立会外分売を活用した投資戦略とは?

立会外分売を活用した投資戦略について考えていきたいと思います。

立会外分売とは何かという詳細は以前の記事に任せたいと思いますが、投資家から見た立会外分売のメリットは取引手数料が無料で直近の終値から数%のディスカウントされた状態で取引ができるという点です。

この辺りを活用して取引をしていきます。


まずは応募する

投資戦略ではありませんが、まずは立会外分売に応募しましょう。

実は立会外分売には上限の株数が決まっているため、上限を上回る応募があった場合は抽選となります。

数%のディスカウントがあるため、損失が発生するリスクも軽減されているため悩むよりは積極的に応募していった方が得策です。

IPOと同じですが、申し込みをしないことには権利を得ることはできませんので、まずは応募してみるのがよいと思います。


短期戦略はすぐに売ること

立会外分売を活用した取引で最もシンプルなのは株を取得したらすぐ売ることです。

数%のディスカウントがあるので、株価が50万円の株で5%のディスカウントがあれば、理論上2,500円分は利益が出ます。小遣い程度の金額ではありますがその分リスクも小さいのでコツコツと小さな利益を積み上げる投資法です。

小さな利益を積み上げるにも重要なのは回数をこなすことですので、この場合はさらに先ほど述べたとにかく申し込むということも大事になってきます。

なお、1点注意点として立会外分売で取得した株式でも売却時は通常の現物取引の手数料がかかりますので理解しておきましょう。


中長期で鞍替えを期待して保有する

中長期的な戦略としては立会外分売で株式を取得してもすぐには売らず、ある程度保有した上で値上がり益を狙うことです。

以前の記事でも記載していますが、企業側の立会外分売の目的は株主づくりであったり、流動性を高めたいという場合が多いです。

株主を増やしたり、流動性を高めてその先に目指しているものは何かというと、多くの場合は「鞍替え」という新興市場などから東証1部や2部などへ取引市場を変更することにあります。

信頼性の向上など上場メリットを高めるための動きなので新興市場に上場した企業が鞍替えを目指すのは当然と言えば当然です。

実は鞍替えが発表されると市場はポジティブにとらえることが多く、株価が上がることが多いです。

中長期で投資する際はこのというのは、鞍替えの発表を待つというものです。

仮に鞍替えがなされなかったとしても、鞍替えを考えるような企業は業績が伸びている企業である場合が多く、株価も堅調になる可能性があります。

短期売買の戦略と比べると不確定要素が強く、少しリスクが高まりますが立会外分売を鞍替えや業績堅調のサインととらえて投資して値上がりを待つというのも立派な戦略です。

立会外分売というと、難しそうな言葉で敬遠している人もいるかもしれませんが、メリットの多い取引であるので、ぜひぜひ活用して利益を狙ってみてください。



当サイトのおすすめネット証券

SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。
手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

当サイトでももちろんイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。
koushiki2

マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。
koushiki2

カブドットコム証券は投資成績重視の証券会社。自動売買を駆使したきめ細かいリスク管理が可能になるので、結果的に最終的な投資成績を向上させます。

手数料は現物で最低90円からと安くなり、高機能ツールも提供しています。

人気の優待タダ取りに必須の短期一般信用銘柄が豊富で、優待投資派の人にもおすすめの証券会社です。
koushiki2

楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。
koushiki2



注目の新サービス

WealthNavi(ウェルスナビ)

最近話題の「ロボアドバイザー」は、AIが投資判断をして運用をしてくれるサービスです。

中でもウェルスナビが人気で、ロボアドバイザーで預かり資産とユーザー数No1になっています。

ETFで国際分散投資を実施し、再投資リバランスを自動で行うだけでなく、税金も最適化して運用してくれます。

預かり資産にかかる手数料は0.5%から1%となっていて、「長期割」という運用継続期間に応じた割引もあります。

手間を省いて資産運用をしたい人におすすめのサービスで、まずは少額からでも運用結果を見てみましょう。

ウェルスナビで運用プラン診断してみる(無料)



サブコンテンツ

このページの先頭へ