楽天証券で約定を確認する方法、約定通知メールの設定方法

楽天証券で約定を確認する方法、約定通知メールの設定方法

楽天証券の投資信託で、約定したかどうかの確認をする方法をご紹介します。まず、約定の基本的なしくみを理解し、なぜ一部だけ約定することがあるのか、そしてその確認と対処方法を学びましょう。

また、楽天証券には約定通知メールがあり、これを活用すると約定の管理に便利です。約定通知メールの設定方法を学び、あなたのライフスタイルに合わせた設定をしましょう。


楽天証券で約定を確認する方法、一部だけ約定しているケース

約定のしくみ

約定のしくみ

まずは、証券会社で約定するしくみをおさえておきましょう。楽天証券に限りませんが、株取引で売買が成立することを約定と言います。契約が成立したことだとも表現できます。

約定は、通常の売買とは異なります。それは、株式市場の値動きによっては注文を出しても値段が折り合わなかった結果、全て約定しない、または一部のみ約定するケースがあることです。

例えば、スーパーに行って1個100円のリンゴを10個買う場合、1,000円出せば売買成立ですが、5個だけ100円でその他のリンゴは110円だったとしましょう。リンゴが10個欲しい場合は、100円のリンゴ5個と110円のリンゴ5個を1,050円出して買います。

でも、株式の場合に例えると、100円のリンゴを10個買う注文をしたとするなら、100円のリンゴ5個は約定して500円支払いますが、110円のリンゴ5個は約定しません。

投資信託においてもこのように、10株注文したのに5株しか約定しないというようなこともあるため、約定したかどうかを確認する必要があります。


約定を確認する方法

楽天証券で投資信託の約定を確認する方法は、まず楽天証券のホームページにログインし、「投信」、「注文」のタブを順にクリックします。すると、通常注文の画面が現れるので、「注文照会・取消」をクリックしましょう。

注文した投資信託のファンド名や注文金額が一覧で表示されます。「状況」を見ると、執行待ちなのか約定なのかが判別できます。もし約定後の受け渡し代金や口数・経費の履歴が知りたい場合は、「商品別売買履歴」で確認しましょう。

いつ約定したかは、その投資信託の基準価額が決定した日によって決まります。ファンドの申込価額欄を確認することにより、基準価額の決定日がわかります。


一部だけ約定しているケース

一部だけ約定しているケース

取引時間中であれば、「時間優先の原則」と「価格優先の原則」が働き、公平に売買が行われます。そのため、一部のみ約定することがあります。

具体的には、価格が高い注文が優先して約定し、同じ値段の場合、楽天証券が受け付けた時間が早い注文が優先して約定します。

取引時間以外の場合は、時間優先が適用されず、全てが同時注文したとみなされます。そのため、一部のみ約定する可能性があります。その時に大事なのが、基準価額です。

基準価額は日々変動します。なぜなら、投資信託は株式などの有価証券に投資しているからです。投資信託を注文した時点では基準価額は決まっておらず、受注締め切り後に算出されます。

国内株式への投資の場合、株式市場が終了する15時の終値を元に、基準価額が夜間に算出されるため、約定価額が反映されるのは翌営業日になります。だからこそ、約定したかどうかを後で確認する必要があります。

楽天証券で約定した時の手数料の確認方法は、「口座管理」のタブをクリックし、「取引履歴を見る」に移動します。必要事項を入力し、表示ボタンをクリックすれば、確認できます。


楽天証券の約定通知メールの設定方法、配信タイミング

楽天証券の約定通知メールの設定方法、配信タイミング

楽天証券には、約定または逆指値注文が執行された場合に、あなたが登録したメールアドレスに知らせてくれる約定通知メールが利用できます。とても便利なサービスです。ぜひ活用しましょう。

約定通知メールを利用するには、登録が必要です。登録方法は、まず楽天証券のホームページにログインし、「設定・変更」からメールサービスの項目を探し、クリックしましょう。

メールサービスから「約定通知メール」を探し、「登録・変更する」のボタンをクリックします。メールサービスにはそれ以外にも、銘柄情報通知メール、配当金通知メールなどもあるため、ニーズに応じて登録しても良いでしょう。

約定通知メールの登録は、簡易通知と詳細通知の2通りから選べます。簡易通知は、約定が通知したことを通知するだけのもので、詳しく知るには楽天証券のホームページで確認する必要があります。

詳細通知は、銘柄名・市場・取引・約定単価・約定数量・注文番号などの詳細な情報が通知されます。一部約定をより詳しく把握する場合は、楽天証券のホームページにログインした方が良いでしょう。

約定日が複数日に渡る場合は、手数料が複数日数分かかります。そのため、メールでいくら約定したのかを確認することによって、手数料を減らすことが可能です。

約定通知メールの登録は無料です。Webサイトで簡単に登録できます。マーケットスピードやモバイル等のチャネルから約定通知メールの登録はできません。

登録は、国内株式・先物オプション取引・海外先物取引の3通りを、それぞれ個別に設定できます。初期状態では全て「通知しない」に設定されています。必要に応じて簡易設定または詳細設定に変更しましょう。


まとめ

まとめ

楽天証券で約定を確認する方法と、約定を確認するために便利な約定通知メールの設定方法をご紹介しました。まとめると以下の通りです。

  • 信用取引で一部のみしか約定しないケースがある
  • 楽天証券で一部だけ約定したケースなどの詳細情報を確認できる
  • 約定通知メールを活用すると便利で手数料を減らすことも可能になる

信用取引をした後、きちんと約定したかどうかは誰でも気になると思います。会社勤めのかたなら、仕事時間と株式市場が開いている時間が重なることが多いため、頻繁に楽天証券にログインすることは難しいものです。

約定通知メールを設定することにより、一部のみ約定した場合でも、素早くメールで通知を受け取ることができ、その後の作戦を考えることができます。約定のしくみや楽天証券における確認方法を学び、日々のトレードに活かしましょう。

楽天証券の詳細を見てみる

当サイトおすすめネット証券

SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。

手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

当サイトでもイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。

SBI証券の公式サイトはこちら SBI証券の詳細

カブドットコム証券は投資成績重視の証券会社。自動売買を駆使したきめ細かいリスク管理が可能になるので、結果的に最終的な投資成績を向上させます。

手数料は現物で最低90円からと安くなり、高機能ツールも提供しています。

人気の優待タダ取りに必須の短期一般信用銘柄が豊富で、優待投資派の人にもおすすめの証券会社です。

カブドットコム証券の公式サイトはこちら カブドットコム証券の詳細

マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。

マネックス証券の公式サイトはこちら マネックス証券の詳細

楽天証券

楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。

楽天証券の公式サイトはこちら 楽天証券の詳細

IPO投資におすすめの証券会社

IPOは当選すれば高確率で値上がりが期待できる、超低リスクハイリターンの人気投資法です。

人気ゆえに激しい競争率がネックで、当選は難しいと考えている人もいますが、コツをつかめば当選確率は驚くほど上がります。

当サイトではIPOの当選確率を上げる方法おすすめの証券会社を紹介していますので、IPO投資に興味がある人はぜひ参考にしてください。

IPO投資におすすめ証券会社ランキング


注目の新サービス

WealthNavi(ウェルスナビ)

最近話題の「ロボアドバイザー」は、AIが投資判断をして運用をしてくれるサービスです。

中でもウェルスナビが人気で、ロボアドバイザーで預かり資産とユーザー数No1になっています。

ETFで国際分散投資を実施し、再投資リバランスを自動で行うだけでなく、税金も最適化して運用してくれます。

預かり資産にかかる手数料は0.5%から1%となっていて、「長期割」という運用継続期間に応じた割引もあります。

手間を省いて資産運用をしたい人におすすめのサービスで、まずは少額からでも運用結果を見てみましょう。

ウェルスナビで運用プラン診断してみる(無料)



サブコンテンツ

このページの先頭へ