SBI証券のベトナム株取引の手数料、メリット、デメリット

最終更新日: 2015年12月19日

SBI1

SBI証券は主要なネット証券の中でベトナム株を取り扱っている唯一の証券会社です。

厳密にいうと、アイザワ証券、岩井証券、キャピタル・パートナーズ証券、日本アジア証券、ニュース証券などベトナム株を取り扱う証券会社はありますが、いずれも主要なネット証券ではなく、普段日本株を取引している人にとってはなじみのない証券会社ばかりです。

主要ネット証券でベトナム株を取引できることで、普段利用している株の口座から簡単な資金移動をするだけでベトナム株を取引することができ、1つの証券会社で取引ができます。

これから熱いベトナムに投資しようと考えている人向けにSBI証券のベトナム株取引のサービス内容を紹介します。

SBI証券のベトナム株取引のサービス内容

まずはSBI証券のベトナム株取引のサービス内容を見てみます。

■SBI証券のベトナム株取引のサービス内容

項目 内容
市場 ホーチミン証券取引所
ハノイ証券取引所
取引可能時間 ホーチミン:11:00~13:30、15:00~16:45
ハノイ:11:00~13:30、15:00~16:45
取扱銘柄数 約350銘柄
通貨 ベトナムドン
取引手数料
(最低手数料)
約定代金の2%(税別)
(1,200,000ベトナムドン(税別))
為替手数料 10,000ドンあたり2円
注文の種類 指値
NISA口座 選択可能
その他 売却時、損益に関わらず、売却代金の0.1%をキャピタルゲイン税として徴収
売却代金が最低手数料に満たない場合約定代金の50%(税別)を手数料として徴収

SBI証券は当初電話取引のみの対応となっていましたが、インターネット取引にも対応して、他の外国株と同じように1つの口座からインターネット上で取引をすることができるようになっています。

取引通貨はベトナムドンで、取引にあたっては円をベトナムドンに交換してベトナムドンで取引をする必要があります。ただベトナムドンの残高があれば口座内のベトナムドンからベトナム株を購入することができますので、取引のつど円とベトナムドンの為替取引が必要になるわけではなく、一度ベトナムドンに交換すれば何度でもベトナム株取引に使用することができます。

為替手数料は10,000ドンあたり2円となっており、1ドンを0.54円と考えると5,400円分の為替取引をする際に片道2円の為替手数料がかかることになり、手数料率としては0.04%程度となります。

ベトナム株取引の売買手数料が約定金額の2%と高いので、そこから考えると微々たるものですね。


SBI証券のベトナム株取引のメリット

  • 主要ネット証券で唯一ベトナム株の取引が可能
  • いつでもインターネット経由で取引可能

SBI証券におけるベトナム株取引の最大のメリットは、そもそも取引ができる点でしょう。主要なネット証券でベトナム株に取引可能なのはSBI証券だけですので、ベトナム株をネット証券で取引したいという人はSBI証券一択となります。

今後拡大が期待される国で、今後は他のネット証券も対応してくれることが期待されますが、現時点ではSBI証券で取引可能ですので、いち早くベトナム株の取引がしたい人はSBI証券で取引をしましょう。

またベトナム株が取引できる証券会社の中には、曜日ごとに「買い」しかできない日や「売り」しかできない日が決まっているなど、取引をするにあたりかなり制約があります。

SBI証券は毎日取引をすることができますし、インターネット経由で注文ができるので、自分の好きなタイミングでスピーディに取引をすることができます。

電話取引が好きな人もいますが、インターネット取引に慣れている人だとスピード感や人と話すわずらわしさが気になる人も多いと思います。

国内株や先進国の株の取引では当たり前のことではありますが、いつでもインターネットでベトナム株を売買できるというのは現時点では大きなメリットです。


SBI証券のベトナム株取引のデメリット

  • 取引手数料が高い
  • 最低手数料がある

成長が期待できるベトナムの個別株に対して、インターネットから気軽に直接投資ができるのは大きなメリットではありますが、売買手数料が約定代金の2%(税別)かかる点は気になります。

外国株はどうしても手数料が高くなってしまうものですが、手数料は投資成績に直結しますので、売買ごとに2%の手数料がかかると最低でも4%は値上がりがないとマイナスになってしまいます。

負けるつもりで投資をする人はいないと思いますが、他の外国株同様に投資コストは日本株よりも高くなる点は理解しておく必要があります。

また最低手数料が設定されていますので、約定金額が少ないと大きな利益が出ても手数料で利益が吹っ飛ぶ可能性もあります。なるべく小口の取引は避けて手数料率を2%にとどめる必要があります。


SBI証券のベトナム株取引はおすすめ?

  • ネット証券でベトナム株投資をしたい人はSBI証券一択

手数料は気になりますが、主要なネット証券の中でベトナム株を取引できるのがSBI証券だけですので、ベトナム株取引をしたい人にとってはSBI証券は間違いなくおすすめです。

他の対応証券会社と比べても、サイトのデザイン(国内株や他の外国株と似たデザインで取引できる)や今後のサービスの進歩を考えるとSBI証券で取引するのが賢明でしょう。

SBI証券でベトナム株取引を始めるためには、まずSBI証券の総合口座を開設した後に外国株式用の口座開設を申し込む流れになっています。

ログイン後の画面の右側に以下のようなメニューがありますので、そちらから申し込みができます。以下の画像は開設後のものになっており、外国株口座開設後はそこから外国株取引専用画面へアクセスすることができます。

gaikokukabu1

外国株口座の開設は無料で、すぐできますので、ベトナム株で投資できる会社にはどんなものがあるのか、また株価はどんな動きになっているのかなど、まずは情報収集をしたい人もとりあえず口座開設しておくのが良いでしょう。

まだ総合口座を持っていない人はまずはSBI証券の総合口座の開設をしましょう。

>>SBI証券の口座開設(無料)

なお、ベトナムの株価指数にはMSCI Vietnam Indexなどがありますが、トップ10社で指数全体の90%以上を占めており、これらの企業がベトナムの経済を支えています。

逆に言うと10社以外の企業規模はごくごく小さく、今後の成長期待が大きい分リスクも大きくなります。

これからベトナム株を始める人はまずは以下の10社をチェックしてみるのが良いですね。もちろんSBI証券のベトナム株取引でも取引可能になっています。

コード 銘柄名 業種
1 MSN マサングループ 生活必需品-食品
2 VIC ビングループ 不動産
3 VCB ベトコムバンク 金融
4 HAG ホアンアインザーライ 不動産
5 STB サコムバンク 金融
6 KDC KIDOグループ 生活必需品-食品
7 GAS ペトロベトナムガス 公益サービス-ガス
8 PVD ペトロベトナムドリリング エネルギー
9 DPM ペトロベトナム化学肥料 化学
10 HPG ホアファットグループ 鉄鋼

>>SBI証券の口座開設(無料)

SBI証券はネット証券最多の9か国の外国株取引が可能です。他の外国株については別のページで紹介していますので参考にしてください。

  • SBI証券の米国株取引の特徴
  • SBI証券の中国株取引の特徴
  • SBI証券のロシア株取引の特徴

  • 当サイトおすすめネット証券

    SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。

    手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

    当サイトでもイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。

    SBI証券の公式サイトはこちら SBI証券の詳細

    カブドットコム証券は投資成績重視の証券会社。自動売買を駆使したきめ細かいリスク管理が可能になるので、結果的に最終的な投資成績を向上させます。

    手数料は現物で最低90円からと安くなり、高機能ツールも提供しています。

    人気の優待タダ取りに必須の短期一般信用銘柄が豊富で、優待投資派の人にもおすすめの証券会社です。

    カブドットコム証券の公式サイトはこちら カブドットコム証券の詳細

    マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

    株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

    また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。

    マネックス証券の公式サイトはこちら マネックス証券の詳細

    楽天証券

    楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

    口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

    高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。

    楽天証券の公式サイトはこちら 楽天証券の詳細

    IPO投資におすすめの証券会社

    IPOは当選すれば高確率で値上がりが期待できる、超低リスクハイリターンの人気投資法です。

    人気ゆえに激しい競争率がネックで、当選は難しいと考えている人もいますが、コツをつかめば当選確率は驚くほど上がります。

    当サイトではIPOの当選確率を上げる方法おすすめの証券会社を紹介していますので、IPO投資に興味がある人はぜひ参考にしてください。

    IPO投資におすすめ証券会社ランキング


    注目の新サービス

    WealthNavi(ウェルスナビ)

    最近話題の「ロボアドバイザー」は、AIが投資判断をして運用をしてくれるサービスです。

    中でもウェルスナビが人気で、ロボアドバイザーで預かり資産とユーザー数No1になっています。

    ETFで国際分散投資を実施し、再投資リバランスを自動で行うだけでなく、税金も最適化して運用してくれます。

    預かり資産にかかる手数料は0.5%から1%となっていて、「長期割」という運用継続期間に応じた割引もあります。

    手間を省いて資産運用をしたい人におすすめのサービスで、まずは少額からでも運用結果を見てみましょう。

    ウェルスナビで運用プラン診断してみる(無料)



    サブコンテンツ

    このページの先頭へ