楽天証券でAI(人工知能)を活用した投資商品、サービス

楽天証券でAI(人工知能)を活用した投資商品、サービス

AI(人工知能)は近年急速に普及している新しい技術です。証券会社でもAIを活用した商品を取り扱うところが増えています。

楽天証券にもAIを使った投資商品やサービスがあり、多くの顧客がAI技術を利用していることが特徴です。ここでは楽天証券で購入できるAIを活用した投資商品や、サービスなどを紹介しています。


楽天証券でAI(人工知能)を活用した投資商品、サービス

楽天証券の楽ラップとは

楽天証券の楽ラップとは

楽天証券でAIを活用した主なサービスは楽ラップです。楽ラップはロボ・アドバイザーが最適な投資商品を提案するだけでなく、投資信託の管理や追加購入など、すべての作業を人の代わりに行うことが特徴です。

手数料コースや運用コースが選択できるため、自分に合った投資スタイルで投資信託の運用が可能です。購入者は自分で何もする必要がないため、投資商品を探す手間や管理の手間が省けます。


楽ラップの取引までの流れ

楽ラップでは、まず無料で16の質問に答えることで最適な投資商品が分かります。この無料診断は何度でも利用可能で、利用したいコースが決まっている場合は質問とは無関係にコース選択を行うこともできます。

運用コースは一度設定した後も、運用中に変更が可能です。


楽ラップの申込方法

楽ラップは楽天証券のマイページより、楽ラップを選択することで申込が可能です。申込金額と積立を設定する場合は積立の金額を入力します。

そして口座区分と手数料コースを設定するだけで、申込は完了です。後はロボ・アドバイザーが適切に管理を行うため、結果を定期的に確認するだけで投資商品が運用可能です。


楽ラップの利用条件

楽ラップは通常の運用と、積立運用を併用することができます。10万円から運用が可能で、積立を併用する場合は最低運用額の10万円とは別途資金の準備が必要です。


運用コースの変更や見直しの方法

運用金額は最低運用額の10万円を上回っている場合、増額や減額が可能です。また運用コースの変更や積立設定も行うことができます。

変更は申込翌月末から可能です。


楽天証券でAIを活用した投資商品とは

楽天証券でAIを活用した投資商品とは

楽天証券で取り扱う投資商品の中には、アセットマネジメントOneが提供する「ディープAI」があります。ディープAIはAIを活用した世界株ファンドです。

買付手数料は無料で、信託報酬は年率1.5552%に設定されています。銘柄の選定がAIを活用して行われているため、適切な銘柄や資産配分が期待できます。世界の株式の中から運用に最適なものが選択されています。

ディープAIは日本以外の外国株に投資を行うことが特徴です。また完全にAIに銘柄選択を任せているわけではなく、間にファンドマネージャーの判断も反映されるため安心です。

2017年9月から提供が開始され、信託期限は2027年に設定されています。


AIを活用した楽天証券の検証とは

楽天証券では投資商品以外にサービス面でもAIを活用しています。たとえば2017年にはコールセンターに寄せられたクレームなどを、AIを使い解析しています。クレーム解析から顧客の隠れたニーズを発見し、サービス向上を目指す構えです。

AIを活用する利用は、オペレーターによる解釈が個人の考えによって異なるためです。コールセンターではクレームや意見などを受けたオペレーターが、手動で対応が必要な案件にチェックを入れています。

しかしこの方法では解釈の違いによって、本来対応するべき案件が見逃される可能性があります。AIを使うことでチェック漏れなど人的ミスやトラブルを防ぐことを目的としています。

現状では検証を行っている段階ですが、楽天証券ではコールセンターのサービスでもAIを採用していく予定です。


楽天証券で今後実装予定のAIを活用したサービス

楽天証券にはFX口座がありますが、このFX口座で「楽天RoboX」がリリース予定です。楽天RoboXはFXの売買をサポートします。本来は2017年にリリース予定でしたが、サービスをより良くするためリリース予定が延期されました。

FX取引でAI技術を活用した取引方法は日本で初めての試みで、今後の開発が期待されています。


まとめ

まとめ

ここまで、楽天証券のAIを活用した投資商品やサービスについて見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • 楽ラップはロボ・アドバイザーが投資のサポートを行うAIを活用したサービス
  • 楽天証券ではファンドにもAI技術を利用した商品がある
  • サービスを向上させる目的でAIを利用した技術も取り入れている

楽天証券で利用できるAIを活用したサービスは、楽ラップです。楽ラップは楽天証券独自のロボ・アドバイザーサービスで、投資信託を組み合わせて運用管理を行います。

投資のことが分からない状態でも簡単な質問に答えるだけでロボ・アドバイザーが銘柄選びから運用管理まで自動で行います。

またその他にも世界株ファンドのディープAIも、AI技術を活かした投資商品です。今後は楽天証券のコールセンターでもAI技術が導入され、FX取引でもロボ・アドバイザーを導入したサービスが展開される予定です。

楽天証券の詳細を見てみる

当サイトのおすすめネット証券

SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。
手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

当サイトでももちろんイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。
koushiki2

マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。
koushiki2

カブドットコム証券は投資成績重視の証券会社。自動売買を駆使したきめ細かいリスク管理が可能になるので、結果的に最終的な投資成績を向上させます。

手数料は現物で最低90円からと安くなり、高機能ツールも提供しています。

人気の優待タダ取りに必須の短期一般信用銘柄が豊富で、優待投資派の人にもおすすめの証券会社です。
koushiki2

楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。
koushiki2



注目の新サービス

WealthNavi(ウェルスナビ)

最近話題の「ロボアドバイザー」は、AIが投資判断をして運用をしてくれるサービスです。

中でもウェルスナビが人気で、ロボアドバイザーで預かり資産とユーザー数No1になっています。

ETFで国際分散投資を実施し、再投資リバランスを自動で行うだけでなく、税金も最適化して運用してくれます。

預かり資産にかかる手数料は0.5%から1%となっていて、「長期割」という運用継続期間に応じた割引もあります。

手間を省いて資産運用をしたい人におすすめのサービスで、まずは少額からでも運用結果を見てみましょう。

ウェルスナビで運用プラン診断してみる(無料)



サブコンテンツ

このページの先頭へ