IPO投資トップ

IPO1

新たに上場する銘柄はその成長性から値上がりすることが多く、多くの投資家がIPO銘柄に注目しています。IPOの株は各証券会社に配分されており、市場で売買する前に公募価格と呼ばれる価格で投資家に配分されます。

証券会社はIPO銘柄を抽選や優良顧客向けに配分しており、抽選で配分している証券会社には多くの投資家の申し込みが入り、超人気化します。

そのため当選確率は低いですが、当選すると高い確率で利益が出るためIPOの抽選だけ参加している投資家もいるほど人気です。

当サイトではIPO投資の基本や勝ち方、各ネット証券の抽選のしくみ、IPO銘柄の情報などを掲載しています。これからIPO投資をする人もすでにIPO投資をしている人にも有益になる情報を掲載していますのでぜひ参考にしていただければと思います。

IPO投資の基本や勝ち方


各証券会社のIPO抽選のしくみ


2018年のIPO銘柄


過去のIPO銘柄



IPOは当選確率は低いですが、当たれば損失が出る可能性は低く大きな利益が出ることもあります。

何より証券会社にIPOの申込をするだけなら無料ですので、いつか当たることを目指して申込はしていかないと損です。

IPOの当選確率を上げるには、各証券会社の抽選のしくみを理解した上で、なるべくたくさんの証券会社から申し込みをすることで、最低限毎回申し込みには参加をすることです。

参加していればいつか当選することになりますし、証券会社の中には落選者向けにポイントがたまる会社もあります。ポイントは次のブックビルディングの申込時に使用することができ、使ったポイントが多い順に割当がされますので、理論上はポイントをためさえすればいつか必ず当選することができます。

また、IPOは値上がりする確率が高いとはいえ、確実に値上がりするものではなく、注目されていない地味で業績のあまりよくない銘柄だと公募価格から値下がりすることもあります。

上場時の相場の状況にも影響を受けますので、リスクがまったくないものではありません。

そのため、時にはIPOに参加せずに購入を見送るという判断が必要になることもあります。IPOとはいえ、基本は株式投資と同じなので上場する銘柄の業績や公募価格のチェックは欠かせません。

当サイトでは各上場銘柄の情報も掲載していますので、ぜひそちらもチェックしていただければと思います。


当サイトおすすめネット証券

SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。

手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

当サイトでもイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。

SBI証券の公式サイトはこちら SBI証券の詳細

カブドットコム証券は投資成績重視の証券会社。自動売買を駆使したきめ細かいリスク管理が可能になるので、結果的に最終的な投資成績を向上させます。

手数料は現物で最低90円からと安くなり、高機能ツールも提供しています。

人気の優待タダ取りに必須の短期一般信用銘柄が豊富で、優待投資派の人にもおすすめの証券会社です。

カブドットコム証券の公式サイトはこちら カブドットコム証券の詳細

マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。

マネックス証券の公式サイトはこちら マネックス証券の詳細

楽天証券

楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。

楽天証券の公式サイトはこちら 楽天証券の詳細

サブコンテンツ

このページの先頭へ