立会外分売を取り扱っているネット証券を比較

最終更新日: 2015年10月2日

立会外分売とはで立会外分売について説明していますが、株式を5%程度ディスカウントして買うことができる点が立会外分売の魅力です。

取得後すぐに売却すれば理論上はディスカウント分から取引手数料を差し引いた分が利益になります。

利益は大きくないですが、確実性の高い投資ができる点が魅力の立会外分売ですが、立会外分売は取り扱っているネット証券と取り扱いのないネット証券があります。

そこで、ここではネット証券の立会外分売の取り扱い状況を比較したいと思います。


ネット証券の立会外分売の取り扱い状況

証券会社取り扱い手数料
SBI証券 無料
楽天証券無料
マネックス証券無料
カブドットコム証券×-
松井証券無料
GMOクリック証券×-
岡三オンライン証券×-
ライブスター証券無料

※2013/11/20時点の情報をもとに作成しています。


主要ネット証券はほぼ取り扱っている

主要ネット証券ではカブドットコム証券が唯一取り扱いがなく、その他の大手ネット証券(SBI証券楽天証券マネックス証券松井証券)では取り扱いがあります。

立会外分売は取り扱っていれば対象となる銘柄に差はありません。また手数料も無料ですのでサービスレベルには差はなく、その他の商品を比較して証券会社を決めればよいと思います。

なお、立会外分売の手数料は買付時のもので、売却時は通常の現物取引の手数料がかかります。

現物取引の手数料はこちらにまとめていますので参考にしてください。
ネット証券を手数料で比較する


当サイトのおすすめネット証券

SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。
手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

当サイトでももちろんイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。
koushiki2

マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。
koushiki2

楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。
koushiki2


当サイトのおすすめFX会社

DMM FXは、全20通貨ペアで業界最狭のスプレッドが魅力のFX会社で、取引コスト重視派の人には間違いなくおすすめです。
高水準のスワップポイント、使いやすいツール、充実したサポートも魅力で、サービスの総合力が高く、FXを始めるならまずDMM FXです。
限定で口座開設と取引で4,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーン実施中です。 koushiki2

サブコンテンツ

このページの先頭へ