楽天証券を利用して日経新聞を無料で見る方法と注意点

最終更新日: 2018年2月6日



楽天証券

ビジネスマンや投資をしている人は日経新聞を読んでいる人が多いと思いますが、日経新聞の購読は月に4,000円前後がかかり、年間にすると5万円ほどのお金がかかります。

これを高いと思うか安いと思うかは人それぞれですが、楽天証券を利用することで日経新聞を実質的に無料で読むことができるなら利用しない手はありませんよね。

年間5万円が浮くと、10年20年たつと大きな資産を作ることもでき、結構大きな金額です。利用しないのはもったいないので、本ページで紹介する楽天証券を利用して無料で日経新聞を見る方法を参考にしていただければと思います。

楽天証券に口座開設すると日経テレコンを無料で見ることができる

  • 楽天証券に口座を開設するだけ

「無料で日経新聞を見る方法」というと色々と条件や手続きが必要と思ってしまいますが、必要なことは楽天証券に口座を開設するだけです。

これだけで日経新聞を無料で見ることができます。

楽天証券で口座開設をすると、マーケットスピード上で日経テレコンを見ることができます。

日経テレコンは日経電子版とは異なりますが、日経新聞をはじめとした各種新聞や雑誌の情報を見ることができ、普通に契約すると1IDで月8,000円ほどかかるサービスです。日経電子版よりも高額なサービスでこれを無料の口座開設をするだけで利用できるのは太っ腹ですね。

楽天証券で配信される日経テレコンのサービスは楽天証券用にカスタマイズされていますが、日経新聞の朝刊・夕刊をはじめ以下の情報を閲覧することが可能になっています。

過去1年間の記事検索もできますので、普通の人なら十分満足できる内容かと思います。

■楽天証券用の日経テレコンの内容

  • 日経速報ニュースの閲覧
  • 日本経済新聞(朝刊・夕刊)、日経産業新聞、日経MJなどの閲覧(3日分)
  • 過去1年分の新聞記事検索

主要なネット証券では楽天証券だけの特典ですので、楽天証券の口座を持っていない人はぜひゲットしましょう。

楽天証券の口座開設(無料)


楽天証券で日経テレコンを見る方法

楽天証券の日経テレコンはトレーディングツールのマーケットスピード上で閲覧することができます。

楽天証券の口座開設後にマーケットスピードをダウンロードし、ログイン後のメニューのニュース>日経テレコンを選択することで閲覧することが可能です。

日経テレコン

マーケットスピードは有料のツールですが、口座開設後3か月は無料で利用することができ、無料でできる信用取引、先物取引、FX口座を開設することで永久に無料で利用することができます。

簡単な条件で無料で利用できますので、口座開設後はぜひこれらの条件を満たしておきたいですね。一番簡単なのは信用取引の口座やFXの口座を開設しておくことです。

■マーケットスピードの無料利用条件

  • 新規口座開設から3か月間
  • 信用口座、先物・オプション取引口座、楽天FX取引口座の開設
  • 預り資産残高30万円以上
  • 過去3カ月に一度でも約定がある

日経テレコンのためだけに楽天証券に口座開設している人も相当数いるそうなので、日経新聞代が高いと感じている人はぜひ楽天証券を活用すると良いでしょう。

楽天証券の口座開設(無料)


口座開設することで日経テレコンを見れる証券会社

  • 楽天証券
  • 大和証券
  • 丸三証券

口座開設するだけで日経テレコンが無料で利用できるようになる証券会社は2015年12月時点で3社あり、楽天証券のほかに大和証券、丸三証券があります。

どの証券会社の口座も口座開設料は無料ですし、維持管理にお金もかかりません。

日経を読みたいだけならどの証券会社で口座を開設しても見ることができますので、好きな証券会社の口座を開設すると良いでしょう。

将来的に株式取引や資産運用を考えているようでしたら、投資商品が豊富で手数料も安い楽天証券の口座を開いておくことをおすすめします。楽天証券はネット証券でも大手で多くの個人投資家が楽天証券を利用しています。

楽天証券の口座開設(無料)

大和証券は有名ですが、ネットで株を買うにはネット専業証券よりも手数料が高くなるためあまりおすすめできません。

ただし、IPOの取り扱いが多く主幹事もしています。(主幹事の証券会社は多くのIPO株を投資家に配分できます)ネット口座からでもIPOの応募ができますのでIPO狙いの人は大和証券にも口座開設すると良いでしょう。

ただし色々な株の配分のしくみからIPOだけの投資家は大和証券ではまず当たりませんので、本気でIPOの当選を目指すならネット証券を活用することをおすすめします。

  • IPO投資で初心者が株で勝つ方法と当選確率を上げるコツ

  • 当サイトのおすすめネット証券

    SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。
    手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

    当サイトでももちろんイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。
    koushiki2

    マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

    株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

    また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。
    koushiki2

    カブドットコム証券は投資成績重視の証券会社。自動売買を駆使したきめ細かいリスク管理が可能になるので、結果的に最終的な投資成績を向上させます。

    手数料は現物で最低90円からと安くなり、高機能ツールも提供しています。

    人気の優待タダ取りに必須の短期一般信用銘柄が豊富で、優待投資派の人にもおすすめの証券会社です。
    koushiki2

    楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

    口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

    高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。
    koushiki2



    注目の新サービス

    WealthNavi(ウェルスナビ)

    最近話題の「ロボアドバイザー」は、AIが投資判断をして運用をしてくれるサービスです。

    中でもウェルスナビが人気で、ロボアドバイザーで預かり資産とユーザー数No1になっています。

    ETFで国際分散投資を実施し、再投資リバランスを自動で行うだけでなく、税金も最適化して運用してくれます。

    預かり資産にかかる手数料は0.5%から1%となっていて、「長期割」という運用継続期間に応じた割引もあります。

    手間を省いて資産運用をしたい人におすすめのサービスで、まずは少額からでも運用結果を見てみましょう。

    ウェルスナビで運用プラン診断してみる(無料)



    サブコンテンツ

    このページの先頭へ