SMBC日興証券のIPOステージ別抽選の内容、判定条件、攻略法

SMBC日興証券の IPOステージ別抽選

SMBC日興証券では、預り資産残高に応じてIPO抽選の当選確率が上がる「ステージ別抽選」があり、当選確率が最大25倍になります。

すべての人が活用できるわけではありませんが、IPO関与率の高いSMBC日興証券で当選確率を高めることができるので、IPO当選を目指すなら活用していきたい制度です。

本ページではSMBC日興証券のステージ別抽選の内容やステージ判定条件について紹介していきます。

SMBC日興証券のIPOステージ別抽選の内容

SMBC日興証券 ステージ別抽選

まずはSMBC日興証券のIPOステージ別抽選の内容を見ていきましょう。

SMBC日興証券のIPOステージ別抽選は、通常の抽選(同率抽選)を行った後に、落選者を対象に追加で行われる抽選です。

通常の抽選は引き受けた株の10%程度が抽選に回っていますが、ステージ別抽選ではそれとは別に5%の株数が割り当てられています。

ステージ別抽選はダイレクトコースの口座開設者のみ対象となっており、総合コースの人は対象外となります。

また、ステージに応じて1~25票の抽選票数が割り当てられ、ブロンズステージであれば1票、プラチナステージであれば25票の票数が割り当てられます。


SMBC日興証券のIPOステージ判定条件と抽選票数

SMBC日興証券 ステージ別抽選

ステージは毎月判定がされ、預かり資産残高(月末残高の3ヶ月平均)と信用取引の建玉残高(月末残高の3ヶ月平均)をもとに判定がされます。

預かり資産と信用取引金額の各ステージの適用条件は以下のようになっています。

ステージ名 預かり資産残高 信用取引建玉金額 抽選票数
ブロンズ 250万円以上 250万円以上 1票
シルバー 1,000万円以上 1,000万円以上 5票
ゴールド 3,000万円以上 3,000万円以上 15票
プラチナ 5,000万円以上 5,000万円以上 25票

また、ブロンズステージのみ新規口座開設者は3ヶ月の間適用されます。

預かり資産や信用建玉は、一つでも条件を満たせば最も有利なステージが適用されます。

条件を満たすには月末残高の3ヶ月平均が使われるので、一時的でも月末に残高を増やすことでステージを上げることができます。

SMBC日興証券のステージ別抽選は攻略すべき?

SMBC日興証券のステージ別抽選の内容を見てきました。

適用条件などを見て、攻略するべきか考えましたが、結論から言うとあまり意識しすぎずにするのが良いのではないかと考えています。

月末残高の3ヶ月平均なので、月末に残高を移せば良いですが、最高のプラチナステージやゴールドステージを目指すには数千万円単位の残高が必要になります。

一般的な個人投資家には難しいレベルかと思いますし、無理に数千万円の資金を集中させても当選が保証されているわけではありません。

通常の抽選の方が割当株数も多いですし、素直に通常の抽選のみ参加するというスタンスでも問題ないでしょう。

あくまで優良投資家の優遇制度ですので、証券会社にとっての優良顧客=お金を使ってくれる顧客ということになりますので、なかなかに厳しいですね。

自由資金が余っている人は月末にSMBC日興証券に資金を移すのは良いですが、無理にお金を作ったりしてまでステージを攻略する必要はないでしょう。

ただ、ステージ別抽選にどれくらいの人が適用となるかはわかりません。

適用される投資家が少ないと、ある程度資金がある人なら、プラチナステージを獲得しすることで当選確率がぐんと高まる可能性があります。

自分の資金状況を考慮して、攻略するかどうかを検討されると良いと思います。

SMBC日興証券はIPO関与率も高く、ステージ別抽選もあわせるとネット抽選に15%が回っていて、一般的な大手証券よりも当選確率は高くなっています。

IPO当選を目指すなら必須の証券会社ですし、IPOは多くの証券口座を持っているだけ当選確率が上がっていきますので、まだ口座を持っていない人はSMBC日興証券の口座を持っておくと良いでしょう。

SMBC日興証券の詳細を見てみる

当サイトおすすめネット証券

SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。

手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

当サイトでもイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。

SBI証券の公式サイトはこちら SBI証券の詳細

カブドットコム証券は投資成績重視の証券会社。自動売買を駆使したきめ細かいリスク管理が可能になるので、結果的に最終的な投資成績を向上させます。

手数料は現物で最低90円からと安くなり、高機能ツールも提供しています。

人気の優待タダ取りに必須の短期一般信用銘柄が豊富で、優待投資派の人にもおすすめの証券会社です。

カブドットコム証券の公式サイトはこちら カブドットコム証券の詳細

マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。

マネックス証券の公式サイトはこちら マネックス証券の詳細

楽天証券

楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。

楽天証券の公式サイトはこちら 楽天証券の詳細

IPO投資におすすめの証券会社

IPOは当選すれば高確率で値上がりが期待できる、超低リスクハイリターンの人気投資法です。

人気ゆえに激しい競争率がネックで、当選は難しいと考えている人もいますが、コツをつかめば当選確率は驚くほど上がります。

当サイトではIPOの当選確率を上げる方法おすすめの証券会社を紹介していますので、IPO投資に興味がある人はぜひ参考にしてください。

IPO投資におすすめ証券会社ランキング


注目の新サービス

WealthNavi(ウェルスナビ)

最近話題の「ロボアドバイザー」は、AIが投資判断をして運用をしてくれるサービスです。

中でもウェルスナビが人気で、ロボアドバイザーで預かり資産とユーザー数No1になっています。

ETFで国際分散投資を実施し、再投資リバランスを自動で行うだけでなく、税金も最適化して運用してくれます。

預かり資産にかかる手数料は0.5%から1%となっていて、「長期割」という運用継続期間に応じた割引もあります。

手間を省いて資産運用をしたい人におすすめのサービスで、まずは少額からでも運用結果を見てみましょう。

ウェルスナビで運用プラン診断してみる(無料)



サブコンテンツ

このページの先頭へ