楽天証券のFXの取引ルール、取り扱い通貨とスプレッド

楽天証券ではFXを取り扱っています。

他の証券会社にはない特徴やメリットも持っています。

楽天証券のFXについて見ていきましょう。


楽天証券FXの特徴と取引ルール

一般信用売り 確認方法

楽天FXは新規口座開設や取引で楽天ポイントがもらえることが主な特徴です。

キャンペーンも不定期に入れ替わるため、条件を満たすことで多くのポイントを獲得することができます。

取引手数料も0円のため、低コストで運用が可能です。

無料取引アプリも充実しており、PCではマーケットスピードFX、スマホではiSPEED FXが使えます。

楽天株式会社の100%子会社である楽天証券が運営し、長期信用格付けも2014年JCRの信用格付けでA-を獲得しています。

楽天FXのWebサイトではトムソンロイターニュースやフィスコ為替コメントなど、投資を行う上で役立つマーケット情報も入手できます。

10,000通貨を最低取引単位としているFX会社が多い中、1,000通貨単位から取引ができることも魅力です。

楽天FXの取引ルール

楽天FXでは24通貨ペアに対応しています。

円に対応している通貨ペア

米ドル、ユーロ、ポンド、豪ドル、NZドル、ランド、カナダドル、スイス、香港ドル。SGドル、Nクローネ、トルコリラ、人民元

ドルに対応している通貨ペア

ユ-ロ/ドル、ポンド/ドル、豪ドル/ドル、NZドル/ドル、ドル/スイス

その他の通貨ペア

ポンド/スイス、ユーロ/ポンド、ユーロ/スイス、豪ドル/スイス、NZドル/スイス、豪ドル/NZドル

取引単位は1,000通貨単位です。

取引数量には上限があります。

1回の注文は200万通貨単位まで行えます。

また建玉と注文の最大合計額にも上限があり、30億円相当額が最大です。

注文の種類

楽天FXの注文種類は8種類です。

ASストリーミング注文 2ウェイプライス
ストリーミング注文 2ウェイプライス
指値、逆指値注文 シングルリーブオーダー注文
IF-DONE注文
OCO注文
IF-OCO注文
全決済注文
通貨ペア全決済注文

上記から注文方法を選択することができます。

ASストリーミング注文、ストリーミング注文は取引時間中のみ行えます。

受付順の約定になるため相場が急変している際や注文が集中した場合は約定できず失効する可能性があります。

全決済注文と通貨別ペア全決済注文は、対象となる建玉が300万通貨を超える場合は利用できません。

取引時間

楽天FXは原則24時間対応を行っていますが、正確には月曜日の午前7時から土曜日の午前6時55分が取引時間です。

午前6時55分から7時10分までは毎日システムメンテナンスが行われているため利用できません。

また別途メンテナンスを行うこともあり、その際は取引が停止されます。

必要証拠金

個人で楽天FXを利用している場合、コースにより必要な証拠金は異なります。

用意されているコースは5種類から選択可能です。

なお口座開設時はスタンダード25倍コース、ロスカット水準は50%に設定されています。

スタンダード25倍コース

4%の証拠金が必要です。

レバレッジ10倍コース

10%の証拠金が必要です。

レバレッジ5倍コース

20%の証拠金が必要です。

レバレッジ2倍コース

50%の証拠金が必要です。

レバレッジ1倍コース

100%の証拠金が必要です。

法人の場合

法人の場合は証拠金率が毎週見直されます。

楽天証券が定める額に決定されるため、証拠金が少ない場合はその時点でロスカットが発動することもあります。

追加証拠金について

スタンダード25倍コースまたは法人口座のみが適用されます。

取引日終了時点の為替レートで評価が行われます。

必要な証拠金額が下回った場合、追加証拠金が必要です。

取引終了時点当日の午後6時までに証拠金の入金または建玉の決済が必要になります。

追加証拠金が残った状態で期限を過ぎた場合、すべての建玉が決済されます。

ロスカットについて

選択中のコースやロスカット水準によって変化します。

ロスカット水準は設定可能な範囲が決められています。法人口座以外は5%刻みで設定が可能です。

スタンダード25倍コース

50%から95%

レバレッジ10倍コース

40%から95%

レバレッジ5倍コース

20%から95%

レバレッジ2倍コース

20~95%

レバレッジ1倍コース

20%から95%

法人口座

50%


楽天証券FXの取り扱い通貨と手数料、スプレッド

楽天証券 ポイント

楽天FXの取引手数料は無料です。

スプレッドが各通貨ごとに設定されているため、買いレートと売りレートの差で利益が変化します。

楽天FXの取引通貨とスプレッド

スプレッドは状況により例外があります。

通常時のスプレッドは固定されていますが、状況によって変動があることは理解しておきましょう。

休場日や平日早朝、重要な経済指標の発表、災害などでも変化があります。

楽天FXの取引通貨と各通貨ペアごとのスプレッド

楽天FXで取り扱われている通貨ペアは全部で24種類です。

一般的にスプレッドの数値が低いほど利益が出やすくなりますが、通貨の変動状況によっても異なります。

ドル/円
0.3銭

ユーロ/円
1.1銭

ユーロ/ドル
0.4pips

ポンド/円
1.0銭

豪ドル/円
1.2銭

NZドル/円
3.9銭

ランド/円
3.9銭

カナダ/円
3.9銭

スイス/円
5.9銭

ポンド/ドル
1.0pips

豪ドル/ドル
1.9pips

香港ドル/円
2.9銭

SGドル/円
4.9銭

NZドル/ドル
4.0pips

ドル/スイス
5.0pips

ポンド/スイス
5.0pips

ユーロ/ポンド
4.0pips

ユーロ/スイス
5.0pips

豪ドル/スイス
7.0pips

NZドル/スイス
8.0pips

豪ドル/NZドル
12.0pips

Nクローネ/円
3.9銭

トルコリラ/円
6.8銭

人民元/円
1.8銭

2017年7月12日時点で、楽天FXの主要通貨におけるスプレッドは主要ネット証券の中でも安く設定されています。

楽天FXのスプレッドと他証券会社との比較

ドル/円

楽天証券 0.3銭
SBI証券 0.5銭
GMOクリック証券 0.3銭
カブドットコム証券 0.6銭
マネックス証券 2.0銭
松井証券 1.0銭

ポンド/円

楽天証券 1.0銭
SBI証券 2.2銭
GMOクリック証券 1.1銭
カブドットコム証券 1.8銭
マネックス証券 6.0銭
松井証券 6.0銭

ユーロ/ドル

楽天証券 0.4pips
SBI証券 0.8pips
GMOクリック証券 0.5pips
カブドットコム証券 0.8pips
マネックス証券 3.0pips

ポンド/ドル

楽天証券 1.0pips
SBI証券 1.8pips
GMOクリック証券 1.1pips
カブドットコム証券 3.0pips
マネックス証券 8.0pips


楽天MT4の特徴と取引までの流れ

一般信用売り 確認方法

楽天MT4とはFXを自動売買するための取引ツールです。

楽天だけで取り扱われているものではないため、MT4を利用したことがあるかたなら使い方は同じです。

プログラムを設定すれば自分で一つずつ取引を行う必要がなく、あらかじめ決められたルールに従って取引を行ってくれる点が魅力です。

24時間取引を行うため、人間では難しいFX取引が可能になり利益につながります。

カスタマイズが可能なため、戦略は自由に設定できます。

世界の投資家にも利用されているメジャーな取引ツールです。

楽天MT4の主な特徴

楽天証券は大手ネット証券では唯一MT4を導入しています。

取引サーバは日本国内にあるため、安心感が高いことが特徴です。

取引手数料は無料に設定されています。

原則的にスプレッドも固定されており、コストが抑えられていることも特徴です。

ただし楽天MT4と通常のFX取引はスプレッドが異なっているため、注意しておきましょう。

楽天MT4のスワップポイントとスプレッド

スワップポイントは10,000通貨あたりの設定です。

またスプレッドは通常時のもので、例外もあります。

ドル/円 スプレッド0.5
スワップポイント(買い/売り)32円 -50円

ユーロ/円 スプレッド1.1
スワップポイント(買い/売り)-14円 16円

ポンド/円 スプレッド2.0
スワップポイント(買い/売り)12円 -26円

豪ドル/円 スプレッド1.2
スワップポイント(買い/売り)25円 -40円

NZドル/円 スプレッド2.8
スワップポイント(買い/売り)32円 -45円

ランド/円 スプレッド1.2
スワップポイント(買い/売り)8円 -18円

カナダ/円 スプレッド2.0
スワップポイント(買い/売り)18円 -33円

スイス/円 スプレッド2.8
スワップポイント(買い/売り)-27円 8円

トルコリラ/円 スプレッド6.8
スワップポイント(買い/売り)78円 -95円

ユーロ/ドル スプレッド0.6
スワップポイント(買い/売り)-0.63ドル 0.36ドル

ポンド/ドル スプレッド1.2
スワップポイント(買い/売り)-0.48ドル 0.20ドル

豪ドル/ドル スプレッド1.2
スワップポイント(買い/売り)0.01ドル -0.16ドル

NZドル/ドル スプレッド2.0
スワップポイント(買い/売り)0.06ドル -0.19ドル

ドル/スイス スプレッド1.6
スワップポイント(買い/売り)0.32スイス -0.62スイス

ポンド/スイス スプレッド3.6
スワップポイント(買い/売り)0.28スイス -0.50スイス

ユーロ/ポンド スプレッド1.0
スワップポイント(買い/売り)-0.25ポンド 0.06ポンド

ユーロ/スイス スプレッド1.6
スワップポイント(買い/売り)0.06スイス -0.21スイス

豪ドル/スイス スプレッド2.4
スワップポイント(買い/売り)0.30スイス -0.61スイス

NZドル/スイス スプレッド2.8
スワップポイント(買い/売り)0.44スイス -0.70スイス

豪ドル/NZドル スプレッド2.8
スワップポイント(買い/売り)-0.22NZドル 0.07NZドル

楽天MT4口座での取引を行うには

まずは楽天証券の総合口座、FX口座を申し込みます。

その後MT4口座を別途申し込む必要があります。

口座開設後MT4をダウンロードすれば、取引が開始できます。

ただしMT4で取引を行うためには、EAが必要です。

EAは自動で取引を行ってくれるプログラムのことです。

このEAは自分でカスタマイズして作ることもできますが、販売されているものを購入することも可能です。

ただしEAソフトを利用する場合、楽天証券とは無関係なところから購入することになるため、サポートはプログラムを販売している会社から受ける必要があります。

なお楽天MT4はデモ口座も用意されているため、取引の流れを知るために活用することも可能です。

初めて自動売買を行う場合には、デモ口座を取得してみるのもおすすめです。

デモ口座は何度でも利用できます。


まとめ

楽天証券のFXについて見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • 楽天証券ではFXを取り扱っている
  • 取引で楽天のポイントが付くのが特徴
  • デモ口座を試してみることもできる

楽天証券のFXの特徴などについて見てきました。

楽天のポイントが貯まるのが、他社にはない特徴とメリットです。

自動売買を始める前は、デモ口座を取得して試してみるのもおすすめです。

当サイトのおすすめネット証券

SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。
手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

当サイトでももちろんイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。
koushiki2

マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。
koushiki2

カブドットコム証券は投資成績重視の証券会社。自動売買を駆使したきめ細かいリスク管理が可能になるので、結果的に最終的な投資成績を向上させます。

手数料は現物で最低90円からと安くなり、高機能ツールも提供しています。

人気の優待タダ取りに必須の短期一般信用銘柄が豊富で、優待投資派の人にもおすすめの証券会社です。
koushiki2

楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。
koushiki2



注目の新サービス

WealthNavi(ウェルスナビ)

最近話題の「ロボアドバイザー」は、AIが投資判断をして運用をしてくれるサービスです。

中でもウェルスナビが人気で、ロボアドバイザーで預かり資産とユーザー数No1になっています。

ETFで国際分散投資を実施し、再投資リバランスを自動で行うだけでなく、税金も最適化して運用してくれます。

預かり資産にかかる手数料は0.5%から1%となっていて、「長期割」という運用継続期間に応じた割引もあります。

手間を省いて資産運用をしたい人におすすめのサービスで、まずは少額からでも運用結果を見てみましょう。

ウェルスナビで運用プラン診断してみる(無料)



サブコンテンツ

このページの先頭へ