SBI証券で売却した株を現金化するまでに必要な日数

SBI証券で売却した株を現金化するまでに必要な日数

SBI証券で国内株式、海外株式、投資信託を売却後現金化するまでには、一定の手続きが必要です。

出金まで時間もかかるため、早めに現金化したい場合は下準備も大切です。

ここでは投資商品ごとに売却後に現金化するまでの方法や日数を紹介しています。


国内株式をSBI証券で売却してから現金化するまでの方法、日数

国内株式売却後の流れと現金化するまでの日数

国内株式売却後の流れと現金化するまでの日数

国内株式を売却すると、その時点で約定されます。約定後すぐにSBI証券の買付余力に反映するため、投資商品を買付する資金に利用可能です。

しかし国内株式は、約定した段階では実際の受渡が行われていません。SBI証券の預り金から出金するには受渡日を待ちましょう。

国内株式の受渡日は原則約定から3営業日後です。日計り取引に限り、受渡日当日まで資金が拘束されるため、約定から4営業日後に出金が可能です。


Webサイトから出金指示する方法と現金化するまでの日数

Webサイトで出金指示を行うには、SBI証券Webサイトにログイン後、入出金・振替タブから出金を選択します。出金指示可能額が表示されるため、出金したい金額と取引パスワードを入力すると手続き完了です。

通常取引の場合は原則約定日の翌営業日15時30分以降に、国内株式を売却した分の出金指示ができます。

日計り取引の場合は、約定日の翌々営業日の15時30分以降に出金指示が可能です。SBI証券では15時30分以降の出金指示の場合、翌々営業日に出金先口座に振込が行われます。


ATMカードを使って出金する方法と現金化するまでの日数

ATMカードを使って出金する方法と現金化するまでの日数

SBI証券でATMカードを作成している場合には、セブン銀行ATMとゆうちょ銀行ATMから出金が可能です。

Webサイトからの出金指示の場合は最短で翌営業日の振込ですが、ATMカードは即時出金できます。

ATMカードで出金する場合は、通常取引だけでなく日計り取引でも受渡日当日の出金が可能です。ATMカードを保有している場合は、国内株式の約定から3営業日後以降に出金を行いましょう。


SBIハイブリッド預金の売却代金反映日数

SBIハイブリッド預金を利用している場合、出金手続きを行うことなく自動的に国内株式の売却代金がSBIハイブリッド預金に反映します。

通常取引の場合は受渡日に合わせてSBIハイブリッド預金の残高に反映しますが、日計り取引の場合は受渡日当日に資金が反映されないことがあります。

SBIハイブリッド預金残高に反映した時点で、住信SBIネット銀行からの出金や振替が可能です。


外国株式をSBI証券で売却してから現金化するまでの方法、日数

外国株式売却後の流れと現金化するまでの日数

外国株式売却後の流れと現金化するまでの日数

SBI証券で取り扱われている外国株式は多数ありますが、国によって受渡日が異なります。原則国内受渡日に出金が可能です。

日計り取引を行っている場合は、受渡日当日まで資金が拘束されるため受渡日の翌営業日に出金が可能です。


米国・中国・韓国・タイ株式の約定日と受渡日

現地約定日は注文受付の当日です。国内約定日は現地約定の翌営業日に設定されています。

国内の受渡日は現地約定日から3営業日後です。


上記以外の外国株式の約定日と受渡日

現地約定日は注文受付の当日です。国内約定日は現地約定の翌営業日に設定されています。

国内の受渡日は現地約定日から4営業日後です。


国内株式と外国株式の違いと現金化までの方法

国内株式と外国株式では、現金化するまでの流れはほぼ同じです。

外国株式の場合もWebサイトからの出金指示やATMカード出金、SBIハイブリッド預金への反映は受渡日または受渡日の翌営業日以降に可能です。

米国・中国・韓国・タイ株式は国内株式と受渡日までの日数が同じです。国内株式と変わらず約定日の3営業日後に出金できます。

その他の外国株式を購入する場合に限り、受渡日が一日遅くなるため注意が必要です。


日計り取引ができない外国株式もある

日計り取引ができない外国株式もある

ロシア株式とベトナム株式の場合、日計り取引ができません。

また日計り取引ができる外国株式の場合でも、同一銘柄の買付後売却した後に再度買付は取引禁止項目に該当します。日計り取引でない場合は、原則受渡日に現金化が可能です。


他社の外国株式売却後の受渡日

SBI証券の場合、外国株式の受渡日は現地約定日の3営業日後または4営業日後です。国内株式より受渡日までの期間が長くなることがあり、現金化までの日数もかかります。

他社の場合もSBI証券と同様の受渡日が大半ですが、会社によっては受渡日が短く設定されていることがあります。現金化の日数を短くしたい時には、他社も検討してみましょう。


マネックス証券

マネックス証券は外国株式の取引に力を入れており、米国株の約定日から2営業日後に現金化が可能です。

売却日当日に国内での約定が行われるため、翌営業日には出金指示ができます。米国株の売却代金をなるべく早く受け取りたい場合は、マネックス証券が便利です。


海外ETFの受渡日と現金化までの日数

海外ETFの場合も、海外株式と同様の約定日と受渡日が設定されています。取引を行う国によって受渡日は異なりますが、現金化までの日数は海外株式と同じです。


外国株式を現金化する際の注意点

外国株式を現金化する際の注意点

海外株式の場合、国内株式よりも現金化までに時間がかかるケースがあります。

SBI証券や銀行の休日は受渡や振込ができないため、注文から現金化まで1週間以上かかることもあります。

たとえば月曜日の締切時間までにロシア株式の売却を行うと、火曜日に国内で約定されます。金曜日が国内受渡日のため、水曜日の15時30分から木曜日の15時30分までに出金指示を行うと金曜日に出金が可能です。

火曜日の締切時間までに売却を行った場合は、受渡日は翌週の月曜日となります。祝日などを挟む場合は更に現金化までに日数がかかります。


投資信託をSBI証券で売却してから現金化するまでの方法、日数

投資信託売却後の流れと現金化するまでにかかる日数

投資信託売却後の流れと現金化するまでにかかる日数

投資信託は銘柄ごとに受渡日が設定されています。銘柄ごとに約定日も異なるため、注意が必要です。

約定日と受渡日は、個別銘柄画面で確認できます。約定日は注文の翌営業日に設定されている商品が大半です。

受渡日は銘柄によって異なりますが、約定日から3営業日後から5営業日後に設定されている商品が多めです。

投資信託の売却代金を現金化するまでにかかる日数は、売却から4営業日後が最短です。


人気の投資信託の売却例

レオスひふみプラス

レオスひふみプラスの約定日は注文の翌営業日です。受渡日は約定から3営業日後に設定されています。

水曜日に売却注文を行った場合、約定は原則木曜日です。受渡日は翌週の火曜日になります。

この例では、現金化するまでにかかる日数は売却当日から数えて7日目です。


ニッセイ外国株式インデックスファンド

ニッセイ外国株式インデックスファンドの約定日は注文の翌営業日です。受渡日は約定から4営業日後に設定されています。

水曜日に売却注文を行った場合、約定は原則木曜日です。受渡日は翌週の水曜日になります。

この例では、現金化するまでにかかる日数は売却当日から数えて8日目です。


キャピタルベトナム成長株インカムファンド

キャピタルベトナム成長株インカムファンドの約定日は注文の翌営業日です。受渡日は約定から5営業日後に設定されています。

金曜日に売却注文を行った場合、約定は原則月曜日です。受渡日は翌週の月曜日になります。

この例では、現金化するまでにかかる日数は売却当日から数えて11日目です。


投資信託の受渡日に現金化する方法

投資信託の場合、受渡日の設定によっては現金化するまでに売却から2週間近くかかることがあります。

なるべく早く売却代金を現金化したい場合は、出金指示やATMカードを利用しましょう。

投資信託の売却代金は、受渡日の2営業日前の15時半以降から出金指示が可能です。受渡日前営業日の15時30分までに出金指示をすると、受渡日当日に売却代金が振込されます。

ATMカードの場合はATM利用時間内は、いつでも出金できます。近くにセブン銀行やゆうちょ銀行ATMがある場合は活用しましょう。

出金先口座への振込には手数料がかかりませんが、ATMカード出金の場合時間帯やATMの種類によって出金手数料がかかります。


まとめ

まとめ

ここまでSBI証券で投資商品を売却後、現金化するまでの流れや日数について見てきました。

内容を簡単にまとめておきましょう。

  • SBI証券で投資商品の現金化ができるのは受渡日当日以降
  • 国内株式、海外株式、投資信託など商品によって受渡日は異なる
  • 受渡日当日に売却代金を受け取りたい場合は事前の出金指示やATMカードが必要

原則、株式や投資信託の売却代金は受渡日に出金できます。日計り取引の場合は出金方法によって異なりますが、受渡日の翌営業日に出金可能です。

SBI証券で国内株式の売却後、現金化ができるのは約定日の3営業日後です。海外株式の場合は国によって現地約定日の3営業日後または4営業日後に現金化できます。

投資信託は銘柄ごとに受渡日の設定が異なり、約定日の3営業日後から5営業日後までが多くを占めます。

注文日や祝日など状況によっては現金化するまでに売却から1週間以上かかるため、事前に出金指示などの準備をしておきましょう。

日計り取引では振込が遅れるケースがあるため、受渡日の当日に必ず現金化したい場合はATMカードの発行が必須です。

SBI証券の詳細を見てみる


当サイトおすすめネット証券

SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。

手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

当サイトでもイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。

SBI証券の公式サイトはこちら SBI証券の詳細

カブドットコム証券は投資成績重視の証券会社。自動売買を駆使したきめ細かいリスク管理が可能になるので、結果的に最終的な投資成績を向上させます。

手数料は現物で最低90円からと安くなり、高機能ツールも提供しています。

人気の優待タダ取りに必須の短期一般信用銘柄が豊富で、優待投資派の人にもおすすめの証券会社です。

カブドットコム証券の公式サイトはこちら カブドットコム証券の詳細

マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。

マネックス証券の公式サイトはこちら マネックス証券の詳細

楽天証券

楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。

楽天証券の公式サイトはこちら 楽天証券の詳細

IPO投資におすすめの証券会社

IPOは当選すれば高確率で値上がりが期待できる、超低リスクハイリターンの人気投資法です。

人気ゆえに激しい競争率がネックで、当選は難しいと考えている人もいますが、コツをつかめば当選確率は驚くほど上がります。

当サイトではIPOの当選確率を上げる方法おすすめの証券会社を紹介していますので、IPO投資に興味がある人はぜひ参考にしてください。

IPO投資におすすめ証券会社ランキング

サブコンテンツ

このページの先頭へ