楽天証券のマイナンバー登録方法、登録時の必要書類

楽天証券にはマイナンバーを登録する必要があります。

登録時に必要な書類は何があるのでしょうか。

マイナンバー登録に必要な書類と手続きについて見ていきましょう。


楽天証券のマイナンバー登録方法、登録時の必要書類

楽天証券 ポイント

楽天証券で投資商品を購入する前に、マイナンバーの登録が必要になります。

以前は口座開設と同時にマイナンバーの登録が必要でしたが、2017年11月時点では口座開設後に各自マイナンバーを登録するシステムになっています。

楽天証券でマイナンバーを登録する3種類の方法

楽天証券ではマイナンバーを登録する際にスマホアプリ、郵送、画像アップロードから選択できます。

口座開設後にどれかの方法でマイナンバーを登録後、取引が利用可能です。

スマホアプリを使ってマイナンバーを登録する手順

スマホの種類によって、アプリのダウンロード先が異なります。

Androidを利用している場合はGoogle Play、iPhoneを利用している場合はApp Storeで「iSPEED」をダウンロードします。

ダウンロードは無料で行えます。

直接アプリページにアクセスしたい場合には、楽天証券のWebサイトからマイナンバー登録方法のページをチェックしましょう。

Google PlayやApp Storeからi「SPEED」と「楽天証券」のキーワードで検索することも可能です。

iSPEEDをダウンロードした後は、アプリにログインします。

トップ画面でメニューを選択するとマイナンバー登録のページが出てくるため、必要書類の撮影やマイナンバー登録に進みます。

マイナンバーは撮影すると自動で読み込まれるため、番号間違いが防げるようになっています。

アプリを利用してマイナンバーを登録する場合は、アプリ内でマイナンバーの撮影を行い、登録後に完了ボタンを押すとすべての作業が完了します。

その後は反映されるまで待つだけです。

郵送でマイナンバーを登録する手順

郵送でマイナンバーを登録する場合は、楽天証券のマイページ内で届出書を自宅に郵送する手続きを行います。

まずはログイン後のページから設定・変更画面を開きます。基本情報・マイナンバー・口座を選択します。

マイナンバー登録のボタンがあるため、クリックします。

郵送での登録か、アプリでの登録か選択する画面へ移るため、郵送での手続きを選択して進みます。

お届け先住所が確認できるため、間違いがないか見ておきましょう。

「郵送を申し込む」のボタンをクリックすると、お届先住所へマイナンバー通知届出書が郵送されてきます。

必要事項を記入し、必要書類とともに返送することでマイナンバー登録が完了します。

楽天証券から返信用封筒が一緒に届くため、書類を入れて返信しましょう。

画像アップロードでマイナンバー登録を行う方法

一般信用売り 確認方法

2017年8月から利用可能になったマイナンバー登録方法です。

ログイン後の専用ページから画像アップロードを行います。

カメラを用意してマイナンバーが記載されている証明書を撮影します。

パソコンに取り込んだ画像だけでなく、スマホのカメラでも問題ありません。

スマホから画像アップロードを利用する場合、アプリをダウンロードする手間が省けることが魅力です。

楽天証券ではマイナンバーだけでなく本人確認書類なども画像アップロードに対応しているため、パソコンからでもスムーズに書類や画像のアップロードが行えるようになっています。

マイナンバー登録時の必要書類

スマホアプリを利用する場合、マイナンバーが記載されている書類が必要になります。

通知カードまたは個人番号カードです。

このカードを撮影することでマイナンバー登録ができます。

郵送でマイナンバーを登録する場合は、楽天証券から送られてくるマイナンバー通知届出書が必要です。

書類の必要事項を記載し、通知カードまたは個人番号カードのコピーを貼り付けます。

また通知カードや個人番号カードがない場合は、マイナンバーが記載されている住民票の写しも利用が可能です。


まとめ

楽天証券のマイナンバー登録について見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • 楽天証券で投資商品を購入する際にマイナンバーの登録が必要
  • パソコンやスマホアプリから登録が可能
  • 通知カードや個人番号カードの他に、住民票の写しも利用可能

楽天証券のマイナンバー登録方法について見てきました。

パソコンやスマートフォンのアプリから登録が行えるため、手軽に登録が可能です。

必要な書類を揃えて登録しましょう。

当サイトおすすめネット証券

SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。

手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

当サイトでもイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。

SBI証券の公式サイトはこちら SBI証券の詳細

カブドットコム証券は投資成績重視の証券会社。自動売買を駆使したきめ細かいリスク管理が可能になるので、結果的に最終的な投資成績を向上させます。

手数料は現物で最低90円からと安くなり、高機能ツールも提供しています。

人気の優待タダ取りに必須の短期一般信用銘柄が豊富で、優待投資派の人にもおすすめの証券会社です。

カブドットコム証券の公式サイトはこちら カブドットコム証券の詳細

マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。

マネックス証券の公式サイトはこちら マネックス証券の詳細

楽天証券

楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。

楽天証券の公式サイトはこちら 楽天証券の詳細

IPO投資におすすめの証券会社

IPOは当選すれば高確率で値上がりが期待できる、超低リスクハイリターンの人気投資法です。

人気ゆえに激しい競争率がネックで、当選は難しいと考えている人もいますが、コツをつかめば当選確率は驚くほど上がります。

当サイトではIPOの当選確率を上げる方法おすすめの証券会社を紹介していますので、IPO投資に興味がある人はぜひ参考にしてください。

IPO投資におすすめ証券会社ランキング


注目の新サービス

WealthNavi(ウェルスナビ)

最近話題の「ロボアドバイザー」は、AIが投資判断をして運用をしてくれるサービスです。

中でもウェルスナビが人気で、ロボアドバイザーで預かり資産とユーザー数No1になっています。

ETFで国際分散投資を実施し、再投資リバランスを自動で行うだけでなく、税金も最適化して運用してくれます。

預かり資産にかかる手数料は0.5%から1%となっていて、「長期割」という運用継続期間に応じた割引もあります。

手間を省いて資産運用をしたい人におすすめのサービスで、まずは少額からでも運用結果を見てみましょう。

ウェルスナビで運用プラン診断してみる(無料)



サブコンテンツ

このページの先頭へ