてください。

IPO投資におすすめ証券会社ランキング


注目の新サービス

WealthNavi(ウェルスナビ)

最近話題の「ロボアドバイザー」は、AIが投資判断をして運用をしてくれるサービスです。

中でもウェルスナビが人気で、ロボアドバイザーで預かり資産とユーザー数No1になっています。

ETFで国際分散投資を実施し、再投資リバランスを自動で行うだけでなく、税金も最適化して運用してくれます。

預かり資産にかかる手数料は0.5%から1%となっていて、「長期割」という運用継続期間に応じた割引もあります。

手間を省いて資産運用をしたい人におすすめのサービスで、まずは少額からでも運用結果を見てみましょう。

ウェルスナビで運用プラン診断してみる(無料)



サブコンテンツ

このページの先頭へ