IPOの当選確率を劇的に高める2つの方法

なかなか当たらないIPOですが、IPOの当選率を高める方法は実はいくつか存在します。

今回紹介する方法は2種類ありますが、それぞれ当選確率を最大3~4倍にすることができますので、2つを併用すれば4×4=16倍の当選確率になる可能性もあります。

とにかく当選率が低いIPOですので、それだけ確率が上がっても確実に当選するとはいえませんが、IPOはそれだけ魅力的な投資対象ですのでぜひ参考にしてください。

それではみていきましょう。


当選確率を高める方法その1

一つ目のIPOの当選確率を高める方法、それは複数の証券会社の口座を開いて申し込みをすることです。

案外知らない方が多いですが、IPOの株数は証券会社ごとに割り振られています。

そのためSBI証券カブドットコム証券がIPOを募集していたとすると、両方に申し込んだ方がよいのです。

今まで1社にしか申込をしていなかった方が3社、4社申し込みをすれば単純に当選確率も3倍、4倍になります。

口座開設は無料なので、とりあえずIPOを取り扱っている証券会社の口座を開いておいて募集の時を待ちましょう。

ネット証券の中にはIPOを取り扱っている会社とそうでない会社がありますのでこちらで確認しましょう。
IPOを取り扱っている証券会社

また対面の証券会社でもIPOの枠がありますので、近くに店舗がある方などはそちらも口座開設しておくと当選確率はそれだけあがります。(その後営業が来ることもありますのでその点は自己責任で判断しましょう。)


当選確率を高める方法その2

当選確率を高めるもう一つの方法は家族と協力することです。

複数の証券会社の口座を開いても一人が申し込める件数には限りがあります。

複数の人間が申し込みをすることで当選確率は2倍、3倍になります。

ということで家族にも申し込んでもらいましょう。

なお、誤解をしてはいけないのは家族の名義を借りて自分で取引することは仮名取引という禁止行為です。そのためこの方法を実施するときはご家族の方に理解してもらった上で口座開設後、IPOへの申し込みをしてもらいましょう。

家計という意味では同じ財布という方も多いと思いますので、家族の誰かがIPOにあたって利益が出れば家計全体が潤いますのでぜひ協力してもらいましょう。


まとめ

IPOの当選確率を高める方法を見てきました。

結局IPOが当選する確率は、「申込証券会社数×申込IPO社数×申込人数」で決まりますので、今回紹介した2つの方法と合わせてやはり地道に毎回申し込みをすることで当選に近づくことになります。

ぜひぜひチャレンジを続けてIPOをゲットしましょう!



当サイトのおすすめネット証券

SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。
手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

当サイトでももちろんイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。
koushiki2

マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。
koushiki2

楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。
koushiki2


注目の新サービス

J.Score(スコアレンディング)

AIがスコアを自動診断してくれて、適切な金利目処値や限度額予定をすぐに教えてくれる新しい個人向けの融資サービス。

即日審査即日融資も可能なので、急ぎの人でも安心です。

AIスコア診断をしてみる(無料)




当サイトのおすすめFX会社

DMM FXは、全20通貨ペアで業界最狭のスプレッドが魅力のFX会社で、取引コスト重視派の人には間違いなくおすすめです。
高水準のスワップポイント、使いやすいツール、充実したサポートも魅力で、サービスの総合力が高く、FXを始めるならまずDMM FXです。
限定で口座開設と取引で4,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーン実施中です。 koushiki2

サブコンテンツ

このページの先頭へ