楽天証券で名義変更が必要になるケースと名義変更の方法

楽天証券で名義変更が必要になるケースと名義変更の方法

楽天証券では顧客情報の変更が可能です。名義変更についても、内容によって受け付けています。

楽天証券で名義変更が必要になるケースや、変更ができないケースについてまとめました。また、合わせて名義変更を行う際の手続きの流れも紹介しています。


楽天証券で名義変更が必要になるケース、名義変更ができないケース

楽天証券で名義変更が必要になるケース

楽天証券で名義変更が必要になるケース

楽天証券では、名前の変更があった場合に名義変更の必要があります。婚姻、離縁により姓が変わった場合やその他の事情で名前を変更した時には、手続きが必要です。

また楽天証券口座と金融機関口座は同一氏名のみ利用ができるため、合わせて金融機関の姓名も変更する必要があります。

名義変更の手続きはオンライン上で行うことができますが、本人確認書類などのアップロードまたは郵送が必要です。


楽天証券で名義変更ができないケース

楽天証券で名義変更ができないケース

楽天証券では、原則本人が取引と口座管理を行います。そのため家族名義への変更などはできません。もし家族が楽天証券で取引を行いたい場合は、本人が口座を開設する必要があります。

口座開設者が何らかの事情で取引をしなくなった場合は、楽天証券の解約を行うか他者の口座へ保有する投資商品を贈与することができます。直接名義変更を行うことはできません。

未成年口座で管理は親が行っている場合でも、名義は子供のものです。途中で名義変更はできません。

未成年口座を開設している子供が婚姻などを行った場合は、名義変更ではなく成年向け口座への切り替えが必要です。

婚姻によって成年扱いとなり、未成年口座が利用できなくなるためです。


楽天証券で別名義へ投資商品の移管が可能なケース

楽天証券で別名義へ投資商品の移管が可能なケース

口座自体を他者の名義に変更することはできませんが、状況により保有している投資商品を別名義の口座へ移管することは可能です。

別名義への移管が可能なケースは口座保有者が亡くなり相続手続きを行う場合と、他者に贈与を行う場合です。

相続と贈与以外では、他者名義の口座に投資商品を移管することはできません。どちらも事前に楽天証券カスタマーサービスセンターへの連絡と、申込書類の提出が必要です。

贈与の場合は銘柄ごとに手数料がかかる他、贈与額によっては贈与税の対象です。相続の場合に手数料の設定はありませんが、相続税はかかります。

相続の場合、投資商品によっては移管手続きではなく売却後の現金入金が行われるものもあります。


楽天証券で名義変更をする方法、流れ

楽天証券で名義変更をする方法

楽天証券で名義変更をする方法

楽天証券で名義変更を行う場合は、変更届の提出が必要です。手続き自体はオンラインで行う方法がスムーズです。


オンラインで名義変更を行う方法

名義変更を行う場合、まずは楽天証券のマイページにログインします。設定・変更より基本情報・マイナンバー・口座を選択し、基本情報からお客様基本情報へ進みます。

基本情報確認・変更画面で氏名の欄にチェックを入れ、変更を行います。必要事項を入力した後、本人確認書類の種類をプルダウンから選び、提出方法を選択します。


名義変更に必要な確認書類

名義変更に必要な確認書類

名義変更には戸籍抄本又は謄本と本人確認書類の2種類を提出するか、氏名、住所の変更が確認できる運転免許証を提出する必要があります。

運転免許証がない場合は、戸籍抄本または謄本を用意しましょう。


本人確認の提出方法

本人確認の提出方法

本人確認書類をアップロードする場合、手持ちのデジカメやスマートフォン を使って撮影するか、スキャナーなどを使ってアップロードします 。裏表が必要なものはどちらも撮影し、ファイルを2種類用意しましょう。

データをPCに移動し、楽天証券のWebサイトから本人確認書類のアップロードボタンをクリックしてファイルをアップロードします。

なおオンラインで手続きを完了した場合も、変更届は書面で提出する必要があります。

オンラインで本人確認書類を提出できない場合は、郵送で提出することも可能です。変更届に同封しましょう。


変更届の提出方法

変更届は楽天証券から郵送を依頼する方法と、自分で印刷をして提出する方法があります。

楽天証券から変更届を郵送する場合は、本人確認書類も合わせて返送します。本人確認書類をアップロードした場合は、変更届を自分で印刷して楽天証券へ郵送します。

手続き方法選択画面で は、「ご自身で印刷する」または「ご自宅へ変更届を郵送する」を選択可能です。

変更届を印刷するを選択している場合は、すべての手続き完了後に変更届のPDFを開くボタンが表示されます。

また郵送の場合は、郵送先を現在の名前・住所か変更後の名前・住所から選択することができます。


別名義の口座へ移管手続きを行う方法

口座の名義を別人の名義にすることはできないため、家族などの名義に変更を行いたい場合は贈与の手続きを行います。

この場合は保有している投資商品を別名義の口座へ移すため、贈与者がカスタマーサービスセンターへ連絡を入れます。

贈与の内容を確認した上で、贈与手続きに必要な書類が楽天証券より郵送されるため必要事項を記入して返送しましょう。

書類は口座種別によって異なります。贈与予定の商品や数量などは、カスタマーサービスセンターへ事前に報告が必要です。

贈与手続きには手続き書類の他に、贈与者の印鑑登録証明書の提出も必要です。

必要書類が楽天証券に届いた後は、5営業日程度で振替が完了します。月末には振替停止期間があるため、余裕を持って手続きを行うことをおすすめします。


まとめ

まとめ

ここまで、楽天証券の名義変更方法について見てきました。

内容を簡単にまとめておきましょう。

  • 楽天証券で名義変更が必要になるのは自身の姓名が変更になった時
  • 家族など別人の名義に変更することはできない
  • 贈与と相続に限り別人の名義に投資商品を移管することが可能

楽天証券では、自身の姓名が変更になった場合に限り名義変更を行う必要があります。楽天証券の名義変更を行った場合は、合わせて金融機関の名義変更も必要です。

証券口座は本人が取引と管理を行うため、別人の名義に変更することはできません。

家族が楽天証券で取引を行いたい場合は、別途家族名義の口座を開設しましょう。

口座自体の名義変更はできませんが、投資商品の移管は贈与と相続に限り可能です。カスタマーサービスセンターに連絡し、必要書類の提出が必要です。

楽天証券の詳細を見てみる

当サイトおすすめネット証券

SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。

手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

当サイトでもイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。

SBI証券の公式サイトはこちら SBI証券の詳細

カブドットコム証券は投資成績重視の証券会社。自動売買を駆使したきめ細かいリスク管理が可能になるので、結果的に最終的な投資成績を向上させます。

手数料は現物で最低90円からと安くなり、高機能ツールも提供しています。

人気の優待タダ取りに必須の短期一般信用銘柄が豊富で、優待投資派の人にもおすすめの証券会社です。

カブドットコム証券の公式サイトはこちら カブドットコム証券の詳細

マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。

マネックス証券の公式サイトはこちら マネックス証券の詳細

楽天証券

楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。

楽天証券の公式サイトはこちら 楽天証券の詳細

IPO投資におすすめの証券会社

IPOは当選すれば高確率で値上がりが期待できる、超低リスクハイリターンの人気投資法です。

人気ゆえに激しい競争率がネックで、当選は難しいと考えている人もいますが、コツをつかめば当選確率は驚くほど上がります。

当サイトではIPOの当選確率を上げる方法おすすめの証券会社を紹介していますので、IPO投資に興味がある人はぜひ参考にしてください。

IPO投資におすすめ証券会社ランキング


注目の新サービス

WealthNavi(ウェルスナビ)

最近話題の「ロボアドバイザー」は、AIが投資判断をして運用をしてくれるサービスです。

中でもウェルスナビが人気で、ロボアドバイザーで預かり資産とユーザー数No1になっています。

ETFで国際分散投資を実施し、再投資リバランスを自動で行うだけでなく、税金も最適化して運用してくれます。

預かり資産にかかる手数料は0.5%から1%となっていて、「長期割」という運用継続期間に応じた割引もあります。

手間を省いて資産運用をしたい人におすすめのサービスで、まずは少額からでも運用結果を見てみましょう。

ウェルスナビで運用プラン診断してみる(無料)



サブコンテンツ

このページの先頭へ